性病科のドクターが答えます

行列のできる性病相談所行列のできる性病相談所

【医師に聞く】C型肝炎はウイルスでうつる?検査方法から治療・完治までを詳しく解説

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

Pocket

 

C型肝炎とは

C型肝炎は、C型肝炎ウイルス(HCV)に感染することにより起こる肝臓の病気です。HCVに感染すると約70%の人が、生涯にわたり感染が継続する持続感染者となります。放っておくと慢性肝炎肝硬変肝がんと進行する場合があるので注意が必要です。

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれますが、それは臓器の持つ予備能力が高いために、自覚症状がないまま病気が進むことがあるからです。症状がない場合も定期的に検査をして、必要なら治療を含めて対処を検討しなければなりません。

現在、世界全体で1億7000万人、日本では約100万人程度のHCV感染者がいると考えられています。その中には、感染に気づかない人や通院していない人が多く含まれています。

慢性肝炎肝硬変肝がん患者の60%がHCV感染者であり、年間3万人の方が肝がんにより亡くなっています。できるだけ多くの方に、C型肝炎についての正しい情報を知っていただきたいと思います。

 

C型肝炎になったらどうなる

HCVは、血液を介して感染し、2~14週間の潜伏期間を経て急性肝炎を起こすことがあります。ただし、急性肝炎を起こすことは比較的まれで、多くは感染しても自覚症状がない不顕性感染です。

また、60~80%の人では、ウイルスが自然に排除されることなく慢性化し、慢性肝炎になると言われています。C型肝炎は、慢性肝炎の段階ではほとんどの場合、自覚症状がありません。

慢性肝炎の患者さんのうち30~40%の方が、約20年の経過で肝硬変に進行します。さらに肝硬変の患者さんでは、年率約7%の頻度で肝がんが合併すると言われています。また、肝硬変は食道静脈瘤を合併することも多く、破裂すると命にかかわることもあります。

肝硬変肝がんが末期状態に進行しますと肝不全状態となり、黄疸腹水貯留意識障害が進行していきます。

 

C型肝炎の検査方法

HCVに感染しているかどうかは、感染した場合にできる血液中の抗体を調べることで行います。これを抗体検査といいます。あおぞらクリニックでは、感染機会から3ヶ月経過していれば即日検査が可能です。また、感染機会から24日経過していれば、血液中にHCV遺伝子があるかどうかを調べるHCV核酸増幅検査(HCV-RNA定量検査)も可能です。

 

あおぞらクリニックでの検査費用

C型肝炎ウイルス即日検査費用⇛8,000円(税別)

C型肝炎ウイルス精密検査費用⇛10,000円(税別)

 

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消。

 

C型肝炎の症状

 

C型肝炎の主な症状は、だるい疲れやすい食欲不振嘔吐などです。比較的症状が軽いため、自分では気がつきにくく、健康診断などで発見されることが多くあります。

HCVは、血液を介して感染し、2~14週間の潜伏期間を経て急性肝炎を起こすことがあります。ただし、急性肝炎を起こすことは比較的まれで、多くは感染しても自覚症状がない不顕性感染です。

また、60~80%の人では、ウイルスが自然に排除されることなく慢性化し、慢性肝炎になると言われています。C型肝炎は、慢性肝炎の段階ではほとんどの場合、自覚症状がありません。

慢性肝炎の患者さんのうち30~40%の方が、約20年の経過で肝硬変に進行します。さらに肝硬変の患者さんでは、年率約7%の頻度で肝がんが合併すると言われています。また、肝硬変は食道静脈瘤を合併することも多く、破裂すると命にかかわることもあります。

肝硬変肝がんが末期状態に進行しますと肝不全状態となり、黄疸腹水貯留意識障害が進行していきます。

 

C型肝炎に似た症状

 

C型肝炎に感染すると、急性期では倦怠感食欲不振悪心嘔吐のほか、濃いウーロン茶のような褐色尿が出る、目の白い部分(眼球結膜)が黄色くなって、その後皮膚も黄色みを帯びてくる黄疸などの症状が出現します。

また重症化すると肝性脳症脳浮腫感染症消化管出血腎障害等の重い合併症を引き起こすことが多く、多臓器不全の病態を示します。それらの症状を呈する別の病気として以下の疾患があります。

倦怠感

急性疾患では風邪インフルエンザなどが代表的です。顔にむくみがある場合などは腎臓心臓疾患が、顔色が悪くてめまいをともなう場合は貧血更年期障害低血圧症などが疑われます。

