1. TOP
  2. 性病
  3. クラミジア・咽頭クラミジア
  4. クラミジアはどんな症状が出る?知っておきたい特徴や潜伏期間とは

クラミジアはどんな症状が出る?知っておきたい特徴や潜伏期間とは

クラミジアは性感染症の中でも特に患者数が多く、厚生労働省が毎年行っている調査でも圧倒的な数字となっています。
その数、なんと100万人以上。
それだけうつりやすい病気ということなので、予防のためには十分な注意が必要です。
また、万が一感染した場合には早急に対処しなくてはならないので、具体的な症状の出方について知っておきましょう。クラミジアの特徴や潜伏期間などについて説明します。

クラミジアとは?

クラミジアは「クラミジアトラコマチス」という細菌に感染することで起こる性感染症です。
ほとんど自覚症状がないことから感染したことに気付きにくく、10代後半~20代を中心に感染者数はどんどん増えています。

クラミジアには性器に発生する「性器クラミジア」と、喉に症状が現れる「咽頭クラミジア」があり、それぞれの具体的な症状は次の通り。女性と男性とでは症状の現れ方が違うので、男女別に分けて説明します。

クラミジアの症状~女性の場合~

女性がクラミジアに感染すると、約1~3週間の潜伏期間を経た後、おりものの量が増えたり、普段と違う匂いがしたりといった症状が現れます。また、排尿の回数が増えたり、残尿感を感じたりする膀胱炎を発症することも。

しかし、約8割の方は無症状でいずれもごく軽い症状なのでまさか性病に感染しているとは思わず、そのまま見過ごして悪化させてしまうケースが少なくありません。
何の症状も出ない人も多く、ここがクラミジアの怖いところです。

また、女性はオーラルセックスによってのどに感染することが多いですが、この場合もほとんど症状は出ません。
人によってはのどの痛みや腫れ、発熱などが出ることもありますが、風邪とよく似た症状なのでやはり見過ごしてしまうことが多いでしょう。

クラミジアの症状~男性の場合~

男性の場合も、クラミジアの潜伏期間は約1~3週間。
全体の半数になんらかの自覚症状が現れますが、尿道が軽い炎症を起こして排尿時に少し痛みを感じたり、かゆくなったりする他、副睾丸のあたりが腫れるケースが多いです。
膿が出ることもありますが、水っぽくて白いものが少量のことあり、やはり性病に感染したと気付くのは難しいでしょう。

のどへの感染は、女性に比べると少ないです。
しかし、オーラルセックスをする機会があれば感染する可能性が全くないわけではないので、十分に気を付けるようにしましょう。
ちなみに、のどの症状の現れ方については女性と同じです。

クラミジアの感染を放置するとどうなる?

<女性の場合>
女性がクラミジアを放置すると、やがて炎症が子宮や卵管にまで及び、不妊の原因となります。
さらに進行が進むと菌が骨盤の内部にまで及び、骨盤内腹膜炎を引き起こすことも。
運よく妊娠できたとしても、そのままの状態で出産すると胎児が産道で感染し、結膜炎や肺炎を起こす可能性が高いので、妊娠をする前や妊娠初期には必ず性病の検査も受けておくようにしましょう。

<男性の場合>
男性がクラミジアを放置した場合は、尿道に起きた炎症がさらに悪化し、膿や痛みなどの症状が強くなります。
この時点で治療を受ければ良いのですが、見過ごしてしまうと菌がどんどん体の奥まで侵入し、前立腺炎や副睾丸炎(精巣上体炎)などを引き起こして、腫れや痛み、残尿感などが出るようになります。

少しでも不安を感じたら早めの検査を

クラミジアは男女ともに自覚症状の薄い性感染症なので、自分でも気づかずにうつしてしまうケースが少なくありません。
しかし、万が一の可能性を意識していれば普段との違いにも気づきやすくなるので「自分だけは大丈夫」と過信しないことが大切。
病院に行くのが恥ずかしい場合は郵送で受けられる検査キットもあるので、早めに調べておくようにしましょう。

クラミジアは誰にでも感染する可能性あり!現れやすい症状について知っておこう

いかがでしたか? クラミジアの自覚症状として挙げられているものは、どれも日常的に発生しやすいものばかりなので、うっかり見過ごしてしまうのもある意味仕方ないと言えます。
しかし、放置すれば感染の拡大につながるし、将来子供が産めない体になる可能性もあるので、あらかじめ現れやすい症状について知っておき、予防・改善に役立てましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅毒5倍に急増!初期症状や検査・治療方法、感染経路を詳しく解説

  • HIV(エイズ)の初期症状|発熱・咳・発疹・微熱、その時期と期間は……。

  • 潜伏期間はどれくらい?実は、発症しても症状がでないクラミジアは危険。だから、妊婦健診でも検査が必須に!

  • 性器ヘルペスって何?症状や痛み、感染経路は?

関連記事

  • 女性のクラミジア症状は?臭いやかゆみ、出血、濃いおりものなど

  • 1分で分る!喉頭クラミジアの感染経路と症状。病院での検査と治療方法

  • クラミジアの症状は?男性と女性の症状の違い、初期症状は?

  • 元カレから感染!クラミジア検査が恥ずかしい私が選んだ検査方法は【体験談】

  • 男性がクラミジアに感染するとどんな症状が出る? 検査方法や治療の内容とは

  • クラミジアの潜伏期間は?潜伏期間の感染や検査は?