性病科のドクターが答えます

行列のできる性病相談所行列のできる性病相談所
Pocket

「性病かも…」

こうしたデリケートな問題は、
仲の良い友達身内、家族であっても、
そう気軽に相談できる内容ではないですよね。

かと言って、インターネットで出てくる情報は
一般の方が書いた情報が溢れていて、
どれが正しい知識なのか?
知りたい情報が得られず悩んでおられる方や、
結果的に後回しにしてひどくなってしまう
というケースも少なくありません。

この記事では実際の診療活動の中で、
様々な性感染症の検査治療を行っている
専門医の視点から、正しい性病についての 『症状原因』はもちろん、

そもそも『性病』とは一体、何なのか?

『性病の全25種類』の
検査治療方法』まで『性病のすべて』を、
わかりやすく解説していきます。

 <逆引きショートカット> 

⇒ 行為から調べたい方はこちら
⇒ 症状から調べたい方はこちら
⇒ 病名から調べたい方はこちら
⇒ 検査方法を調べたい方はこちら

性病(性感染症・STD)とは

性病とは、原因菌が人の体内に
侵入することによって感染する
「感染症」の一種です。

  • 1.梅毒(ばいどく)
  • 2.淋病(りんびょう)
  • 3.軟性下疳(なんせいげかん)
  • 4.鼠径リンパ肉芽腫
    (そけいりんぱにくげしゅ)

元々、性病とは上記のことを指しましたが、
現在はそれら4種以外にも
多種多様の感染症が存在しており、
性病のことを総じて
『性感染症』
(STD=Sexually transmitted infection)と
呼ぶこともあります。

主な感染原因は
感染している人との性交渉です。

またそれ以外にも「簡単な肉体の接触」で
感染することもあるため、
性病は『誰にでも関係がある病気』と
言えるでしょう。

性病の原因となる行動一覧

性病は、原因となる菌と何らかの形により
接触することで感染します。

性病の感染経路となり得る要因は
大きく分けると下記の3つです。

  • 単純接触
  • オーラルセックス(前戯行為)
  • セックス(本番行為)

中には「えっ、アレのせい!?…」と
思われるものもあるかもしれません。

性病の感染タイミングを特定する
ヒントとして、また性病の感染を防ぐ
知識としてご覧ください。

原因① 単純接触(触った・触れた)

 

性病の主な感染原因は、
粘膜皮膚に原因菌が付着することです。

多くの場合、一般的な性行為での感染ですが、
それ以外にもさまざまな行動が
感染経路となり得ます。

菌が付着した手での単純な接触
母子感染血液感染、また不衛生な状態
免疫力低下による感染例などが
これにあたります。

それぞれ簡単に説明します。

 菌に汚染された手で性器や粘膜に触れることによる感染 

パートナーとの性行為中、
性器に触れる指先
性病の原因菌によって汚染されていれば、
性器の粘膜に菌が付着してしまいます。

 母親から子供への感染 

母親が性病に感染している場合、
生まれてくる子供も性病に感染してしまう
可能性があります。

また、キャリアとなった
母親の母乳を飲むことによる感染や、
経膣分娩(けいちつぶんべん
=膣を経由しての出産)時。

また、病変が現れている膣に
接触することによって、
感染してしまうケースもあります。

妊娠中の女性は、
妊婦健診として性病検査を受けることが
奨励(しょうれい=良いこととして
勧められている)されています。

 注射の使いまわしによる血液感染 

性病のキャリアとなった患者に使用した
注射器を使いまわすことで、
他の患者へ血液感染
させてしまう恐れがあります。

通常、医療機関では血液感染を防ぐため
注射器の使い回しは行いませんので、
このような事態は起こり得ません。

 不衛生な状態による感染 

不衛生な状態は性病の原因菌をはじめとする
あらゆる病原体(細菌ウイルスなど)が
好む条件です。

特にペニス膣周辺といった
性器の周りが不衛生な状態だと、
性病の病原体が繁殖しやすい環境となり、
感染率発症率が高まってしまいます。

 トイレ・お風呂・プールでの感染 

公衆浴場プールなどの水を経由して
性病の原因菌がうつることがあります。

ヘルペスなど一部のものでは、
共用のトイレの便座を介して
原因菌が感染したケースも報告されています。

但し、どちらもごく稀なケースなので、
過度に心配する必要はありません。

 免疫力低下による発症 

免疫力の低下した状態は、
性病の原因菌の他あらゆるウイルスに対して
脆弱(ぜいじゃく=もろくて弱いこと)に
なってしまいます。

加齢運動不足生活習慣の乱れなどが、
免疫力低下の原因です。

また、ほとんどの性病は一度感染しても
体に免疫ができることはありません。

原因② オーラルセックス(口を使った前戯行為)

感染原因の代表的な原因の2つ目が、
クンニリングスフェラチオといった
いわゆる「オーラルセックス
(前戯行為(ぜんぎこうい))」です。

特定のパートナーとの性交渉だけでなく、
性風俗店などでこうしたサービスを受け、
性病に感染してしまう例は後を断ちません。

性風俗店側でも気をつけているとは言え、
頻繁に利用する方は以下のような
感染経路を鑑み、性病感染のリスクを
警戒しておくのが賢明でしょう。

 キス・ディープキスによる感染 

口腔(こうくう)内口の周り
病変が出ている
もしくは原因菌が付着している場合、
キスディープキスをするだけでも、
パートナーを感染させてしまう
可能性があります。

口唇(こうしん)ヘルペス」、
咽頭(いんとう)クラミジア」などは
キスディープキスで感染する
性病の代表例です。

 フェラチオをしたことによる感染 

ペニスに性病の原因菌が付着している場合、
そのペニスにフェラチオを行うと
口腔内に性病が感染して
しまうことがあります。

フェラチオは性風俗店では
スタンダードなサービスですので、
性風俗店の女性スタッフが
性病のキャリアとなっている例は
珍しくありません。

 フェラチオをされたことによる感染 

パートナーの口腔内
口の周りに感染がある場合、
その口でフェラチオをされると
ペニスが性病に感染してしまう
恐れがあります。

フェラチオは性風俗店で
一般的なサービスのため、
性風俗店での性病感染は多くの場合
フェラチオを感染経路としています。

 クンニしたことによる感染 

女性器が性病の原因菌に侵されている場合、
その女性器に対してクンニリングスを行うと
口腔内が性病に感染する恐れがあります。

口の周り咽頭などが
こうした感染での患部です。

特に「クラミジア」「淋菌」などは
クンニリングスでの感染例が
多く報告されています。

 クンニされたことによる感染 

症状の有無に関わらず、
性病に感染している口で
クンニリングスをされると、
性器が性病に感染してしまうことがあります。

クンニは性風俗店で行われることが多いほか、
一般的なカップルの性行為でも多い愛撫です。
男性女性ともに警戒心を持つ必要があります。

 リミング(肛門を口や舌で刺激する行為)したことによる感染 

性病の原因菌は肛門周辺にも
棲息(せいそく・ある場所に住んでいること)
していることがあります。

原因菌が棲みついている肛門に
リミングを行うと、性病に感染し、
口周辺に病変が現れる可能性があります。

糞便に含まれている原因菌に
経口感染することも少なくありません。

 リミング(肛門を口や舌で刺激する行為)をされたことによる感染 

リミングを行うパートナーの口が
原因菌に侵されていれば、
肛門の粘膜に原因菌が侵入してしまいます。

性風俗店ではフェラチオのほか、
リミングもごく一般的なサービスです。

風俗店のスタッフは通常、
接客のたびに口を殺菌するようですが、
それでも感染の可能性は捨てきれません。

 風俗店での感染のリスク 

風俗店の女性スタッフは
一日に複数人の男性にサービス行うため、
感染の可能性は高くなります。

感染した女性スタッフが自覚のないまま
サービスを行ってしまい、
お客に感染を拡散してしまったというケースも
良く聞かれるものです。

原因③ セックス(本番行為)

性病において最もスタンダードな
感染原因となるのが、
性器性器を接触させるセックスです。

肛門を使用した性行為も、
性病感染の危険性はあります。

当然ながらコンドームを使用しない場合、
性病感染のリスクは増大します。

また、性風俗店で行われるサービスである
「素股(すまた・主に男性器を股に
はさんで圧迫摩擦する性行為)」も
性器性器をこすり合わせるため
原因菌が粘膜に付着してしまう
可能性があります。

では上記をひとつずつ解説していきます。

 セックスによる感染 

性器は性病の原因菌が
繁殖しやすい条件が揃っており、
同時に原因菌の侵入に対して脆弱です。

性器の粘膜同士を接触させる
通常のセックスは、
性病の最もスタンダードな
感染経路となっています。

感染確率を下げるためには、
コンドームを使用してのセックスが
奨励されています。

 アナルセックスによる感染 

一般的な性器性器の接触による
セックスだけはなく、
肛門を使用したアナルセックスによって
性病に感染してしまった例も
少なくありません。

男性同士の性行為による性病感染の例では、
多くの場合アナルセックスが
原因となっています。

 素股による感染 

性風俗店では一般的な、
性器性器をこすり合わせるサービスである
「素股」も性病の感染経路のひとつです。

女性スタッフが複数の男性に
素股のサービスを行っているほか、
コンドームをつけない素股が
慣例(かんれい)化していることも
感染拡大の原因となっています。

 コンドームをしていても防げない病気も 

性病の予防方法として一般的となっている
コンドームの装着はとても効果的な
予防方法です。

しかし、必ずしも性病を防げるわけでは
ありませんので過信は禁物です。

性器と性器の接触以外が
感染経路となる性病や、
陰毛(いんもう・生殖器周辺の毛)を
介しての感染に対しては、十分な予防効果を
期待できないこともあります。

とはいえ誰もが手軽に実践できる
有効な方法には変わりありません。

コンドームを正しく使用して
性感染症から身を守りましょう。

 【番外編】性病の人とお風呂に入っても感染する? 

