1. TOP
  2. 性病
  3. 【医師に聞く】B型肝炎に感染するとキャリアになる?検査・ワクチンから治療まで解説

【医師に聞く】B型肝炎に感染するとキャリアになる?検査・ワクチンから治療まで解説

Pocket

 

B型肝炎とは

 

B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)が、血液体液を介して感染する肝臓の病気です。HBVは、感染した時期健康状態によって、一時的な感染に終わるもの(一過性感染)と、ほぼ生涯にわたり感染が継続するもの(持続感染)とに大別されます。現在、国内のHBV感染者数は、110万~140万人といわれていますが、そのほとんどが母子感染(垂直感染)によるものです。

以前は輸血による感染もありましたが、1972年にHBs抗原検査が開始されてからは、輸血によるHBV感染者数は減少しており、現在ではその危険性はほとんどありません。

我が国の成人における急性B型肝炎の多くは、性感染によるものと考えられています。しかし、性行為によって感染した急性B型肝炎の実数感染率等については、明らかになっていません。

また、別の病気ではありますが、HIVの感染例をみると、当記事で解説しているHBVとの重複感染になるケースが多く、かつ無症候性キャリア化(症状がなくても他人に感染させうる状態)する傾向にあります。

 

B型肝炎になったらどうなる

急性肝炎慢性肝炎に大別されます。

急性肝炎

感染してから1~6ヶ月の潜伏期間を経て、倦怠感食欲不振悪心嘔吐のほか、濃いウーロン茶のような褐色尿が出る、目の白い部分(眼球結膜)が黄色くなって、その後皮膚も黄色みを帯びてくる黄疸などの症状が出現します。

中には、激しい炎症による肝不全、いわゆる劇症肝炎を起こすこともありますので、このような症状があれば、速やかに医療機関を受診することが必要です。

 

慢性肝炎

出生時乳幼児期にHBV感染をした場合、持続感染に移行します。生後数年~十数年間は肝炎の発症がなく、感染したHBVは排除されずに体内で共存しています。この状態を無症候性キャリア(症状がなくても他人に感染させうる状態)と言います。

思春期を過ぎると自己の免疫力が発達し、異物(病原物質)であると認識できるようになります。白血球(リンパ球)がHBVを体内から排除しようと攻撃を始めますが、この時リンパ球が、HBVに感染した肝細胞も一緒に壊してしまうので、肝炎が起こり始めます。

一般的には、10~30才代の頃に一過性の強い肝炎を起こします。

しかし、それ以降のHBVは増殖性の高いウイルスから、時間と共に比較的おとなしいウイルスに変化し、その後の多くは、そのまま生涯にわたって強い肝炎を発症しません。

(この状態の患者を、非活動性キャリアと言います)

このように一過性の肝炎を起こした後、そのまま一生、肝機能が安定したままの人がおよそ80~90%です。残りの10~20%の人は慢性肝炎へと移行し、その中から肝硬変肝がんになる人も出てきます。

 

B型肝炎の検査方法

 

検査では、抗原(B型肝炎ウイルスそのもの)が血液中にあるかどうかを調べます。抗原が陽性(+)の場合、B型肝炎ウイルスに感染していることを意味します。

検査の種類は即日検査精密検査の2種類があります。

あおぞらクリニックでは、感染機会から35日経過していれば精密検査、2ヶ月経過していれば即日検査で検出が可能です。

 

あおぞらクリニックでの検査費用

B型肝炎ウイルス即日検査費用⇛8,000円(税別)

B型肝炎ウイルス精密検査費用⇛10,000円(税別)

 

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消。

 

B型肝炎の症状

 

急性肝炎慢性肝炎に大別されます。

急性肝炎

感染してから1~6ヶ月の潜伏期間を経て、倦怠感食欲不振悪心嘔吐のほか、濃いウーロン茶のような褐色尿が出る、目の白い部分(眼球結膜)が黄色くなって、その後皮膚も黄色みを帯びてくる黄疸などの症状が出現します。

