1. TOP
  2. 性病
  3. ウレアプラズマ・マイコプラズマ
  4. 性病のマイコプラズマは淋病やクラミジアの症状に似てる?検査キットで不安を解消!

性病のマイコプラズマは淋病やクラミジアの症状に似てる?検査キットで不安を解消!

 マイコプラズマとは

マイコプラズマとは、これまでクラミジアでも淋病でもない(非クラミジア性非淋菌性尿道炎または咽頭炎と診断されていたもののうち、原因が判明した菌のひとつです。この菌は性行為が原因となって咽頭(のど)や尿道に感染します。

マイコプラズマと呼ばれる菌には多くの種類が存在します。そのうち性感染症の原因となる菌は、マイコプラズマ・ホミニスマイコプラズマ・ジェニタリウムです。みなさんがよく耳にするマイコプラズマ肺炎の原因菌はマイコプラズマ・ニューモニエといって異なる菌です。

性的接触で感染するこのマイコプラズマ・ホミニスマイコプラズマ・ジェニタリウムは、一回の性的接触で30~50%感染すると考えられています。

現在これらの感染症は健康保険適用外のため、ほとんどの保険診療の病院では検査をおこなっていません。

 

ウレアプラズマとは

ウレアプラズマとは、これまでクラミジアでも淋病でもない(非クラミジア性非淋菌性尿道炎または咽頭炎と診断されていたもののうち、原因が判明した菌のひとつです。この菌は性行為が原因となって咽頭(のど)や尿道に感染します。

ウレアプラズマと呼ばれる菌には多くの種類が存在します。そのうち性感染症の原因となる菌は、ウレアプラズマ・パルバムウレアプラズマ・ウレアリチカムです。

性的接触で感染するこのウレアプラズマ・パルバムウレアプラズマ・ウレアリチカムは、一回の性的接触で30~50%感染すると考えられています。

現在これらの感染症は健康保険適用外のため、ほとんどの保険診療の病院では検査をおこなっていません。

 

マイコプラズマとウレアプラズマの違い

マイコプラズマウレアプラズマはどちらもクラミジアに類似した菌で、症状感染経路感染率などが非常に近いといわれています。ただし、ひとつ大きな違いがあります。それはマイコプラズマが色々な菌の中でも非常にめずらしい構造を持っているということです。

一般的に、菌は自分自身を守る機能として細胞の壁を持っていますが、マイコプラズマにはこの細胞壁が存在しません。そのため、この細胞壁を直接攻撃するような抗生剤では治療をおこなうことができません。したがって、遺伝子の複製を阻止するような抗生剤や、菌の栄養源であるタンパク質を作る機能を邪魔するような抗生剤を使用して治療をおこないます。

たとえ症状感染経路など類似していることが多くても、菌の特殊性などを考えなければ適切な治療とはいえません。あおぞらクリニックでは、最新の研究データ日本性感染症学会のガイドラインをもとに、常に患者さまにとって最善の治療をおこなっています。

 

マイコプラズマの検査方法

咽頭(のど)の検査では、生理食塩水(塩水です)で15秒程うがいをしていただきます。そのうがい液をお預かりして検査機関で詳しく調べます。

また、尿道の検査では尿を、膣の検査では膣を綿棒で拭ったものをお預かりして検査します。

検査はいずれも菌の遺伝子の情報を分析するPCR法でおこなうため、とても精度が高いのが特徴です。

感染機会から3日以上経過していれば検査可能ですが、痛み違和感などの自覚症状がある場合には早めの検査をおすすめします。

 

マイコプラズマの検査費用

マイコプラズマに感染しているかどうかを知るには、下記の2つの方法があります。

【自由診療の病院で検査する】

マイコプラズマは健康保険適用外のため、保険診療では検査を受けることができません。検査を希望する場合は、自由診療をおこなっている病院の性感染症内科泌尿器科婦人科などを受診してください。検査をおこなっているか、事前に電話などで確認してからの方がよいでしょう。

病院により、性器の検査だけであったり、マイコプラズマウレアプラズマ両方セットの検査であったり、かかる費用はそれぞれ異なります。目安としては7、000円~17,000円程度かかるようです。