誤解されている方も多くいますが、
感染している人と一緒にお風呂に入ったり
公衆浴場を利用したりしたからといって
性病に感染することはほぼありません。

感染が発覚した後、パートナーとの入浴などは
過剰に気を使う必要はないでしょう。

性病(性感染症・STD)の初期症状とは

「…おかしいな」
もしかしたらその症状は、
性病かもしれません。

性病は症状が本格的になる前の
できるだけ早い段階で気づき、
確実に治療することが大事なことです。

しかし、その性病の初期症状とは
一体どういったものがあるのでしょうか?

実際の症状は性病によって様々ありますが、
感染しはじめの初期症状には
「共通点」があります。

もし、あなたが
「…おかしいな」と気になるなら、
次に記載する症状を確認してみてください。

身体の部位別に現れる「性病の初期症状例」

性病の代表的な初期症状は
以下の5種類です。

  • 発疹
  • のどの腫れ・痛み
  • 口周りのできもの
  • 性器に現れる症状(男性)
  • 性器に現れる症状(女性)

詳しく見ていきましょう。

性病の初期症状①「発疹」

 <該当する主な性病例> 

⇒ HIV感染症/エイズ
⇒ 梅毒

全身に赤くブツブツとしている発疹
ミミズ腫れができることがあります。
かゆみ激しい痛みを伴うことがあります。

性病の初期症状②「のどの腫れ・痛み」

 <該当する主な性病例> 

⇒ 咽頭クラミジア感染症
⇒ 咽頭淋菌感染症
⇒ 咽頭マイコプラズマ感染症
⇒ 咽頭ウレアプラズマ感染症
⇒ 梅毒

原因となる菌がのどに感染すると、
のどの腫れ痛みなど、
風邪をひいたときのような症状が
現れることがあります。

病気の種類によっては
発熱することも珍しくありません。

性病の初期症状③「口周りのできもの」

 <該当する主な性病例> 

⇒ 口唇ヘルペス

病気によっては口の周りに
感染するものがあります。
唇の周り口の中にできた場合、
性病が口に感染してしまって
いるかもしれません。

性病の初期症状④「性器に現れる症状(男性)」

 <該当する主な性病例> 

⇒ 性器ヘルペス
⇒ 梅毒
⇒ 性器カンジダ
⇒ 尖圭コンジローマ

原因菌に感染すると、
男性の場合は亀頭尿道
不快感かゆみを覚えることがあります。

睾丸(こうがん)の腫れ
尿道から出てくる膿(うみ)や
分泌液といった症状も一般的です。

性病の初期症状⑤「性器に現れる症状(女性)」

 <該当する主な性病例> 

⇒ 性器ヘルペス
⇒ 梅毒
⇒ 性器カンジダ
⇒ 尖圭コンジローマ

女性の性器が原因菌に感染すると、
おりものが増加する傾向があります。

おりものが泡状になる
普段とは違う悪臭がする
黄緑の分泌物になる、といった
変化が起こることもあります。

性病の潜伏期間

「初期症状がないから大丈夫!」と
完全に安心できないのが、
性病で気をつけなければならない
ポイントです。

多くの性病は、
感染から目立った症状が現れるまでに
「時間を要する」のも特徴で、
人によっては潜伏期間が終わっても
症状が弱く、感染に気付かないことも
珍しくないからです。

ただ、潜伏期間や症状が弱い場合であっても
「感染している事実には変わりない」ため、
性交渉などでパートナーに
感染させてしまうことがあります。

こうした自覚症状の無い無自覚なタイミングで
感染を拡大してしまいがちなのが、
性病の恐ろしさのひとつと言えるでしょう。

大切なパートナーのためにも
性病感染の予防に努めると同時に、
性病の初期症状に対して
敏感になることが求められます。

具体的な性病名
種類毎の詳しい特徴については
次の項「性病(性感染症・STD)の
種類と特徴」で述べます。

まずは『潜伏期間ごとの性病の分類』と
検査の重要性や検査のタイミング
について解説します。

性病の早期治療や、感染拡大を防ぐための
知識として参考にしてください。

潜伏期間が1週間程度の性病

 <該当する主な性病例> 

⇒ ヘルペス
⇒ 淋菌感染症
⇒ カンジダ

淋病」や「ヘルペス」は
数日から1週間程度で初期症状が現れます。

また「クラミジア」も早ければ
1週間程度で症状が現れるようです。

こうした、潜伏期間が短い性病は、
感染のタイミングの特定は
容易かもしれません。

原因菌のキャリアと思われるパートナーにも
検査を促してください。

潜伏期間が1~数週間程度の性病

 <該当する主な性病例> 

⇒ クラミジア

「クラミジア」の潜伏期間は
1週間から3週間程度です。

また「梅毒」も初期症状の発症には
3週間程度かかると言われています。

「尖形(せんけい)コンジローマ」も
早ければ3週間程度での発症となります。

中には初期症状を
自覚しにくい性病もありますので、
潜伏期間が終わったからと言って
感染に気づくとは限りません。

潜伏期間が1ヵ月程度の性病

 

 <該当する主な性病例> 

⇒ 梅毒
⇒ マイコプラズマ
⇒ ウレアプラズマ

ケジラミ」や「疥癬(かいせん)」は
発症までに1ヵ月程度の潜伏期間を要します。

「尖形コンジローマ」の潜伏期間は
幅がありますので、感染から1ヵ月程度で
発症することも珍しくありません。

また、症状が出る人は
3分の1程度にとどまるものの、
「B型肝炎(Bがたかんえん)」も
2−6週間程度で
発症すると考えられています。

潜伏期間が1~数ヵ月程度の性病

 <該当する主な性病例> 

⇒ B型肝炎
⇒ 尖圭コンジローマ

「B型肝炎」は感染から数ヵ月たって
発症する例が確認されています。

他には「尖形コンジローマ」は
数ヵ月の潜伏期間の後、
発症することがあります。

ここまで潜伏期間が長くなると、
感染タイミングの特定が
難しくなってくるかもしれません。

潜伏期間が1ヵ月~半年程度の性病

 <該当する主な性病例> 

⇒ 尖圭コンジローマ

「尖圭コンジローマ」の潜伏期間は
非常に幅があり、長ければ8ヵ月間
潜伏していることもあります。

潜伏期間が長い性病は
感染タイミングの特定が困難なだけではなく、
自覚なく感染を広げてしまっている
危険性もあります。

潜伏期間が数年の性病

 <該当する主な性病例> 

⇒ 尖圭コンジローマ
⇒ エイズ
⇒ 梅毒

「エイズ」はHIV感染から
数年の潜伏期間の後に発症します。

8年から10年の長い期間、
潜伏していた例もあるようです。

ここまで潜伏期間が長くなると、
感染タイミングを特定することは
非常に難しくなります。

早期発見のための検査の必要性

潜伏期間中も原因菌は感染力を持っており、
当然、性行為を行えば原因菌を
パートナーにうつしてしまいます。

自覚のない感染拡大を防ぐために、
「自覚症状がない=未感染」とは決めつけず
検査は行うことが大切です。

 性病検査に向いている日は? 

定期的な検査は重要ですが、
感染直後は陽性反応が出ない場合があります。

性病にもよりますが、
性行為から数日から3ヶ月程度たっていれば、
尖圭コンジローマ以外は正確な感染状況が
確認できるでしょう。

もし感染していた場合も、
早期のうちに治療を開始してしまえば
症状が深刻になることはありません。

性病(性感染症・STD)の種類と特徴

では、性病というものは、
どれくらいの種類があり、
それぞれどういった特徴を持つ感染症なのか?

先述で例にあげたもの以外にも、
性病は実のところ沢山あります。

ここでは性病の
『種類毎の病名一覧&
危険度レベル(5段階)』以下の25種

  • 性器クラミジア感染症
    ・危険度:★★★★★
  • 淋病感染症
    (りんびょうかんせんしょう)
    ・危険度:★★★★★
  • HIV感染症/エイズ
    ・危険度:★★★★★
  • 梅毒(ばいどく)
    ・危険度:★★★★★
  • 膣トリコモナス症
    ・危険度:★★★
  • 性器カンジダ症
    ・危険度:★
  • 性器ヘルペス
    ・危険度:★★
  • 尖圭コンジローマ
    (せんけいこんじろーま・
    ヒトパピローマウイルス)
    ・危険度:★★★★
  • 非クラミジア性非淋菌性尿道炎
    (ひくらみじあせいひりんびょうせいにょうどうえん)
    ・危険度:★★★★★
  • ケジラミ症
    ・危険度:★★
  • 疥癬(かいせん)
    ・危険度:★★
  • 軟性下疳(なんせいげかん)
    ・危険度:★★★
  • A型肝炎(えーがたかんえん)
    ・危険度:★★★
  • B型肝炎(びーがたかんえん)
    ・危険度:★★★★★
  • C型肝炎(しーがたかんえん)
    ・危険度:★★★★★
  • 赤痢アメーバ症(せきりあめーばしょう)
    ・危険度:★★★★
  • 細菌性腟症(さいきんせいちつしょう)
    ・危険度:★★★
  • 伝染性単核球症
    (でんせんせいたんかくきゅうしょう・キス病)
    ・危険度:★★★
  • サイトメガロウイルス感染症
    ・危険度:★★★
  • 成人T細胞白血病
    (せいじんてぃーさいぼうはっけつびょう)
    ・危険度:★★★★★
  • フォアダイス
    ・危険度:なし
  • 血精液症(けっせいえきしょう)
    ・危険度:★★★★
  • 亀頭包皮炎(きとうほうひえん)
    ・危険度:★★
  • 外陰炎(がいいんえん)
    ・危険度:★★
  • マイコプラズマ・ウレアプラズマ感染症
    ・危険度:★★★

そして、
下記の主な感染経路から予防方法までを
詳しく解説していきます。

  • 主な感染経路
  • 概要・症状
  • 潜伏期間
  • 対処法・治療方法
  • 予防方法

性器クラミジア感染症(クラミジア)