他にも、睡眠時無呼吸症候群(SAS)や、慢性疲労性症候群(CFS)うつ病心身症などの精神疾患、肝硬変肝臓がんなどの肝臓の疾患、糖尿病結核慢性腎盂腎炎、さらには胃がん大腸がんなどが疑われる場合もあります。

 

食欲不振

胃腸胆のう膵臓などの消化器に炎症潰瘍腫瘍などの疾患が起きたときや、 胃下垂胃腸虚弱により機能が低下したときに食欲が低下しやすくなります。

消化器以外では、さまざまな臓器の悪性腫瘍心不全腎障害甲状腺機能低下症脳出血などの脳の疾患、風邪インフルエンザなどの感染症の他に、 神経性食欲低下うつ病などの精神的な疾患など、多くの疾患が食欲不振の原因となります。

 

悪心・嘔吐

急性胃炎・慢性胃炎

ストレス鎮痛剤服用などが原因で出血を伴うこともあり、とても多い病気です。

 

胃がん

ピロリ菌との関連性が指摘されています。摘出手術が必要なことが多いですが、最近は早期に見つかることも多く、早期の発見では内視鏡による手術が可能なことがあります。

 

胃潰瘍(かいよう)・十二指腸潰瘍(かいよう)

みぞおちの辺りに痛みが出るのが一般的。胃潰瘍の場合は食後に、十二指腸潰瘍の場合は空腹時に痛みが出やすいとされています。

 

虫垂炎

いわゆる盲腸です。痛む場所も痛みの程度も人それぞれなので、消化器内科消化器外科の経験が豊富なベテラン医師でも診断に悩むことが多い病気でもあります。

 

腹膜炎

腹膜に起こる炎症のことで、潰瘍で胃に穴が開いた時急性すい炎など様々な原因で起こります。

 

急性膵炎・慢性膵炎

アルコールの飲みすぎ胆石が原因で起こり、七転八倒の痛みが出ることもあります。絶食安静でよくなることもあります。

 

胆石症

症状としては腹痛発熱黄疸(おうだん)があります。根本的治療としては手術となります。

 

胆のう炎

胆石症と合併して起こることが多い症状。発熱を伴い、腹痛が起こります。

 

尿路結石

尿路にできた結石により、七転八倒する痛みとともに、吐き気も出現する病気。強い痛み吐き気が突然襲ってきます。

 

吐き気・嘔吐に胸焼けを伴う病気

胃食道逆流・逆流性食道炎

胃酸を含む胃の内容物が食道に逆流することで、胸焼けなどの症状が出ることがあります。

 

吐き気・嘔吐に下痢を伴う病気

食中毒

下痢を伴うことがありますので、脱水症状を起こさないよう水分補給や、原因となる細菌を死滅させる抗生物質投与が治療になります。

 

吐き気・嘔吐に便秘を伴う病気

腸閉塞

消化物消化液が腸内に溜まってしまう状態で、腹部の手術後の癒着や、大腸がん腸重積(ちょうじゅうせき)などで起こります。

 

吐き気・嘔吐に頭痛を伴う病気

クモ膜下出血

脳動脈瘤(りゅう)の破裂などにより、突然激しい頭痛が起きる病気です。通常は激しい頭痛がありますが、軽い頭痛で吐き気嘔吐が主な症状のこともあります。

 

脳腫瘍

頭痛物が二重に見えるといった症状がありますが、頭蓋骨で囲まれている脳が腫瘍により圧迫されるため、吐き気を催すことがあります。

 

片頭痛

女性に多く、数時間から3日くらい続くズキズキとした頭痛。ひどい頭痛とともに吐き気に悩まされることが多いです。

 

緑内障

眼圧が上昇する病気で、頭痛とともに吐き気嘔吐が起こります。

 

吐き気・嘔吐にめまいを伴う病気

小脳出血

小脳は体のバランスをつかさどる脳なので、ここに出血が起き障害が出ると、めまいとともに吐き気が出ることがあります。

 

脳震盪

脳が激しく揺さぶられることによって起こる脳障害です。頭の中で脳がぐらぐらと揺らされる結果、吐き気嘔吐といった症状が出てきます。完全に回復するまで安静にすることが大切です。

 

髄膜炎

ウイルスや細菌が原因となり、発熱けいれんが起きることもあります。ひどい頭痛とともに吐き気が出てくることが多い病気の代表例です。

 

メニエール病

吐き気を伴うようなひどいめまい難聴耳鳴りといった症状を起こす病気。耳の奥にある平衡感覚聴力をつかさどる内耳(ないじ)という部分に障害が起きる病気です。

 

