1. TOP
  2. 性病
  3. HIV・エイズ
  4. 【Dr.監修】HIVの検査はいつからどこで? 病院・保健所・検査キットの一長一短

【Dr.監修】HIVの検査はいつからどこで? 病院・保健所・検査キットの一長一短

HIVかもしれない症状ってなに?

 

HIVは風邪のように人ごみが多い中から感染するウイルスではありません。

 

インフルエンザのような強い感染力はありませんが、だからといって安心をしてはいけません。

 

HIV感染者と性的な接触をすると感染する可能性がとても高い為、自分にはまったく関係ないという病気ではないのです。

 

HIVのウイルスに感染すると、初期症状として熱がでたり喉の痛み、関節の痛みなど、風邪と間違ってしまうような症状がでます。

 

HIV エイズ

 

しかしHIVに感染した人のなかには、まったくこのような症状を感じない場合もありますので、HIVウイルスに感染したかどうかは自分で判断はできません。

 

その為HIV感染する可能性がある行為をした場合や、気になる症状があるときはすぐに検査をしましょう。

HIVの検査はどこでできるの?

 

HIVの検査を受けることでHIVにかかっているかどうかがわかります。

 

感染すると体のなかにHIVが増えるため抗体も増えてきます。

 

血液をとってその抗体を調べる方法が一般的です。検査は全国の保健所や、住んでいる地域によっては検査特別の施設があり、無料で検査する事ができます。

スタッフ
自分の名前を隠して検査ができるので人に知られることもありません!

 

保健所以外では医療機関で検査をすることは出来ますが、有料になりますのでまず問い合わせてから検査に行ってみましょう。医療機関での検査費用は約1万円前後のところが多いようですね。

 

HIVのウイルスに感染したと不安になった場合は、抗体が増えるまでに3ヶ月ほどかかりますので、確実な検査結果が知りたい場合には、感染したと思う日から3ヶ月ほど待ったほうがよいでしょう。

HIV エイズ

「誰にもバレずに」検査&治療する方法

HIV検査はどんな時に受けたらいいの?

 

HIVの検査を受けるのは誰でも可能ですが、感染した心配がある行為をした人は念のために検査したほうが安心です。

 

HIVに感染する可能性があるのは、避妊具を使わないで性的行為をしたり、同性間の性的接触をした場合などがあります。

 

エイズ

 

もしくは不特定多数の人と性行為をすることもHIVウイルスに感染する可能性がとても高いために検査をしたほうがよいでしょう。

 

保健所で行う検査は結果が1週間後に分かる通常検査のほかに、その場で陰性か陽性がわかるスクリーニング検査があります。

 

それぞれの機関でHIV検査方法が違いますので、まずは問い合わせてみましょう。保健所では特定の日だけHIV検査をしているところや土日だけ行っている場所などそれぞれ違います。

 

HIV検査を自分でする方法について

 

欧米ではドラッグストアでHIVの検査キットが販売されて、自分で検査ができるようになっています。

 

日本でも同様に最近では自分でHIV検査ができるキットをネットなどで購入できるようになりました。

 

しかし日本ではまだこれらの検査薬は法律で認めれていない為に、自分の責任で検査をしないといけません。

スタッフ
確実に結果を知りたいのであれば保健所などの専門機関で検査を受けることをおすすめします。

 

保健所ならばお金もかかりませんし、家族に知られる心配もありません。

 

不安なまま毎日過ごしているとストレスになるだけでなく、もし感染している場合は、その間にも体がどんどん悪くなっています。

 

心配な時はすぐに検査をして、HIVに感染している場合はすぐに治療をはじめないといけません。

「誰にもバレずに」検査&治療する方法

HIVはどうしたらうつるの?

 

 

 

 

 

 

[content_block id=6908 slug=%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc]

\ SNSでシェアしよう! /

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅毒5倍に急増!初期症状や検査・治療方法、感染経路を詳しく解説

  • HIV(エイズ)の初期症状|発熱・咳・発疹・微熱、その時期と期間は……。

  • 潜伏期間はどれくらい?実は、発症しても症状がでないクラミジアは危険。だから、妊婦健診でも検査が必須に!

  • 性器ヘルペスって何?症状や痛み、感染経路は?

関連記事

  • 1分で分る!咽頭淋病の症状と感染率、治療と検査方法

  • 【Dr.監修】HIV感染した場合の治療は?完治する?治療薬や副作用は?

  • 避妊せずに中出し…アフターピルで避妊に成功できる?失敗する確率は?

  • 【Dr.監修】咽頭淋病の治療方法を解説!感染経路や症状原因を突き詰め治療

  • 淋病の症状と原因。感染経路・確率から治療方法までを解説!

  • 【Dr.監修】1分で分る!喉頭クラミジアの感染経路と症状。病院での検査と治療方法