出典:国立感染症研究所ホームページ

危険度(5段階):★★★★★

日本における感染者数が最も多い性病が、
「クラミジアトラコマティス」という
病原体を原因とする性器クラミジア感染症です。

単に「クラミジア」と
呼ばれることが多いです。

出典:性器クラミジア感染症 / 性感染症報告数 / 厚生労働省 出典:性器クラミジア感染症 / 性感染症報告数 / 厚生労働省

厚生労働省が公表している
クラミジアヘルペスコンジローマ淋病
性感染症の報告数2016年(平成28年)のデータからも
クラミジアがどれだけ多いかが見て取れます。

患者数はコンジローマ
(=尖圭コンジローマ)の4.2倍

淋病(=淋菌感染症)の2.9倍、

性器ヘルペス(=性器ヘルペス感染症)の
2.7倍です。

性器クラミジア感染症の主な感染経路

「クラミジア」は
粘膜粘膜・体液の接触」で感染します。

具体的には性器口腔(口の中)咽頭(のど)
肛門直腸の粘膜に他人の粘膜体液
接触することで感染します。

また、数は少ないですが
「クラミジア」は眼にも
感染することがあります。

性器クラミジア感染症の概要・症状『男性の場合』

主な症状は以下の通り。

  • 排尿時の「軽微の痛み」や
    通常時も「普段と違う違和感」がある
  • 排尿前後、尿道に熱い感覚がする
  • 残尿感やおしっこの回数の増加(頻尿)
  • 性器の尿道がいつもより赤い
  • 乳白色、または透明の膿が出てくる

男性の「性器クラミジア感染症」では、
排尿時の痛み尿道のかゆみ
尿道から出てくる膿・分泌液
といった症状が現れます。

精巣上体の腫れ発熱(精巣上体炎)
つながることもあり、
放置すると不妊の原因になることもあります。

また、尿道の奥には前立腺があり、
そこにまで侵入してしまうと
抗生物質が届きにくく
治療に時間がかかる場合もあります。

前立腺に感染した場合(前立腺炎)、
発熱血精液症(けつせいえきしょう:
精液に血が混じる)が起こることがあります。

このような自覚症状は
必ず起こるわけではなく、
無症状のこともありますので注意が必要です。

性行為後に上記のような症状が
現れた場合には、
「クラミジア」感染の可能性がありますので
すぐに専門医の診察を受けましょう。

性器クラミジア感染症の概要・症状『女性の場合』

主な症状は以下の通り。

  • 不正出血がある
  • おりものが増加する
  • 下腹部に違和感がある
  • 性交時に痛みを感じる

女性の場合は、
おりものの増加下腹部の痛み
不正出血といった症状が一般的です。

また、性器が炎症を起こしていますので、
性交時に痛みを伴うことがあります。

ただし女性は男性以上に
「性器クラミジア感染症」の症状が出にくく、
放置してしまいがちです。

放置しておくと
卵管炎(らんかんえん:不妊症のリスク)」
骨盤内炎症性疾患
(こつばんないえんしょうせいしっかん:
骨盤内の臓器などの炎症」
肝周囲炎(かんしゅういえん
:上腹部の激痛や発熱)」
といった症状に発展する可能性があります。

 女性は男性より危険度が高い 

男性よりも女性の方が、
深刻な症状リスクがあるため
くれぐれもご注意ください。

また、もしこの記事をご覧のあなたが
男性でしたら、ご自身の症状が
どれだけ軽微であっても、
女性は非常に大きなリスクが
あることをご理解いただき、
どうかパートナーと一緒に診察を
受け治療を受けてください。

 性器クラミジア感染症の潜伏期間『男性の場合』 

感染から発症までの期間にはかなり幅があり、
数日から5週間程度とされています。

中でも1〜2週間程度で
発症することが多いです。

ただし感染しても症状が出ないことが多く、
感染に気付かないまま
他人に感染させてしまうこともあります。

 性器クラミジア感染症の潜伏期間『女性の場合』 

女性は男性と比べて不明な点が多いですが、
感染から発症までは男性と同じく
数日〜5週間程度と考えられています。

また、女性も症状が出ないことが多く、
一方で不妊等の合併症重症化するリスク
男性よりも高いため、注意が必要です。

 性器クラミジア感染症の対処法・治療方法『男女共通』 

クラミジアに感染した場合は治療が必要です。
治療には抗生物質を使用します
(医師の処方が必要です)。

クラミジアの治療には
マクロライド系テトラサイクリン系
ニューキノロン系の抗生物質を使用します。

服用期間は薬の種類によって
異なりますが、1週間程度で終わる場合が
ほとんどです。

治療終了後、1ヶ月程度の間隔をあけてから
再度検査を行い、この検査で菌が
いなくなったことを確認できれば
治療は終了です。

 性器クラミジア感染症の予防方法 

不特定多数との性行為を避け、
性行為を行う際には
コンドームを使用することで
感染の可能性を減らすことができます。

オーラルセックスでも感染するので、
コンドームはオーラルセックス時にも
使用することが望ましいです。
また、感染しても症状が
出ないことが多いため、
心当たりがある場合には検査を
受けておくことをお勧めします。

パートナーも一緒に検査を受けることが
できればベストです。

淋菌感染症(りんびょうかんせんしょう)

出典:国立感染症研究所ホームページ

危険度(5段階):★★★★★

淋菌感染症とは性感染症の中でも
感染率が高い部類の性病です。

また別名の「淋病」として
呼ばれることが多いので、
そちらの方がよく知られた名前でしょう。

男性は尿道
女性は子宮頚管(子宮の入り口)
に感染することが多くなっています。

その他、口腔咽頭
肛門直腸に感染することもあります。

淋菌感染症の主な感染経路

「淋菌」は
粘膜粘膜・体液の接触」で感染します。

具体的には性器口腔(口の中)
咽頭(のど)肛門・直腸の粘膜に他人の粘膜や
体液が接触することで感染します。

また、数は少ないですが
眼に感染することもあります。

淋菌感染症の概要・症状『男女共通』

  1. 咽頭(のど)
  2. 直腸・肛門

男女共通の感染部位としては
上記3つがあります。

眼の場合』は充血目やに
眼の痛み・痒み、『咽頭の場合』は
のどの腫れ痛み

直腸・肛門の場合』には感染した場所の
痛み血便が症状として
出てくることがあります。

淋菌感染症の概要・症状『男性の場合』

男性の淋菌感染症では
尿道炎(淋菌性尿道炎)が最も多いです。

また、尿道の痛み尿道から
膿が出るという症状が代表的です。

炎症が広がると、
精巣上体炎前立腺炎を合併し、
精巣上体(睾丸の隣にある器官)の痛み
発熱を伴うこともあります。

淋菌性尿道炎では症状が強いことが多く、
多量の膿が出て尿道が強く痛む
というケースが目立ちます。

ただし、症状が軽かったり
中には全く症状がないという場合もあります。

概要・症状『女性の場合』

女性の淋菌感染症の症状では
おりものの増加が多く、
不正出血排尿時痛
みられることもあります。

治療が遅れると炎症が骨盤
お腹の中まで広がって重症化することがあり、
卵管炎から不妊の原因になる場合もあります。

女性の場合は妊娠・出産に影響

女性が淋菌に感染した場合、
不妊の他に流産早産の原因に
なることがあります。

また、妊婦が淋菌に感染していると
赤ん坊に感染する場合があり、結膜炎
菌血症(血液を介して全身に菌が広がる)、
関節炎を起こすことがあります。

これらの中では結膜炎が最も多く、
最悪の場合は失明に至ります。

淋菌感染症の潜伏期間『男女共通』

男性の淋菌感染症の潜伏期間は、
2〜5日程度のことが最も多いですが、
1日で症状が出現する場合や、
10日以上経ってから
症状が出てくることもあります
(ただし数は少ないです)。

女性の場合も症状が出る場合は
感染から10日以内に発症することが
ほとんどです。

ただし、男女ともに感染しても
症状が全くでない場合もありますから
注意が必要です。

淋菌感染症の対処法・治療方法『男女共通』

淋菌感染症の治療の基本は、
抗生物質の点滴または筋肉注射です。

合併症等が無い場合には、
通常は1回の点滴で治療が終了します。

また、クラミジアなど他の菌に
感染していることも少なく無いので、
その可能性を考えて
飲み薬の抗生物質を併用する場合もあります。

治療後は菌が消えたことを確認するために
再検査を受けることが望ましいですが、
治療直後は死菌の影響で検査が陽性と
なってしまう可能性があるため、
治療後1ヶ月程度経過してから
再検査を受けることが望ましいです。

 薬の効かない淋菌が増えてきている 

近年、抗生物質が効かない淋菌、
いわゆる「スーパー淋菌」が問題になっています。

幸い現在の日本では数は少ないですが、
今後増加する可能性は十分にあります。

 淋菌感染症の予防方法 

他の性病と同様、
不特定多数との性行為を避け
性行為を行う場合には
コンドームを使用することで
感染確率を減らすことができます。

オーラルセックスでも感染してしまうので、
オーラルセックスの際にも
コンドームを使用することが望ましいです。

また、症状が出ないこともあるので、
心当たりがある場合には
検査を受けることをお勧めします。

HIV感染症/エイズ

出典:国立感染症研究所ホームページ

危険度(5段階):★★★★★

HIV感染症(エイズ)とは
完治しない病気として恐れられています。

単語の意味を「HIV」と「エイズ
一緒だと考えがちなのですが、
厳密に言うと違います。

 HIVとは? 

免疫の働きを助けるTリンパ球
CD4陽性細胞に感染して
破壊しているウイルスのこと。

 エイズとは? 