【郵送の検査キットで調べる】

病院に足を運ぶことが難しい場合、郵送の検査キットが便利です。

検査費用は性器マイコプラズマウレアプラズマのセットで12,000~14,000円程度です。郵送検査の取扱者のうち、現在のところあおぞら研究所だけがマイコプラズマを単体で検査可能です。(1項目7,000円税別)

あおぞら研究所のマイコプラズマ検査は、病院でおこなう方法と全く同じなので、とても精度の高いものです。キットの使い方も簡単なので、はじめての方も安心してご注文ください。

 

 

マイコプラズマの症状

通常、クラミジア淋病に比べて症状は緩やかとされます。症状がある場合は、1週間から5週間後に現れます。

男性は軽い陰部のかゆみや排尿時の痛み、少量の分泌物が出ることもあります。放置すると症状が悪化し、精巣上体炎前立腺炎不妊など別の病気の原因になることがあります。

女性はほとんどの場合無症状のため、感染に気付かないことが多いです。症状がある場合は、おりものの量が少し増える外陰部の軽いかゆみ排尿時の軽い痛みなどです。放置すると症状が悪化し、卵管炎腹膜炎子宮外妊娠不妊症の原因になることがあります。

男女ともに症状の有無に関係なく、性感染症について不安を感じることがあれば、積極的に検査を受けることをおすすめします。

 

クラミジアに似た症状

マイコプラズマの症状は、クラミジアに感染したときに似ているといわれています。

マイコプラズマに比べ、淋病は痛みなどの症状が激しいことが特徴ですが、症状が強いので淋病を疑ったけれども、検査結果では淋病に感染しておらず、マイコプラズマに感染していたというケースもあります。

咽頭(のど)や尿道・膣に感染する病気としてクラミジア淋病マイコプラズマウレアプラズマの4つがありますが、症状の有無や強弱だけで原因菌を特定することは困難です。性感染症を心配する時は、ひとつの項目だけでなく感染率の高い4つの菌についてまとめて検査することが治療への近道となるでしょう。

 

マイコプラズマ肺炎との違い

マイコプラズマ肺炎性感染症のマイコプラズマでは感染する菌の種類が違います。マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマ・ニューモニエという菌に感染している人が咳やくしゃみをすることにより、空気中に飛沫した菌をから吸入することで飛沫感染します。

また、菌に触れた手で食事したり口腔粘膜や鼻粘膜に手が触れたりすることで接触感染します。

性感染症のマイコプラズマ・ホミニスマイコプラズマ・ジェニタリウムは、感染者の感染部位(のど尿道)の体液粘膜上に存在します。直接のどの粘膜尿道の粘膜に付着することで接触感染し、飛沫感染はしません。

 

マイコプラズマの原因

マイコプラズマ・ホミニスマイコプラズマ・ジェニタリウムという菌が、性行為などで粘膜に付着することにより感染します。性行為の内容にもよりますが、感染部位は咽頭(のど)や尿道です。マイコプラズマの症状は、クラミジア淋病など他の菌に感染した時と比べて症状が弱いとされています。

また近年、日本性感染症学会でも特に注目されているのがマイコプラズマ・ジェニタリウムの耐性菌です。複数の抗生剤を使用しても治らないというケースがあるので注意が必要です。

 

マイコプラズマの治療方法

マイコプラズマは他の一般的な菌と違って細胞壁というものがありません。そのため、淋病などの治療で用いるような菌の壁を破壊する抗生剤では治療せず、替わりに菌の遺伝子の複製を阻止するような抗生剤や、菌の栄養源であるタンパク質を作る機能を邪魔するような抗生剤を使用して治療をおこないます。

治療期間は基本的に抗生剤を1日2回、1週間の内服です。治療ではマイコプラズマの菌を死滅させますが、炎症は自己修復能力で治すため、しばらく症状が続くことがあるので注意が必要です。

治癒したかどうかの判断は、症状の有無だけでなく、感染した場所から菌の遺伝子(DNA)が完全に消えているかどうかを確認しておこないます。再検査のタイミングは医師の判断によりますが、通常1ヶ月後のことが多いです。

 

マイコプラズマの感染経路

マイコプラズマは、感染者の体液粘膜が非感染者の粘膜に接触感染します。キスオーラルセックスであれば咽頭(のど)に感染し、コンドームなしの性行為をおこなえば尿道に感染します。

