1. TOP
  2. 性病
  3. 【医師に聞く】C型肝炎はウイルスでうつる?検査方法から治療・完治までを詳しく解説

【医師に聞く】C型肝炎はウイルスでうつる?検査方法から治療・完治までを詳しく解説

Pocket

 

C型肝炎とは

 

C型肝炎は、C型肝炎ウイルス(HCV)に感染することにより起こる肝臓の病気です。HCVに感染すると約70%の人が、生涯にわたり感染が継続する持続感染者となります。放っておくと慢性肝炎肝硬変肝がんと進行する場合があるので注意が必要です。

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれますが、それは臓器の持つ予備能力が高いために、自覚症状がないまま病気が進むことがあるからです。症状がない場合も定期的に検査をして、必要なら治療を含めて対処を検討しなければなりません。

現在、世界全体で1億7000万人、日本では約100万人程度のHCV感染者がいると考えられています。その中には、感染に気づかない人や通院していない人が多く含まれています。

慢性肝炎肝硬変肝がん患者の60%がHCV感染者であり、年間3万人の方が肝がんにより亡くなっています。できるだけ多くの方に、C型肝炎についての正しい情報を知っていただきたいと思います。

 

C型肝炎になったらどうなる

HCVは、血液を介して感染し、2~14週間の潜伏期間を経て急性肝炎を起こすことがあります。ただし、急性肝炎を起こすことは比較的まれで、多くは感染しても自覚症状がない不顕性感染です。

また、60~80%の人では、ウイルスが自然に排除されることなく慢性化し、慢性肝炎になると言われています。C型肝炎は、慢性肝炎の段階ではほとんどの場合、自覚症状がありません。

慢性肝炎の患者さんのうち30~40%の方が、約20年の経過で肝硬変に進行します。さらに肝硬変の患者さんでは、年率約7%の頻度で肝がんが合併すると言われています。また、肝硬変は食道静脈瘤を合併することも多く、破裂すると命にかかわることもあります。

肝硬変肝がんが末期状態に進行しますと肝不全状態となり、黄疸腹水貯留意識障害が進行していきます。

 

C型肝炎の検査方法

HCVに感染しているかどうかは、感染した場合にできる血液中の抗体を調べることで行います。これを抗体検査といいます。あおぞらクリニックでは、感染機会から3ヶ月経過していれば即日検査が可能です。また、感染機会から24日経過していれば、血液中にHCV遺伝子があるかどうかを調べるHCV核酸増幅検査(HCV-RNA定量検査)も可能です。

 

あおぞらクリニックでの検査費用

C型肝炎ウイルス即日検査費用⇛8,000円(税別)

C型肝炎ウイルス精密検査費用⇛10,000円(税別)

 

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消。

 

C型肝炎の症状

 

C型肝炎の主な症状は、だるい疲れやすい食欲不振嘔吐などです。比較的症状が軽いため、自分では気がつきにくく、健康診断などで発見されることが多くあります。

HCVは、血液を介して感染し、2~14週間の潜伏期間を経て急性肝炎を起こすことがあります。ただし、急性肝炎を起こすことは比較的まれで、多くは感染しても自覚症状がない不顕性感染です。

また、60~80%の人では、ウイルスが自然に排除されることなく慢性化し、慢性肝炎になると言われています。C型肝炎は、慢性肝炎の段階ではほとんどの場合、自覚症状がありません。

慢性肝炎の患者さんのうち30~40%の方が、約20年の経過で肝硬変に進行します。さらに肝硬変の患者さんでは、年率約7%の頻度で肝がんが合併すると言われています。また、肝硬変は食道静脈瘤を合併することも多く、破裂すると命にかかわることもあります。

肝硬変肝がんが末期状態に進行しますと肝不全状態となり、黄疸腹水貯留意識障害が進行していきます。

 

C型肝炎に似た症状

 

C型肝炎の原因

 

C型肝炎は、C型肝炎ウイルス(HCV)に感染することにより起こる肝臓の病気です。HCVに感染すると約70%の人が、生涯にわたり感染が継続する持続感染者となります。放っておくと慢性肝炎肝硬変肝がんと進行する場合があるので注意が必要です。

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれますが、それは臓器の持つ予備能力が高いために、自覚症状がないまま病気が進むことがあるからです。症状がない場合も定期的に検査をして、必要なら治療を含めて対処を検討しなければなりません。

 