HIVウイルスによって免疫力が低下していき、
普通ではかからない感染症(日和見感染)や
悪性腫瘍にかかる状態のこと。

最近は研究も進んでおり、
エイズ発症も抑えられるように
なってきましたが、まずは予防が大前提です。

そして予防にはコンドームが有効です。

HIV感染症/エイズの主な感染経路

HIV感染症(エイズ)の感染経路ですが、
大きく分けて下記の3つに分かれます。

  • ①性行為
  • ②麻薬や覚せい剤などで注射器を使いまわすことによる感染
  • ③母親から赤ちゃんへの母子感染

日本では性行為による
HIV感染症(エイズ)が最も多いのですが、
男性と女性の異性間による
セックスだけではなく、男性同士のセックス
危険が伴うと懸念されています。

ちなみに、HIVを多く含むのは
血液精液腟分泌液
母乳といった体液なので、 日常生活でうつる事はありません。

HIV感染症/エイズの概要・症状『男女共通』

HIV感染症(エイズ)は、
時間をかけて発症症状が
進んでいく病気です。

HIVウイルスが体内に入ると、
最初にインフルエンザのような
症状が出るのですが、
その後何も症状が出ない無症状期が続きます。

この期間は個人差があり、
1~2年でエイズを発症する人もいれば、
10年以上発症しない人もいます。

免疫力が低下していくと、
しつこい下痢体重減少などがおき、
23種類のエイズ指標疾患に当てはまると
エイズ発症と診断されます。

 必ずしも初期症状があるわけではない 

HIV感染症(エイズ)の恐れがあると
不安を感じるのは、男性も女性も多くの人が
性行為によるものです。

HIVに感染すると2~6週目頃に
風邪のような症状が出るのですが、
これを「急性HIV感染症」と呼びます。

ただHIV感染症(エイズ)に
なったからといって、
必ずしも皆が初期症状が
出る訳ではありません。

つまり不安な行為があったものの、
初期症状が無かったからといって、
感染していないと安易に考える訳には
いかないのです。

HIV感染症/エイズの潜伏期間『男女共通』

HIV感染症(エイズ)を確認するには
検査を受けるしかありません。

血液を採取して行う
HIV抗体スクリーニング検査が一般的です。

ただ、HIV抗体が体内にできて
検出されるようになるまでは
4~8週間ほど日数がかかります。

つまり、それ以前に検査をしても、
HIV抗体が出来ていないため、
陰性と出てしまうこともあります。

この期間はHIVの潜伏期間となりますが、
この間も他の人に感染させてしまう
可能性はあります。

HIV感染症/エイズの潜伏期間と初期症状、その後の無症状期

HIV感染症
(エイズHIV感染症(エイズ))になると、
HIV抗体が出来るまでの潜伏期間を経て、
急性HIV感染症を発症します。

ただインフルエンザなどと症状が似ており、
多くの症例が数週間で自然軽快するため、
見逃される事がほとんどです。

初期症状が治まった後は、
特に症状が出ない無症状期が続きます。

治療を受けなくても
普通に生活出来るのですが、
この間もHIV感染症は確実に進んでおり、
免疫力は少しずつ低下していきます。

HIV感染症/エイズの対処法・治療方法『男女共通』

HIV感染症(エイズ)と診断された場合、
適切な治療を受ける事でエイズの発症を
遅らせる事は可能になります。

具体的な治療法は、抗HIV薬を服用し、
CD4陽性リンパ球細胞の中で起こる
HIVの増殖を抑えていくことです。

CD4陽性リンパ球細胞数が
治療開始の目安となるのですが、
耐性ウイルスが出現しないように、
原則として3~4種類の抗HIV薬を
使って治療は行われます。

抗HIV薬はウイルスが増えるのを
抑える薬なので、ずっと飲み続ける
必要があります。

 完治はできないが「死に至る病」ではない 

HIV感染症(エイズ)と診断されると、
誰もが絶望的な気持ちになるものです。

確かにHIV感染症(エイズ)は
今でも完治が見込めない
病気ではあるのですが、
研究はどんどん進んでおり、
最近では治療さえきちんと受ければ
「死に至る病ではない」と言われています。

日和見感染症(ひよりみかんせんしょう・
宿主の免疫力が落ちている際に、
健康な時には感染しないような無害菌や
弱毒微生物が原因となり起こる感染症)
などの合併症を引き起こさないために
抗HIV薬が使われるのですが、
血液検査では測れないほどに
ウィルス量を抑える事も
可能になっています。

 HIV感染症/エイズの予防方法 

HIV感染症(エイズ)は
怖い病気では無くなりつつありますが、
やはり予防する事が最も大切です。

HIV予防には、
まずコンドームの装着が基本です。
間違った方法では予防が出来ないため、
セックスの最初から装着するようにし、
お互いの体液が混じり合う事は
避けるようにしましょう。

梅毒(ばいどく)

出典:国立感染症研究所ホームページ

危険度(5段階):★★★★★

性感染症の一つである梅毒は、
梅毒トレポネーマという
病原体によって引き起こり、
かつては治療薬である
ペニシリンが見つかるまでは
不治の病として恐れられたことがありました。

現在では昔の病気という
イメージを持つ人も少なくないですが、
2000年代でもその患者数は
増加の傾向にあるとされてます。

この病に感染し病変部分があると、
エイズウイルスであるHIVにも
感染しやすくなると言われ、
重症化しないためにも早めの対処
あるいは予防が重要です。

梅毒の主な感染経路

この性疾患の主な感染経路は性行為であり、
皮膚粘膜小さな傷口に梅毒トレポネーマが
侵入することで引き起こります。

性行為以外ではキスによっても
感染が確認されてますが、相手が
口の中(のど)などに梅毒患部が
発症している場合に起こりやすく、
症状は男性は性器足のつけ根
(鼠径部)に腫れ違和感が見られます。

また妊娠した女性がこの性病に発症すると
胎盤を通してお腹の赤ちゃんにも
先天性梅毒として影響を及ぼすと言われます。

梅毒の概要・症状『男女共通』

トレポネーマという病原菌によって発症する
この性病は性行為が最も多い感染原因です。

STS法TP法によって
この性病にかかっているか
検査することが可能であり、
双方とも血液の採取によって確認ができます。

血液検査は男女共通であり、
最近では自宅で自分でできる
検査キットも販売され
性病の早期発見治療ができるように
取り組む工夫がなされています。

 第1期~第4期にわかれている 

梅毒を発症してからの日数で
第1期第2期第3期第4期にわかれ、
前半2つが早期梅毒
後半2つが晩期梅毒と呼ばれます。

第1期には発症した部位の皮膚粘膜
小さなしこりが見られ、
第2期にはトレポネーマが血液中に入り込み
体中を巡るため全身の皮膚粘膜
1cm程度の赤いブツブツとした
発疹が見られます。