吐き気・嘔吐に胸痛を伴う病気

心筋梗塞

動脈硬化により心臓を栄養する血管がつまる病気で、胸痛が起こりますが、吐き気などの消化器症状が出ることもしばしばあります。

 

吐き気に疲労感や意識混濁を伴う場合

糖尿病

糖尿病で血液の酸性度が高くなりすぎる「アシドーシス」という症状があり、これによって吐き気が起こることもあります。

 

病気以外が原因の吐き気・嘔吐

薬の副作用

抗生物質鎮痛剤の中には、胃腸に負担をかける薬剤もあり、アレルギーで嘔吐してしまうこともあります。原因となる薬剤をやめることで改善されます。

 

心因性嘔吐

拒食症過食症を含むストレス不安が原因で嘔吐することがあります。

 

妊娠

妊娠時のつわりでも吐き気嘔吐の症状があります。

 

黄疸

溶血性貧血

赤血球は正常でも一定の周期で破壊されて、新しいものが作られていますが、破壊が亢進する溶血性貧血大量輸血の時にはビリルビンが過剰に産生されて黄疸になります。

 

肝細胞性黄疸・肝内胆汁うっ滞型黄疸

肝細胞が急激に破壊されるときにビリルビンが上昇します。代表的な病気は急性肝炎です。急性肝炎は、ウイルスが原因となる以外に薬剤アルコール自己免疫など様々な原因で起こります。

 

閉塞性黄疸

結石腫瘍(がん)が原因となって、胆汁の排泄路である胆道が狭くなってしまい黄疸が起こります。便の色が灰色っぽくなるのが特徴です。

 

体質性黄疸

疲れたり風邪をひいたりするとビリルビンが上昇する体質で、健診などで偶然に指摘されます。一時的なもので、症状に気付かないことも多いです。

 

C型肝炎の原因

 

C型肝炎は、C型肝炎ウイルス(HCV)に感染することにより起こる肝臓の病気です。HCVに感染すると約70%の人が、生涯にわたり感染が継続する持続感染者となります。放っておくと慢性肝炎肝硬変肝がんと進行する場合があるので注意が必要です。

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれますが、それは臓器の持つ予備能力が高いために、自覚症状がないまま病気が進むことがあるからです。症状がない場合も定期的に検査をして、必要なら治療を含めて対処を検討しなければなりません。

 

C型肝炎の治療方法

C型慢性肝炎に対するもっとも根本的な治療は、HCVを体内から排除することです。もしもあおぞらクリニックでの検査で感染が認められた場合には、C型肝炎の治療を行っている専門の医療機関をご紹介しています。(紹介状無料)

1992年以降、日本ではインターフェロンという注射薬を基本にした治療が行われてきました。その後、投与期間の延長やリバビリンという内服薬を併用することで、より高い効果が期待できるようになりました。2003年にはペグインターフェロンという週1回の注射で済む薬剤も開発されています。インターフェロンが基本の治療は、血中ウイルス量が多い患者さんには効きにくく、少ない患者さんには効きやすいという特徴があります。

その後、インターフェロンフリー(インターフェロンを使わない内服薬だけの治療)が登場し、2014年9月に国内でも使えるようになりました。治療が難しい症例でも、95%以上の方でウイルスを体内から無くすことが可能となっています。

しかし、体内からHCVを排除することができても、これまで悪くなってきた肝臓病そのものが完治したわけではありませんので、引き続き経過観察を受けることが重要です。特に肝臓病が進行してしまった方の肝がん合併の危険性は、引き続き残っていると考え、定期的な超音波検査CT・MRI検査などの画像検査を受けることが重要です。また、これらの最新の治療法を受けられるのは、慢性肝炎と初期の肝硬変(代償性肝硬変)の患者に限られており、非代償性肝硬変(肝臓の障害が高度で、低アルブミン血症腹水肝性脳症などの症状を伴う)の患者に対しては、現在のところ投与することができません。

その他に、C型肝炎の進行を助長する血液中の鉄分を減らすための瀉血療法(200ml程度の血液を定期的に抜く治療)があるほか、ウルソデオキシコール酸(内服)やグリチルリチン配合剤(注射)により、肝機能を正常に保ち肝炎の進行を防止する肝庇護療法があります。

 

C型肝炎の予防方法

感染しても典型的な症状が全く出ないため、症状の有無で感染を確定することはできません。また、不衛生な器具を使用しての医療行為入れ墨出血を伴う民間療法などは、決して行わないことが大切です。

性行為については、予防策として避妊具を使用することはもちろん、信頼のおける特定のパートナーとだけ性行為を行うことなどが重要であり、その他に具体的な対応策が無いのが現状です。