感染した人の身体から菌が離れると、菌の感染能力は著しく低下します。食器衣類は洗うことで菌が死滅するので、コップの回し飲み食事のシェアバスタオルの共有では基本的に感染しないといわれています。

 

マイコプラズマの潜伏期間

マイコプラズマは通常1週間から5週間の潜伏期間を経て症状が現れるといわれています。ただし、症状のタイミングには個人差があるので、場合によっては感染機会の翌日には咽頭(のど)や尿道に違和感を覚えることもあります。

尿道に感染した場合では50%以上に症状が無く、咽頭(のど)に感染した場合では90%に症状が無かったともいわれています。症状がないことの恐ろしさは、自分自身で感染していることに気づかないことです。

潜伏期間中や無症状で経過している時でも感染能力はあります。大切なパートナーを性感染症から守るために、定期的に検査をして性感染症の可能性を否定することが非常に重要です!

 

マイコプラズマ単体や、ウレアプラズマ単体での郵送検診は、ここだけでしかできない

マイコプラズマは、これまで非クラミジア性非淋菌性尿道炎または咽頭炎といわれ、感染の原因が明らかにされていなかったものです。

その原因菌がマイコプラズマウレアプラズマであるということがわかったのは近年のことです!そのため、残念ながら検査治療について健康保険が適用されないため、国内において感染が拡大している状態にあります。

また、クラミジア淋病に比べてマイコプラズマウレアプラズマは耐性菌に変化したものが多いと予想されています。実際に治療をおこなっても治癒しないことがあり、検査治療を何度も繰り返しているケースも見受けられます。

あおぞら研究所では、マイコプラズマ単体・ウレアプラズマ単体の検査をもちろん、咽頭(のど)・尿道検査を全ておこなえる検査セットをご用意しています。不安な時は検査を受けて性感染症の心配を払拭しましょう!

 

マイコプラズマ、ウレアプラズマの豊富なセット検査キットはここだけ

近年、性感染症の原因菌であるマイコプラズマウレアプラズマの検査が国内でもおこなえるようになりました。ただし、これらの感染症は健康保険の適用外なので、一部の自由診療クリニック郵送検診で検査することになります。

マイコプラズマウレアプラズマはクラミジアに類似の菌であることから、感染を放置していると、男性は尿道炎前立腺炎精巣上体炎、女性は膣炎卵管炎骨盤内腹膜炎の原因となります。男女共に不妊の原因になったり、HIVなどの重篤な感染症に感染しやすくなったりすることがあります。

あおぞらクリニック・あおぞら研究所では、皆様に安心して検査を受けていただけるように豊富な種類の検査をおこなっています。もしも性感染症の不安があれば、あおぞらクリニック・あおぞら研究所で病気の心配を吹き飛ばしましょう!

 

保険診療は症状が現れないと治療ができない

保険診療の病院と自由診療の病院の違いについて説明したいと思います。

原則として保険診療の病院では、自覚症状がないと検査治療をおこなうことができません。患者さまの希望により検査をおこなうことができても、保険証が使えないので費用は全額自己負担となります。

性感染症の中には無症状で経過することがあるため、検査治療を受けたいと思う気持ちがあっても、不安なだけでは検査を受けることもできないのが現状です。

しかしながら、あおぞらクリニックは自由診療なので、症状が無くても希望により自由に検査治療を受けていただけます!あおぞらクリニックには豊富な経験を持つ医師スタッフがいるので、性感染症の不安を取り除くことができます。どうぞ安心してご来院ください。

 

不安な時は、マイコプラズマの検査をしましょう

 

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消しましょう。

 

遠方の方でも検査キットで簡単に検査ができます。

 

\ SNSでシェアしよう! /

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅毒5倍に急増!初期症状や検査・治療方法、感染経路を詳しく解説

  • HIV(エイズ)の初期症状|発熱・咳・発疹・微熱、その時期と期間は……。

  • 潜伏期間はどれくらい?実は、発症しても症状がでないクラミジアは危険。だから、妊婦健診でも検査が必須に!

  • 性器ヘルペスって何?症状や痛み、感染経路は?

関連記事

  • 何も症状はないが、風俗に行ったので性病になっていないか不安。と来院された患者様

  • 性病のウレアプラズマは淋病やクラミジアの症状に似てる?検査キットで不安を解消!