現在では晩期以降まで梅毒が
進行するケースは少ないですが、
この段階に向かうと筋肉などの組織に
硬いシコリゴムのような腫れが見られます。

梅毒の潜伏期間『男女共通』

梅毒はこの他多くの性病と同様に
潜伏期間が存在し、
平均で3週間〜4週間とされますが
長い人では10週間を超える場合もあります。

平均である3週間が経過すると、
初期硬結という早期梅毒に見られる
小さな赤い隆起が見られることもあります。
その後速やかに硬性下疳と言う
潰瘍になります。

初期硬結硬性下疳
数週間で消失しますが、
瘢痕は数ヶ月残ります。

感染してから1か月経過すると
血液検査を受けることができます。

 梅毒には潜伏期間が2度ある 

梅毒の潜伏期間とは、
トレポネーマが体の中にあるが
梅毒という病気の症状は
出ていない期間のことを指します。

梅毒の症状が出た後も
2度ほど潜伏期間があると言われます。

その為、症状が治ったから、
梅毒も完治したというわけではないので
注意が必要です。

自分で治ったと思い込むのでなく、
医療機関でしっかり最後まで
検査治療することが大切です。

梅毒の対処法・治療方法『男女共通』

ペニシリンなどによる内服にて治療を行い、
これは妊娠した女性にも
使用できるとされます。

しかし治療後も定期的に血液検査を
することが重要であり、
梅毒の菌(トレポネーマ)が
完全になくなってるか
確認する必要があります。

 早めの対処が重要 

晩期梅毒に入る3年から10年である
第3期以降での治療は、
場合によって心臓などに
障害が残る恐れがあります。

また、この性病はHIVとの
重複感染の恐れもあり、
症状を自覚したり身体に違和感を持ったら
早めの対処が重要です。

特にHIVを発症すると梅毒が重症化したり
進行が早くなることもあり数ヶ月で
第3期まで達することもあります。

発見が遅れるほど完治までの期間が
長くなるので注意が必要です。

 梅毒の予防方法 

梅毒は早期発見対処が重要ですが
同時にこの性病に発症しないために
予防することも必須です。

感染経路の多くを占める性行為の場合は、
男性はコンドームを装着することで
予防することに繋がります。

しかしこれだけでは不十分な場合もあり、
女性が男性に行う
オーラルセックスではコンドーム

男性が女性に行うオーラルセックスでは
デンタルダム(オーラルセックス用の
コンドーム)を使用することが予防に繋がります。

腟トリコモナス症

危険度(5段階):★★★

腟トリコモナス症は、
トリコモナス原虫が
性器内に侵入することにより
発症する性病です。

膣トリコモナス原虫は肉眼では
確認することができないほど小さく、
ゾウリムシのような形状をしています。

この原虫が性器内に入り込むことで、
性器内が炎症を起こすのです。

腟トリコモナス症は、
発症する年齢層が非常に幅広いのが特徴で、
その年齢層は幼い子供から
中高年者までとなっています。

その理由としては、
感染経路が複数あることが挙げられます。

腟トリコモナス症の主な感染経路

腟トリコモナス症の感染経路は
主に性行為によるものです。

ただ、幼児でも感染することがあります。

  • 普段身に付けている下着
  • お風呂場で使用するタオル
  • 便器など

たとえば上記に触れることで
感染することがあります。

腟トリコモナス原虫が好む場所は
湿気の多い場所で特に水の中に強く、
長い時間潜伏することができます。

逆に、乾燥には
非常に弱いという特徴もあります。

このような特徴があることから、
お風呂場から家族へと
うつってしまうと考えられています。

腟トリコモナス症の概要・症状『男性の場合』

男性が腟トリコモナス症になった場合、
自覚できるような症状はほとんどありませんが、
尿道炎のような炎症が現れることがあります。

また、発症したとしても
軽度であることがほとんどです。

主な症状は、下記の通りです。

  1. 軽い排尿痛
  2. 尿道から膿が出る

トリコモナスが性器に侵入すると、
前立腺精嚢などに寄生することが多いため、
その場所が炎症を起こして尿道炎
前立腺炎などを発症させるのです。

男性の場合、トリコモナスが侵入しても
尿道あたりに潜んでいる時に、
尿によって洗い流されてしまうことが
多いため軽いと考えられています。

また、男性の場合、
トリコモナスは尿道よりも前立腺精囊
寄生していることが多いため、
尿検査では検出できないことが多いです。

腟トリコモナス症の概要・症状『女性の場合』

腟トリコモナス症は、
男性よりも女性の方が
炎症が強く出る傾向にあります。

女性の場合は性器が密集しているため、
だけでなく子宮の入り口にあたる
子宮頸管や、膀胱尿道などに
もうつってしまうのです。

主な症状は、下記などがあります。

  • 膣や外陰の強い刺激感
  • 強い痒み
  • 悪臭の強い泡状の分泌物

腟トリコモナス症は、
女性の場合には
主に膣内で炎症を起こすため、
妊娠に影響を与えたり子宮頚癌HIV
卵管炎などの発症原因にも関係しています。

 症状のない感染者が多い 

トリコモナス症は、
男性の場合はほとんど症状が
出ることがないため、
全く気付かない人も多くいます。

女性の場合は、
必ず自覚症状が出るわけでもありません。

全く自覚が無い人は、
全体の20%~50%とも言われています。

しかし、その中にはトリコモナス原虫が
膣内に潜伏して寄生し、6ヶ月以内に
20%~50%の中の1/3の方が
異常を感じることがあります。

症状が無い場合、
気付かぬうちにトリコモナス原虫が
卵管まで侵入してしまうため、
不妊症早産流産の原因となります。

腟トリコモナス症の潜伏期間『男女共通』

腟トリコモナス症の原因である
トリコモナス原虫の潜伏期間は、
早い人では4日
遅い人は約1ヶ月と幅が広く、
平均的な日数としては
およそ14日(2週間)前後です。

潜伏期間に幅があるのは、
男性と女性とで期間が違うためです。

  • 男性の潜伏期間:平均10日前後
  • 女性の潜伏期間:およそ5日~14日以内

具体的な期間の差は上記の通りです。

腟トリコモナス症の対処法・治療方法『男女共通』

腟トリコモナス症の治療法は
症状が明らかに出ている状態であれば
病院で適切な治療を受けることが大切です。

病院で行う腟トリコモナス症治療としては、
男性・女性ともに「メトロニダゾール」という
抗原虫薬を使用して治療を行っていきます。

メトロニダゾールを経口投与していき、
女性は更に膣錠で局所治療も併用して、
10日間行っていきます。

男性の場合には、
トリコモナス症と診断するのが困難です。

従ってパートナーが
腟トリコモナス症と診断された際に
治療をおこなうことになります。

 腟トリコモナス症の予防方法 

腟トリコモナス症の予防方法としては、
性行為からの感染が多いため、
性行為の際にコンドームを使用することが
最も有効な予防法です。

自分が腟トリコモナス症に感染した場合、
パートナーも同じく感染している
可能性が高いです。

そのため、
2人同時に検査治療することが大切です。

また、自分で行える予防法の一つとして
検査キットを使った郵送検査もあります。

自分で検査物を採取して郵送するだけの
匿名検査となっているので

プライバシーも保たれます。

うまく活用しましょう。

性器カンジダ症

危険度(5段階):★

性器カンジダ症とは、
カンジダという真菌(カビの一種)が
性器に感染する感染症で、
女性の膣に発症することが多いです。

女性の膣に発症した場合は、
性器カンジダ症の他に膣カンジダ症
あるいはカンジダ膣炎
呼ばれることもあります。

婦人科ではよくある病気の一種で、
無症状のことが多いという特性から、
性生活の乱れもあって
最近では10代~20代の若い女性
男性に急増しています。

性器カンジダ症の主な感染経路

性器カンジダ症の主な感染経路は、
主に自己感染です。

カンジダ菌は消化管
性器粘膜などに存在する常在菌であり、
普段は悪影響はないのですが、
体調不良等により体の免疫が
下がってしまうと菌が増殖してしまい、
症状を起こしてしまうのがほとんどです。

性交渉によっても感染してしまうことは
あると言われていますが、
その割合は約5%~10%と
ほとんどありません。

しかし、性器カンジダを患っているときに
性交渉をするとリスクが
上昇する傾向にあります。

性器カンジダ症の概要・症状『男性の場合』

男性が性器カンジダ症を発症すると、
症状として特徴的なのは
男性器に白いカスが出るようになります。

健康的な男性器ならば
垢がほとんど生じない為、
白いカスが頻発するようになったら
性器カンジダ症を疑いましょう。

また、他の症状としては、
亀頭陰嚢がただれたりかゆみが出る
軽い痛みが出る赤い発疹が
出るなどの特徴があり、
まれに尿道炎を併発することもあります。

性器カンジダ症の概要・症状『女性の場合』

女性が性器カンジダ症を発症すると、
特徴的な症状は外陰部
強いかゆみを生じることがあります。

他にも、外陰部が発疹発赤を起こしたり、
膣に熱を感じたりヒリヒリする
白い粘度の強い酒粕状(ヨーグルト状や
カッテージチーズ状に似た)
おりものが出たりすることが多いです。

また、排尿時に排尿痛を感じたり
性交渉中に痛みを感じるようになったり
する場合もあるので、その時は
性器カンジダ症も疑った方がいいでしょう。

 男性は包茎だと症状が出やすい 

性器カンジダ症を男性が
発症すること自体が稀ですが、
男性が包茎だと発症するリスクが上がります。

性器カンジダ症は本来男性器の清潔を
保てていれば発症しないので、
仮に性器にカンジダ菌が付着しても
きれいに洗い流せれば問題ありません。

しかし、男性が包茎である場合は、
カンジダ菌の洗い残しが亀頭
包皮に残ってしまい、
体の免疫が下がってしまったときに
カンジダ症を発症してしまう
という事があります。

発症を繰り返してしまう場合は、
包茎の治療を検討してください。

性器カンジダ症の潜伏期間『男女共通』

性器カンジダ症の潜伏期間は
男性、女性ともに1~7日と言われています。

しかし、この潜伏期間に
必ず発症するという事ではありません。

また、カンジダ菌は
人から感染することはほとんどなく、
皮膚粘膜に常在する菌です。

そのため、性交渉体の免疫の低下など
様々なきっかけで発症するので、
一概に潜伏期間がいつまでと
断定することができません。

 カンジダは元々体内に存在している 

先にも述べましたが、
カンジダは皮膚の粘膜
消化管などに存在する常在菌の1種です。

ではなぜ、常在菌なのに
性器カンジダ症が発症しないのでしょうか?

それはカンジダ菌の他にも膣内には
デーデルライン桿菌と呼ばれるものが
存在することが起因しています。

実はこのデーデルライン桿菌が、
膣内を酸性に保ってくれることで
カンジダ菌などの増殖を防止し、
性器カンジダ症の発症を防いでいるのです。

性器カンジダ症の対処法・治療方法『男女共通』

性器カンジダ症を発症した場合は
次のような治療法があります。

  • イミダゾール系抗真菌薬

男女共にする治療法は、
イミダゾール系抗真菌薬を使用します。
この抗真菌薬は軟膏クリームタイプがあり、
症状が見られる範囲に塗布し
治療していきます。

男性の場合
この治療で性器カンジダ症は
ほぼ完治しますが、
女性は、軟膏の塗布だけでは
難しい場合があるので、その場合錠剤を
膣に挿入する治療法も行います。

また、膣を清潔にするために
膣洗浄という治療法を行う場合もあります。

 性器カンジダ症の予防方法 

性器カンジダ症の予防法は
男女共通しています。

第一に、免疫力を低下させないことです。

発症のほとんどが
免疫の低下からくるものなので、
ストレス疲労の蓄積不規則な生活などを
しないようにしましょう。

第二に、性交渉の際は
コンドームの着用を行うようにしましょう。

完全であるとはいえませんが、
それでも十分な効果を得ることができます。

加えて、陰部の清潔を保つことも重要です。

汚れなどが残らないように、
日頃から清潔を保ち予防を心がけましょう

性器ヘルペス

出典:国立感染症研究所ホームページ

危険度(5段階):★★

性器ヘルペスの症状としては
性器臀部周辺に痛みを伴う水膨れです。

原因となるウィルスのタイプとしては
1型2型の2つの種類があります。

性器ヘルペスの患者は
男性よりも女性の方が多く、
特に男女ともに20代以降の性的活動が
活発になる年代に多く見られる
症状となっています。

大きな特徴としては
「潜伏感染」があり、完治したと思っても、
何んらかの原因で免疫力が下がることで
再びウイルス量が増え、
再発してしまうことがあります。

性器ヘルペスの主な感染経路

性器ヘルペスは、
性行為全般において感染をします。

空気感染飛沫感染はせず、
原因は皮膚粘膜に出来た目に見えない
小さな傷から移ることになります。

厄介な点として感染源となった人に
自覚症状がないことがあり、
性器だけでなく、オーラルセックス
キスによってに感染をする場合もあります。

性器ヘルペスの症状が無い場合は
ウイルスが出ている量が少なく、
かかりにくいとされています。

性器ヘルペスの概要・症状『男性の場合』

性器ヘルペスでは、男性の場合には、
最初は患部表面にヒリヒリ感や
むずかゆさなどがあり、
その後、赤いブツブツや水膨れ
出来てきます。

破れた場合には潰瘍となり、
強い痛み発熱を伴うこともあります。

リンパの腫れ痛みが伴うケースもあり、
亀頭陰茎肛門周辺
直腸粘膜などに現れます。

性器ヘルペスは男性、女性に限らず、
1年以内に8割以上が再発するとされており、
この場合、小さな水膨れ
潰瘍はできるものの、
一般的には軽く治まることになります。