 

C型肝炎の感染経路

感染経路は、垂直感染水平感染の2種類に分けることができます。

垂直感染:出生時の母子感染。母親が妊娠中に子宮内産道で子に感染すること。

水平感染:性行為、不衛生な器具を使用しての医療行為入れ墨出血を伴う民間療法などで感染すること。

 

C型肝炎の潜伏期間

HCVは、血液を介して感染し、2~14週間の潜伏期間を経て急性肝炎を起こすことがあります。ただし、急性肝炎を起こすことは比較的まれで、多くは感染しても自覚症状がない不顕性感染です。

また、60~80%の人では、ウイルスが自然に排除されることなく慢性化し、慢性肝炎になると言われています。C型肝炎は、慢性肝炎の段階ではほとんどの場合、自覚症状がありません。

慢性肝炎の患者さんのうち30~40%の方が、約20年の経過で肝硬変に進行します。さらに肝硬変の患者さんでは、年率約7%の頻度で肝がんが合併すると言われています。また、肝硬変は食道静脈瘤を合併することも多く、破裂すると命にかかわることもあります。

 

不安な時は、検査をしましょう

 

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消。

 

Pocket

思い当たる病気はありますか?性病一覧

思い当たる病気はありますか?性病一覧

クラミジア・咽頭クラミジア
クラミジアって?もしかしてクラミジアかも…そんあ疑問やお悩みを解消できるようにクラミジア・咽頭クラミジアについてのお役立ち記事をまとめました。

クラミジアに関する記事へ

HIV・エイズ
HIVとエイズの違いは?もしかして感染しているかも…そんな疑問やお悩みを解消できるようにHIV・エイズについてのお役立ち記事をまとめました。

HIV・エイズに関する記事へ

性器ヘルペス
口にできるものをと違うの?もしかして私も…そんな疑問やお悩みを解消できるように性器ヘルペスについてのお役立ち記事をまとめました。

性器ヘルペスに関する記事へ

淋病・咽頭淋病
どんな症状があるの?そもそもどんな病気?そんな疑問やお悩みを解消できるように淋病・咽頭淋病についてのお役立ち記事をまとめました。

淋病・咽頭淋病に関する記事へ

コンジローマ
どんな病気なの?どうしてなるの?そんな疑問やお悩みを解消できるようにコンジローマについてのお役立ち記事をまとめました。

コンジローマに関する記事へ

ウレアプラズマ・マイコプラズマ
ウレアプラズマって何?風邪と違うの?そんな疑問やお悩みを解消できるようにウレアプラズマについてのお役立ち記事をまとめました。

ウレアプラズマ・マイコプラズマに関する記事へ

トリコモナス
どんな病気?どこから感染するの?そんな疑問やお悩みを解消できるようにトリコモナスについてのお役立ち記事をまとめました。

トリコモナスに関する記事へ

カンジダ
どうしてなるの?もしかして私も?そんな疑問やお悩みを解消できるようにカンジダについてのお役立ち記事をまとめました。

カンジダに関する記事へ

梅毒
どんな症状が出るの?感染したらどうなるの?そんな疑問やお悩みを解消できるように梅毒についてのお役立ち記事をまとめました。

梅毒に関する記事へ

pageListt_seigyoIcon01 pageListt_seigyoIcon02 pageListt_seigyoIcon03 pageListt_seigyoIcon04
pageListt_seigyoIcon05 pageListt_seigyoIcon06 pageListt_seigyoIcon08
pageListt_seigyoIcon09

症状一覧

  • 性器周辺の痛みやかゆみ
  • 性器周辺の腫れ・湿疹
  • 性器周辺の異臭・臭い
  • おりものが臭う・変
  • 風邪でもないのに喉の腫れや痛み・発熱
  • 性器周辺の水ぶくれ・ただれ・ヒリヒリする
  • 全身に斑点や円形のあざ
  • 排尿時に痛みが
  • リンパ節の腫れ
  • 吐き気・倦怠感
  • シコリ・腫れ
  • イボがある
  • のどの痛み・腫れ

症状一覧

  • 性器周辺の痛みやかゆみ
  • 性器周辺の腫れ・湿疹
  • 性器周辺の異臭・臭い
  • おりものが臭う・変
  • 風邪でもないのに喉の腫れや痛み・発熱
  • 性器周辺の水ぶくれ・ただれ・ヒリヒリする
  • 全身に斑点や円形のあざ
  • 排尿時に痛みが
  • リンパ節の腫れ
  • 吐き気・倦怠感
  • シコリ・腫れ
  • イボがある
  • のどの痛み・腫れ
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加