中には、激しい炎症による肝不全、いわゆる劇症肝炎を起こすこともありますので、このような症状があれば、速やかに医療機関を受診することが必要です。

 

劇症肝炎

急性肝炎の中で約1%の方が劇症肝炎になるといわれています。初期症状は急性肝炎と同じですが、普通の急性肝炎の場合は黄疸が出て1週間もすると自覚症状が和らいでいきます。しかし、劇症肝炎の場合はますますひどくなり肝性脳症という意識障害が出るのが特徴です。

最初の症状が出てから8週間以内に肝性脳症が出て、なおかつプロトロンビン時間(肝機能をみる指標の一つで健康な人を100%とします)が40%以下になると劇症肝炎と診断されます。 また、初期症状から10日以内に肝性脳症がでるものを急性型、それ以降にでるものを亜急性型と分類しています。

劇症肝炎は脳浮腫感染症消化管出血腎障害等の重い合併症を引き起こすことが多く、多臓器不全の病態を示します。そのため治療は、救命を目的とした全身的なものになります。劇症肝炎は、肝臓病の中でも死亡率がきわめて高く、70~80%の人が死亡しています。

 

慢性肝炎

出生時や乳幼児期にHBV感染をした場合、持続感染に移行します。生後数年~十数年間は肝炎の発症がなく、感染したHBVは排除されずに体内で共存しています。この状態を無症候性キャリア(症状がなくても他人に感染させうる状態)と言います。

思春期を過ぎると自己の免疫力が発達し、異物(病原物質)であると認識できるようになります。白血球(リンパ球)がHBVを体内から排除しようと攻撃を始めますが、この時リンパ球が、HBVに感染した肝細胞も一緒に壊してしまうので、肝炎が起こり始めます。

一般的には、10~30才代の頃に一過性の強い肝炎を起こします。

しかし、それ以降のHBVは増殖性の高いウイルスから、時間と共に比較的おとなしいウイルスに変化し、その後の多くは、そのまま生涯にわたって強い肝炎を発症しません。

(この状態の患者を、非活動性キャリアと言います)

このように思春期以降、一過性の肝炎を起こした後、そのまま一生、肝機能が安定したままの人がおよそ80~90%です。残りの10~20%の人は慢性肝炎へと移行し、その中から肝硬変肝がんになる人も出てきます。

 

B型肝炎に似た症状

 

B型肝炎の原因

B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)が、血液体液を介して感染する肝臓の病気です。HBVは、感染した時期健康状態によって、一時的な感染に終わるもの(一過性感染)と、ほぼ生涯にわたり感染が継続するもの(持続感染)とに大別されます。現在、国内のHBV感染者数は、110万~140万人といわれていますが、そのほとんどが母子感染(垂直感染)によるものです。

以前は輸血による感染もありましたが、1972年にHBs抗原検査が開始されてからは、輸血によるHBV感染者数は減少しており、現在ではその危険性はほとんどありません。

我が国の成人における急性B型肝炎の多くは、性感染によるものと考えられています。しかし、性行為によって感染した急性B型肝炎の実数感染率等については、明らかになっていません。

 

B型肝炎の治療方法

慢性肝炎の場合は、ウイルスを体から排除することはほぼ不可能で、治療の目的は「肝硬変への進展発がんをおさえて長生きすること。そして毎日を快適に過ごすこと。」になります。

治療法は大きく分けて、抗ウイルス療法肝庇護療法免疫療法があります。

急性肝炎の場合は、一般に肝庇護療法によりほとんどの方は治癒します。しかし、B型急性肝炎を発症した方では、劇症肝炎になり死亡する危険性もまれにあるため、注意が必要です。

あおぞらクリニックでの検査で感染が認められた場合には、B型肝炎の治療を行っている専門の医療機関をご紹介しています。(紹介状は無料です。)

 

B型肝炎の予防方法

 