性器ヘルペスの概要・症状『女性の場合』

性器ヘルペスに女性がかかった場合には、
外陰膣の入り口臀部、場合によっては
子宮頸管膀胱まで患部が
拡がるケースがあります。

女性の場合にも男性と同様になり、
患部に水膨れ潰瘍ができ、発熱を伴ったり
太もものリンパ節が腫れたり
痛みが伴ったりします。

人によっては強い痛みで
排尿が困難になることもあり、
非常に稀なケースとはなるものの、
ウイルスが髄膜に達することで
髄膜炎を発症する場合もあります。

髄膜炎を起こした場合には
激しい痛みを感じることになり、
医療機関での迅速な対処が必要になります。

 初感染時と再発時では症状の重さが変わる 

性器ヘルペスは、
単純ヘルペスウイルス1型
2型によって引き起こされますが、
厄介な面として潜伏があります。

一度かかってしまうと完治が難しく、
治療で一旦は治まるものの、体調によっては
再発をするケースが多く見られます。

また、初感染再発時では内容が異なり、
初めての場合には、
症状が重い発症範囲が広い
治癒期間が長いという特徴があります。

再発の場合には、
症状が軽い発症範囲が狭い
治癒期間が短いという特徴があります。

性器ヘルペスの潜伏期間『男女共通』

性器ヘルペスは、
男性女性ともに
2〜3週間程度の潜伏期間をおいて発症し、
平均では10日間程度となります。

最初は性器にかゆみ違和感があり、
直径1~2mm程度の複数の水疱が
現れることになります。

3~5日後には
水疱がつぶれて痛みを伴うことになり、
潰瘍の状態となります。

性器ヘルペスは、
完全に治癒することが難しいために、
体調などによっては再発を
繰り返すことになります。

この場合、潜伏期間に決まりは無く、
個人差があります。

性器ヘルペスの対処法・治療方法『男女共通』

  • 男性の場合は、泌尿器科、皮膚科、性病科
  • 女性の場合は、婦人科、皮膚科、性病科

治療は上記にて受けられます。

口腔感染に関しては
耳鼻咽喉科が受診科となります。

治療内容は、単純ヘルペスウイルスの増殖を
抑制することが行われます。

内服軟膏塗布による治療では、
5~10日間続けます。

以下は症状別の治療例

  • 一般的には、抗ヘルペス
  • ウイルス内服薬による治療
  • 軽度の場合は、軟膏塗布による治療など
  • 重度の場合は、入院しての点滴治療など

また、病変部分が治るまでに
通常2〜3週を要します。

 性器ヘルペスの予防方法 

主な感染原因を占める性行為に対しては
コンドームによる予防です。

性器ヘルペスの場合には
うつした人が自覚していないことが多く、
違和感を覚えた場合には
パートナーにも検査を
してもらうことが大切です。

あたり前ではありますが、
症状の出ている人との性行為は避けること

患部を触らないこと触った場合には
よく手を洗うなどを心掛ける必要があります。

尖圭コンジローマ(せんけいこんじろーま・ヒトパピローマウイルス)

出典:国立感染症研究所ホームページ

危険度(5段階):★★★★

尖圭コンジローマは、
ヒトパピローマウイルス611型などが
原因となるウイルス性性感染症のことを指し、
原因としては性行為または類似行為があります。

症状は、年齢的には性行為が
活発な年代に多く見られ、
世界中に分布しています。

日本においては年間10万人あたり
30人程度の発症が確認されています。

1999年以降は他の性感染症同様に
増加傾向にあり、特に女性に対しての割合が
高くなってきています。

尖圭コンジローマは
感染症としては5類に該当し、
全国に約1,000ヵ所程度設けられている
医療機関等の指定届出機関は、
月毎に保健所への届出が
義務付けられています。

尖圭コンジローマの主な感染経路

尖圭コンジローマは
ヒトパピローマウイルスが
原因で引き起こされます。

パピローマウイルスは非常に種類が多く、
現在100種類以上が確認されており、
その中の1つは子宮頸がんの
原因としても知られています。

主な感染経路としては性行為があり、
皮膚粘膜の接触によって
症状が現れることになります。

ウイルスは非常に小さな傷からでも侵入し、
皮膚が擦れたときのちょっとした傷が
原因となる場合もあります。

また、性行為以外でも
可能性は低くなるものの、
例えば、浴室の椅子タオルなどを通じて
感染をするケースもあります。

尖圭コンジローマの概要・症状『男女共通』

尖圭コンジローマは、
男性女性ともに同じような症状が現れます。

具体的には、薄ピンク色または茶色で、
ちょうどニワトリのトサカのような
お椀をかぶせたような形のイボができます。

症状の発生箇所は、
下記の箇所に症状が現れます。

  • 男性の場合は、
    陰嚢、亀頭、包皮の内側、陰のうなど
  • 女性の場合は、
    大小陰唇、膣前庭、膣、子宮頚部など

人によっては軽い痛み
痒みがある場合はあるものの、
大抵は自覚症状を感じないことが
ほとんどです。

男性女性に限らず肛門内
肛門周辺尿道口にできることもあります。

症状が進行することでイボが大きくなり、
その数も増えていくことになります。

良性型悪性型
HPV(ヒトパピローマウイルス)
ヒトパピローマウイルスには、
良性型悪性型が存在します。

良性型の場合には、
単に尖圭コンジローマの原因となりますが、
悪性型の場合には注意が必要となり、
ここでは、子宮頸がんにつながる
リスクがあります。

一般的には無症状の場合がほとんどです。

しかし、子宮頸がんに進行をすることで、
性行為時の出血や、不正出血
おりものに血が混じる
下腹部の傷みといった症状が現れます。

子宮頸がんへの進行に関しては、
悪性型に感染してから
5~10年とされており、
感染率としては1%で、
早期発見をし治療をすることで
完治が可能となります。

尖圭コンジローマの潜伏期間『男女共通』

尖圭コンジローマの潜伏期間は、
3週間から8ヵ月(平均2.8ヵ月)程度と
されています。

潜伏期間が過ぎることで
イボなどが確認できるようになり、
違和感を覚えた場合には、
速やかに、産婦人科泌尿器科にて
診察を受けることが大切になります。

尖圭コンジローマの厄介な点としては、
そのほとんどが自覚が少ないことにあります。

そのために潜伏期間後に症状が現れていても
痛みなどが無い場合が多く、
見えない部分などでは
そのまま放置されてしまうこともあります。

万が一、イボがかなり大きくなった場合には
外科的処理が必要になる場合もあります。

尖圭コンジローマの対処法・治療方法『男女共通』

  • 男性の場合には、
    性病科、泌尿器科、皮膚科
  • 女性の場合には、
    性病科、産婦人科、皮膚科

上記で治療を受けることができます。

治療は男性女性ともに同様の内容です。

  • 1.凍結療法
  • 2.クリームを塗布する治療
  • 3.外科的治療(電気メス、
    炭酸ガスレーザーによる焼却)

一般的には上記の3つの方法が用いられます。

多くの場合は、
液体窒素による凍結療法
イミキモドクリームの塗布を組み合わせた
治療を行います。

表面上のイボがなくなったとしても
しばらくは再発の可能性があるため、
治癒後においても1-2ヵ月は
イミキモドクリームを塗布しながら
最低3ヵ月は再発がないことを確認する
必要があります。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎(ひくらみじあせいひりんびょうせいにょうどうえん)

危険度(5段階):★★★★★

尿道とは膀胱から直接尿を排出する
管状の器官を指します。

この部位に炎症が生じた状態を
尿道炎と言います。

原因は細菌感染であり、
淋菌性非淋菌性に大別されます。

非淋菌性尿道炎は
さらにクラミジア性か否かで大別され、
非クラミジア性の尿道炎はマイコプラズマ、
ウレアプラズマや腟トリコモナスなどを
原因としています。

男性は尿道が長いので、
尿道炎膀胱炎とは独立した
疾病として考えられています。

女性の場合は尿道が短いため、
尿道炎が内部に波及し、
膀胱炎となることがあります。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の主な感染経路

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の
主な感染経路は性行為が原因であり、
通常の性行為にとどまりません。

いわゆる口唇粘膜の接触を伴う
オーラルセックスや、
その他の性交類似行為によっても伝播します。

性行為に至っていなくても、
男性女性共に口腔も伝達経路として
十分なりえます。

そのため、予防のためには
避妊具使用だけでは不足する
可能性もあります。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の概要・症状『男性の場合』

男性の場合、
非クラミジア性非淋菌性尿道炎の症状は
淋菌性尿道炎とは異なることが多いです。

淋菌性の場合には女性に比べて
男性に特に強い兆候が出る傾向があります。

排尿時に強い疼痛を伴い、
膿の排出や外尿道口の腫脹を
きたすことが典型例です

これに対し非クラミジア性非淋菌性尿道炎では
クラジミア性尿道炎と症状が似ており、
軽い掻痒感(そうようかん・
ムズムズしてかゆい)を覚える程度で
分泌液もさほどないことが多いです。

 男性の性病の中で最も多い 

男性の性病では最も多いのは
クラミジア性感染症です。

これは女性の傾向とも一致しています。

クラミジアは感染性が非常に高く
一回の性的接触で容易に感染し、
最近ではオーラルセックス経由による、
尿道のどの感染症状
受診する患者が増加しています。

しかも非クラミジア性非淋菌性尿道炎
クラミジア性の尿道炎
症状が類似しているので
症状だけでは診断が困難なことも多いです。

さらに最近では梅毒などの従来型の性病も
再流行の兆しを見せています。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎に限らず、
男性女性共に性病への意識を
高めるべき環境になりつつあると言えます。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の潜伏期間『男性の場合』