C型肝炎の治療方法

C型慢性肝炎に対するもっとも根本的な治療は、HCVを体内から排除することです。もしもあおぞらクリニックでの検査で感染が認められた場合には、C型肝炎の治療を行っている専門の医療機関をご紹介しています。(紹介状無料)

1992年以降、日本ではインターフェロンという注射薬を基本にした治療が行われてきました。その後、投与期間の延長やリバビリンという内服薬を併用することで、より高い効果が期待できるようになりました。2003年にはペグインターフェロンという週1回の注射で済む薬剤も開発されています。インターフェロンが基本の治療は、血中ウイルス量が多い患者さんには効きにくく、少ない患者さんには効きやすいという特徴があります。

その後、インターフェロンフリー(インターフェロンを使わない内服薬だけの治療)が登場し、2014年9月に国内でも使えるようになりました。治療が難しい症例でも、95%以上の方でウイルスを体内から無くすことが可能となっています。

しかし、体内からHCVを排除することができても、これまで悪くなってきた肝臓病そのものが完治したわけではありませんので、引き続き経過観察を受けることが重要です。特に肝臓病が進行してしまった方の肝がん合併の危険性は、引き続き残っていると考え、定期的な超音波検査CT・MRI検査などの画像検査を受けることが重要です。また、これらの最新の治療法を受けられるのは、慢性肝炎と初期の肝硬変(代償性肝硬変)の患者に限られており、非代償性肝硬変(肝臓の障害が高度で、低アルブミン血症腹水肝性脳症などの症状を伴う)の患者に対しては、現在のところ投与することができません。

その他に、C型肝炎の進行を助長する血液中の鉄分を減らすための瀉血療法(200ml程度の血液を定期的に抜く治療)があるほか、ウルソデオキシコール酸(内服)やグリチルリチン配合剤(注射)により、肝機能を正常に保ち肝炎の進行を防止する肝庇護療法があります。

 

C型肝炎の予防方法

感染しても典型的な症状が全く出ないため、症状の有無で感染を確定することはできません。また、不衛生な器具を使用しての医療行為入れ墨出血を伴う民間療法などは、決して行わないことが大切です。

性行為については、予防策として避妊具を使用することはもちろん、信頼のおける特定のパートナーとだけ性行為を行うことなどが重要であり、その他に具体的な対応策が無いのが現状です。

 

C型肝炎の感染経路

感染経路は、垂直感染水平感染の2種類に分けることができます。

垂直感染:出生時の母子感染。母親が妊娠中に子宮内産道で子に感染すること。

水平感染:性行為、不衛生な器具を使用しての医療行為入れ墨出血を伴う民間療法などで感染すること。

 

C型肝炎の潜伏期間

HCVは、血液を介して感染し、2~14週間の潜伏期間を経て急性肝炎を起こすことがあります。ただし、急性肝炎を起こすことは比較的まれで、多くは感染しても自覚症状がない不顕性感染です。

また、60~80%の人では、ウイルスが自然に排除されることなく慢性化し、慢性肝炎になると言われています。C型肝炎は、慢性肝炎の段階ではほとんどの場合、自覚症状がありません。

慢性肝炎の患者さんのうち30~40%の方が、約20年の経過で肝硬変に進行します。さらに肝硬変の患者さんでは、年率約7%の頻度で肝がんが合併すると言われています。また、肝硬変は食道静脈瘤を合併することも多く、破裂すると命にかかわることもあります。

 

不安な時は、検査をしましょう

 

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消。

 

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

郵送の性病検査キット|あおぞら研究所の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

郵送の性病検査キット|あおぞら研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【医師に聞く】梅毒5倍に急増!初期症状や検査・治療方法、感染経路を詳しく解説

  • 【医師に聞く】HIV(エイズ)の初期症状【まとめ】発熱・咳・発疹・微熱、その時期と期間は……。

  • 【医師に聞く】潜伏期間はどれくらい?実は、発症しても症状がでないクラミジアは危険。だから、妊婦健診でも検査が必須に!

  • 【医師に聞く】性器ヘルペスって何?症状や痛み、感染経路は?

関連記事

  • 【2018年保存版】性病とは?性感染症の全25種を専門医が徹底解説

  • 【医師に聞く】B型肝炎に感染するとキャリアになる?検査・ワクチンから治療まで解説

  • 【新常識】結婚する前にブライダルチェックが必要な5つのワケと上手な受け方