HBVにはワクチンが存在します。ワクチンはすでに感染している患者様に対しては効果がないため、検査で陰性であることが確認できている方にお薦めしています。

標準的な接種スケジュールでは、初回1ヶ月後6ヶ月後の計3回行います。3回目の接種の1ヶ月後に、抗体ができているか検査をして確認します。

あおぞらクリニックではワクチン接種が可能です。料金は30,000円(税別)で、3回の予防接種と1回の抗体確認検査を含みます。

 

B型肝炎の感染経路

 

感染経路は、垂直感染水平感染の2種類に分けることができます。

 

垂直感染:出生時の母子感染。感染している母親から妊娠中に子宮内産道で子に感染すること。

水平感染性行為不衛生な器具を使用しての医療行為入れ墨出血を伴う民間療法などで感染すること。

 

現在、国内のHBV感染者数は、110万~140万人といわれていますが、そのほとんどが母子感染(垂直感染)によるものです。

以前は輸血による感染もありましたが、1972年にHBs抗原検査が開始されてからは、輸血によるHBV感染者数は減少しており、現在ではその危険性はほとんどありません。

我が国の成人における急性B型肝炎の多くは、性感染によるものと考えられています。しかし、性行為によって感染した急性B型肝炎の実数感染率等については、明らかになっていません。

 

B型肝炎の潜伏期間

 

急性肝炎

感染してから1~6ヶ月の潜伏期間を経て、倦怠感食欲不振悪心嘔吐のほか、濃いウーロン茶のような褐色尿が出る、目の白い部分(眼球結膜)が黄色くなって、その後皮膚も黄色みを帯びてくる黄疸などの症状が出現します。

中には、激しい炎症による肝不全、いわゆる劇症肝炎を起こすこともありますので、このような症状があれば、速やかに医療機関を受診することが必要です。

 

慢性肝炎

出生時乳幼児期にHBV感染をした場合、持続感染に移行します。

生後数年~十数年間は肝炎の発症がなく、感染したHBVは排除されずに体内で共存しています。この状態を無症候性キャリア(症状がなくても他人に感染させうる状態)と言います。

思春期を過ぎると自己の免疫力が発達し、異物(病原物質)であると認識できるようになります。白血球(リンパ球)がHBVを体内から排除しようと攻撃を始めますが、この時リンパ球が、HBVに感染した肝細胞も一緒に壊してしまうので、肝炎が起こり始めます。

一般的には、10~30才代の頃に一過性の強い肝炎を起こします。

しかし、それ以降のHBVは増殖性の高いウイルスから、時間と共に比較的おとなしいウイルスに変化し、その後の多くは、そのまま生涯にわたって強い肝炎を発症しません。

(この状態の患者を、非活動性キャリアと言います)

このように思春期以降、一過性の肝炎を起こした後、そのまま一生、肝機能が安定したままの人がおよそ80~90%です。残りの10~20%の人は慢性肝炎へと移行し、その中から肝硬変肝がんになる人も出てきます。

 

不安な時は、検査をしましょう

 

自宅で簡単に匿名で検査ができます。

 

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消。

 

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

郵送の性病検査キット|あおぞら研究所の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

郵送の性病検査キット|あおぞら研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【医師に聞く】梅毒5倍に急増!初期症状や検査・治療方法、感染経路を詳しく解説

  • 【医師に聞く】HIV(エイズ)の初期症状【まとめ】発熱・咳・発疹・微熱、その時期と期間は……。

  • 【医師に聞く】潜伏期間はどれくらい?実は、発症しても症状がでないクラミジアは危険。だから、妊婦健診でも検査が必須に!

  • 【医師に聞く】性器ヘルペスって何?症状や痛み、感染経路は?

関連記事

  • 【2018年保存版】性病とは?性感染症の全25種を専門医が徹底解説

  • 【医師に聞く】C型肝炎はウイルスでうつる?検査方法から治療・完治までを詳しく解説

  • 【新常識】結婚する前にブライダルチェックが必要な5つのワケと上手な受け方