病原菌により潜伏期間が違うのは特徴です。

鑑別診断するうえでは
重要な指標になることもあります。

淋菌性尿道炎では性交渉後
1週間ほどで症状が出てきます。

感染力の強さに関連してか
性交渉後1週間程度で排尿時に痛みを伴い
膿も排出する症状が出ているときには、
淋病性尿道炎を疑う必要があります。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎では
クラミジア性どうかに関わらず、
感染から症状発症までの期間が
3週間程度経過することが多いのが特徴です。

症状発生までの時間的猶予があるため、
非クラミジア性非淋菌性尿道炎は、
より多くの相手にうつす危険があります。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の対処法・治療方法『男性の場合』

非クラミジア性非淋菌性尿道炎を含めて
淋菌性尿道炎は感染症であるため
抗菌薬の投与が治療の中心になります。

淋菌性尿道炎の場合は
内服薬の治療では効果が不十分な場合が多く
注射が必要です。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の治療は
クラミジア性とさほど違いません。

治療は内服薬投与で済むことが多いです。

非淋菌性非クラミジア性尿道炎は、
淋菌性、クラミジア性尿道炎と同様、
治癒確認まで4週間必要となります。

ケジラミ症

危険度(5段階):★★

ケジラミ症とはケジラミという
吸血昆虫による性行為感染症です。

シラミの仲間である
ケジラミが寄生することで
強いかゆみを覚えます。

ケジラミはヒトにのみ寄生し
ヒトの血液を栄養源にして成長します。

女性にも男性にも寄生します。

最終的にその血液は
ケジラミのフンとして排出されます。

成虫の大きさは1㎜から2㎜ほどなので
肉眼的に陰毛の毛根に
しがみついているときにはシミに見えます。

また、陰毛を移動しているときには
フケにしか見えず発見するのに苦労します。

成虫は陰毛の毛根にフック状の鈎爪で
身体を固定して皮膚から吸血します。

卵は陰毛に粘着しています。

ケジラミ症の主な感染経路

ケジラミはどんなに良い条件下であっても、
宿主を離れた場合の寿命は48時間以内と
言われています。

またケジラミは1日に
約10㎝程度しか移動することが
できないと言われています。

そのためケジラミ症の主な感染経路は
性行為による陰毛同士の接触です。

肛門周囲の毛わき毛
胸毛太ももの毛などに
寄生することもあります。

性行為以外にも毛布などの寝具や
タオルなどを介して感染する
間接的感染経路も考えられます。

間接的感染は特に密な接触がある
母子間での感染が多いという報告があります。

ケジラミ症の概要・症状『男女共通』

ケジラミ症の主な症状は激しいかゆみです。

これはケジラミへのアレルギー反応によって
引き起こされる男女共通で現れる症状です。

ケジラミ症に感染しても数が少ない
最初の方はかゆみがありません。

しかしケジラミが増えてくると
かゆみが出始めてきます。

軽いかゆみから始まり、
ケジラミの量が増えるのに従って
徐々にかゆみが強くなっていきます。

酷い場合には軽い痛みを伴うこともあります。

男性女性ともに
陰部の強い痒みを感じた場合は、
早めに病院へ行きましょう。

 湿疹の出ないかゆみが特徴 

ケジラミ症は
かゆみが出ることが特徴なのですが、
湿疹などの皮膚症状が出ないことも特徴です。

しかし、症状が悪化し
激しいかゆみが引き起こされ
掻きむしってしまうことで
皮膚に傷ができてしまい
湿疹が出てしまうこともあります。

かゆみの程度は
男性女性問わず個人差があります。

通常ケジラミ症は増えないと、
かゆくならないのが普通です。

しかし、実際の事例では、
数匹ケジラミがいるだけで
激しいかゆみを感じる方もいれば、
たくさんケジラミがいるのにも関わらず
全然かゆみを感じない方もいます。

もし、陰毛など該当箇所に
かゆみを感じることがあれば
ケジラミ症を疑ってみた方が良いです。

ケジラミ症の潜伏期間『男女共通』

ケジラミ症の潜伏期間は男女共通で
1日から30日、
長い場合は〜2ヶ月ほどです。

潜伏期間中には
毎日2個から3個ほどの卵を毛根近くに産み、
卵は約1週間ほどで孵化して
1週間から2週間で成虫になります。

ケジラミのメスは一生のうちに
200個ほどの卵を毛根の近くに
植え付けると言われており、
さらにケジラミは1ヶ月近く生き続けます。

そのため、治療を行わないまま
放置してしまうと
ケジラミが次々と増殖してしまい
症状が悪化しますので注意が必要です。

ケジラミ症の対処法・治療方法『男女共通』

ケジラミ症に感染した場合の治療方法も
男女共通です。

主に行われているのは
ケジラミが寄生している部分を
ケジラミ駆除効果のある
薬用シャンプーで洗浄して
ケジラミを駆除していく治療方法です。

シャンプーを三日に一回の頻度で、
3〜4回繰り返すことで、成虫はもちろん、
卵まで完全に取り除くことができます。

疥癬(かいせん)

出典:国立感染症研究所ホームページ

危険度(5段階):★★

疥癬とは疥癬虫とも呼ばれるヒゼンダニが
人間の皮膚表面の角質層から入り込み
寄生する病気です。

寄生されてから1,2か月と
結構長い期間を経て、
皮膚の柔らかい部分腹部
陰部などにブツブツができるのが特徴です。

ヒゼンダニは
0.3ー0.4mm程度の肉眼では
まず見ることのできないぐらい小さなダニで
感染したことに気付きにくく、いつの間にか
うつしてしまっているということもあります。

現在も感染力の非常に強いものとされており、
一度感染すると完治まで
長い期間が必要となりますが、
決して完治しないわけではありません。

疥癬の主な感染経路

疥癬の主な感染経路は、
皮膚から皮膚に感染するほか、
感染者の使用した衣服や
寝具などから感染することが多いです。

少し前までは性行為などの肌の触れ合う状況
疥癬にかかることがありましたが、
共同生活の場である高齢者施設や
医療機関などでは集団感染の原因としても
知られています。

基本的にはヒゼンダニは人の肌を離れると
比較的短時間で死滅しますが、
症状の重い患者などは、
皮膚の角質化が起こります。

この角質内にヒゼンダニが生息しており、
肌が触れていなくてもヒゼンダニを
媒介してしまうことがあります。

疥癬の概要・症状『男女共通』

症状は特に男性女性の
性別関係なく起こります。

男性特有なものとしては陰部に
しこりのようなものができる時があります。

主に雌のヒゼンダニが、
皮膚に疥癬トンネルと呼ばれる
角質内のトンネルを作り卵を産みます。

腹部や、陰部赤みかゆみをもたらし、
特に夜間帯にその症状が増大します。

抵抗力の弱い人の症状では
角化型疥癬とも呼ばれ、皮膚が分厚く硬くなり
かさぶたのようになる
症状が出てきます。

かゆみもある為、かきむしると、
剥がれた皮膚に寄生するヒゼンダニが飛散し、
より広がってしまうのです。

男性女性でも関係ありませんが、
同居している家族などは要注意です。

 感染率が高く性行為以外での感染が多い 

先述の通り、非常に強い感染力があり、
集団生活の場ではかなり広範囲に
疥癬が広がる可能性があります。

肌が直接触れ合う性行為以外にも、
衣服寝具などからも
感染する場合があります。

皮膚を離れると
ヒゼンダニは1日ほどで死滅しますが、
存命中に新たな皮膚を見つけると
再び寄生を始めます。

疥癬の潜伏期間『男女共通』

男性女性問わず、疥癬の潜伏期間は
1,2か月ほどとされています。

これは皮膚にヒゼンダニが寄生してから
疥癬トンネルを作り卵を産み
孵化させるサイクルからくるものです。

寄生した箇所によって赤み湿疹のほか、
数ミリのミミズ線のようなもの
確認できるようになります。

実際にはある日突然
かゆみ赤みが発生するというよりは、
あまり気にしていなかったかゆみ赤み
いつの間にか体に多く確認でき、
気が付くと症状が広がり、
悪化していたということになります。

発見が遅れることも
疥癬拡大の原因の一つでしょう。

疥癬の対処法・治療方法『男女共通』

対処法としてはまず、
市販の皮膚薬などは使用せず、
皮膚科を受診する形になります。

皮膚の角質などを確認してもらい、
ヒゼンダニの卵死骸
疥癬トンネルなどが確認できれば、
そこで疥癬と診断され、
内服薬外用薬にて治療が始まります。

具体的には硫黄系外用薬などの塗布を
しばらくの間使用しながら
内服にて症状の緩和を図ります。

これは男性女性共通の治療です。

また、拡大を防ぐには、衣類寝具一式を
60℃以上の熱で煮沸消毒する必要があります。

そのほかの予防としては
皮膚接触衣類に気を付けるなどが必要です。

治療は簡単ではありませんが
疑わしきは即病院拡大予防が鉄則です。

軟性下疳(なんせいげかん)

危険度(5段階):★★★

軟性下疳とは、男性女性ともに
性器に豆粒のようなイボができ、
それが潰れると潰瘍になって
強い痛みを感じるようになる病気です。

東南アジアアフリカ
南米地域に多く発生しています。

日本は戦後に一度流行したものの、
それ以降は患者数が激減し、
現在は日本で軟性下疳に
うつる事はないと言われています。

アナルオーラル等も含む
セックス全般で感染し、
梅毒と一緒に併発したり
HIVのリスクも上げると言われています。

もし症状が出た場合の治療には
抗生物質が効果的で、
予防にはコンドームの使用が有効です。

軟性下疳の主な感染経路

軟性下疳は、軟性下疳菌である
ヘモフィルス・デュクレイという細菌が
原因となります。

潰瘍など症状が出ている箇所に触れる事で
感染が広がるため、通常のセックスや
アナルセックス、オーラルセックスなどの
性行為全般で感染のリスクがあります。

また、もし相手が口腔内に
軟性下疳菌を保有していると、
ディープキスでも病気を貰う可能性があります。

国内で、しかもパートナー同士でのセックスで
感染する事はほとんど無いですが、
東南アジアアフリカなどの地域で、
無防備なセックスをする事によって
感染の可能性が出てきます。

軟性下疳の概要・症状『男性の場合』

軟性下疳の症状は、男性女性
性器に症状が出てきます。

男性の場合は陰茎のカリや亀頭の周辺
女性は外陰部に米粒か豆粒ぐらいの
ちいさなコブが現れます。

このコブは次第に黄色くなり、
潰れると潰瘍となって出血します。

潰瘍は強い痛みを伴いますが、
放置していても数週間で
治癒する事もあります。

また、中には太ももの付け根にある
リンパが腫れてしまい、
炎症を起こして皮膚が破れ、
最終的に膿が出てくることもあります。

オーラルセックスディープキス
口腔内に感染する事もありますが、
その場合は口腔内に小さな潰瘍ができます。

 HIVに感染しやすくなるため要注意 

軟性下疳は国内での患者がほとんどおらず、
また放置していても
自然に消失する可能性もあるため、
あまり重篤な病気と認識されていません。

ただ、軟性下疳によって発生する潰瘍に
HIVウイルスが侵入しやすいため
HIVリスクを増加させると言われています。

また既にHIVウイルスを保有している人が、
軟性下疳に感染すると回復が遅れ、
さらなる治療が必要になります。

軟性下疳になった場合は、
HIV感染の可能性あり
という事を頭に入れておきましょう。

常にコンドームを使用して
予防を意識する事が大切です。

軟性下疳の潜伏期間『男女共通』

軟性下疳の潜伏期間は、
通常2~7日です。

感染すると数日で発症するので、
梅毒などのように発見が
遅れる事はありません。

性病といえば、潜伏期間が長かったり、
潜伏期間の間は全く症状が
出ない場合も多いです。

しかし、軟性下疳に関しては、
潜伏期間が短い上に、
患部に激しい痛みを伴うため、
この期間にパートナーと
セックスをして相手に病気を
うつしてしまう可能性は
少ないと言えます。

ただし女性の場合は、
排尿や性交時に痛みを感じる場合は
あるものの、全般的に男性よりも
症状が軽いと言われているため
注意は必要です。

軟性下疳の対処法・治療方法『男女共通』

軟性下疳の症状は見た目に特徴があり、
視診触診のみでも診断がつきます。

もし軟性下疳と診断された場合は、
マクロライド系・ニューキノロン系・
セフェム系などの抗生物質を服用
または注射して治療を行います。

これらの薬には特に重篤な副作用は
報告されていませんが、
胃痛下痢など消化器系の
副作用が起こる事があります。

また潰瘍には軟膏を塗布し、
太もものつけ根のリンパ節に
膿が溜まっている時は、
切開して膿を排出する治療が行われます。

投薬した薬が効果的であれば
1週間ほどで改善しますが、
症状が改善されない場合は、
薬を変えて治療していきます。

 軟性下疳の予防方法 

軟性下疳の予防方法としては、
男性女性ともにコンドームを
使用する事が大前提です。

安全なセックスをする事で、
軟性下疳を含めた様々な性病の
予防が出来るのです。

特に最近はグローバル化が進んでおり、
外国の方との交流が活発になってきました。

国内では患者がほとんどいないと言っても、
今後は増えてくる可能性もあります。

もし自分が軟性下疳になった場合は、
パートナーとともに
検査を受けることが大事です。

診察が受けられない場合は、数日間様子を見て
パートナーに症状がないか確認してください。

相手に気を配ることで、
感染者拡大の予防につながります。

A型肝炎(えーがたかんえん)

出典:国立感染症研究所ホームページ

危険度(5段階):★★★

A型肝炎は、
A型肝炎ウイルス(HAV)に
感染することで発症する病気の一つです。

肝炎というのはウイルスによって
肝臓の働きが悪くなる病気です。

主に5種類の肝炎ウイルスがあり、
中でもA型肝炎は特別な治療法がなく、
男性女性ともに同じくらいの
比率で発症します。

A型肝炎は、特に抗体を持っていない
60代以下の若い世代に多いとされています。

B型C型などと比較するとA型肝炎は
ウイルスキャリアが起こらず、
一時的な感染で済むことが特徴です。

また年間100~300人と
比較的患者数が少ないことからも、
認知度が低いとされています。

A型肝炎の主な感染経路

では、A型肝炎は
どのように感染するのでしょうか。

主な感染経路は、感染した人の便です。

汚染された水野菜果物などから
口に入ることで感染するとされています。

A型肝炎ウイルスを殺菌する場合には
85.1度以上の加熱処理
塩素処理が必要となり、ウイルスは
アルコールには強いのが特徴です。

近年、A型肝炎ウイルスにかかるのは
海外の渡航履歴のある人がほとんどであり、
衛生管理が徹底していない国で
もらってくることが多いようです。

男性と女性の場合、感染者との性行為において
お互いにうつしあったりすることも
ありますので、海外に渡航した人は
特に気を付けるようにしましょう。

A型肝炎の概要・症状『男女共通』

男性女性共通して、ウイルスに感染して
2~4週間ほどすると、始めは重い風邪に似た
症状が出るとされています。

38度以上の急な発熱倦怠感
食欲不振などの症状が出て腹痛下痢
吐き気嘔吐などが症状としてあります。

また他にも、
数日すると肝臓の働きが悪くなることで
黄疸の症状が出て、子供よりも大人の方が
重症化することがあります。

ただ、おとなしく安静に過ごしていれば
2~3か月で自然に完治することもあります。

B型肝炎などのように
ウイルスキャリアを起こさないので
一時的に発症してウイルスの増殖が治まれば
自然に治ることが多いようです。

 慢性化はしないが、まれに劇症化することも 

特別な治療法がないため、
完全に症状が落ち着くまでに
3ヶ月以上かかることもありますが、
基本的には慢性化しないのが一般的です。

ただ、稀に劇症化することもあります。

たとえば全身の臓器障害や肝性脳炎を起こす
劇症肝炎などに発展することがあります。

症状は、急性肝炎に似た
重い風邪の症状ではじまるのが特徴です。

通常の症状よりも黄疸が強く出て
長引いているのが重篤化になっている
見極めポイントです。

黄疸が長引いて強く出ている場合には
放置せずに医療機関に受診しましょう。

A型肝炎の潜伏期間『男女共通』

A型肝炎の主な潜伏期間は
男性、女性ともに約2~4週間です。

気づかないまま感染者が
パートナーと性行為を行うことで
相手にうつしてしまうこともありますので
注意が必要です。

A型肝炎の検査は、
血液検査で「IgM抗体」という
抗体が確認されれば確定となり、
症状が落ち着いてもウイルスの排出は
しばらく続きますので
性行為は控えてください。

また、一度A型肝炎になって完治すると
体に抗体ができますので
再発することは少ない病気です。

A型肝炎の対処法・治療方法『男女共通』

対処法や治療法は男女共通です。

A型肝炎ウイルスの特別な治療薬
対処法はないため、急性期には
原則として入院して症状に応じ治療を行います。

食欲がない場合には点滴などをして
栄養を補うこともあります。

A型肝炎を発症してから
完全に完治するまでには
3ヶ月以上かかることもあります。

※稀ですが重篤化してしまうと
4ヶ月以上治療を要することもあります。

また、症状が落ち着いても
ウイルスの排出が続きます。

治療中に一般トイレ性行為などを行って
他人にうつすことの無いよう注意しましょう。

B型肝炎(びーがたかんえん)

危険度(5段階):★★★★★

B型肝炎とはB型肝炎ウイルス(HBV)が
血液体液を介して、
肝臓の機能低下などの症状を
発症する病気です。

B型肝炎ウイルスは長く肝臓に住みついて
肝細胞を壊して肝機能が衰えてくることで、
肝硬変肝臓ガンをおこし
死に至ることもあります。

B型肝炎には

  • 急性(一過性)
  • 慢性(持続性)感染

上記2つがあります。

 急性 

成人のB型肝炎はほとんどの場合、一過性

 慢性 

乳幼児の時にウイルスを
異物と判断できないため、抗体ができずに
体内に存在し続け感染するB型肝炎

慢性の場合は、キャリアの状態で
発症しないケースもあります。

B型肝炎の主な感染経路

B型肝炎の感染経路は
母親から子供への垂直感染と、
それ以外による水平感染があります。

B型肝炎ウイルスを保有している母親から、
出産時に血液を介して
子供にうつることがあります。

その子供は無症性キャリアになり、
B型肝炎を発症するとは限りません。

現在母子感染防止策により、
ほとんどなくなって安全になっています。

水平感染の経路は
予防接種などの注射器の使いまわし
輸血や臓器移植などでおこることがあります。

その他性交渉ピアス入れ墨の器具の
共用にも注意が必要です。

B型肝炎の概要・症状『男女共通』

一般の成人がB型肝炎の急性(一過性)を
発症した場合の症状は、男性女性共通で
初期は風邪によく似ています。

全身の倦怠感発熱
食欲不振嘔吐などがおこり、
その内黄疸(オウダン)があらわれ茶褐色の尿
白っぽい便がでることもあります。

さらに皮膚のかゆみ
あらわれる場合もあります。

基本的に完治しますが、
ウイルスの種類により
慢性化することもあります。

また希に劇症肝炎という重い症状は、
致命的になることもあります。

母子感染のキャリアの方は
思春期~30歳までに
発症することもありますが、
多くは慢性化もしくは無症状のまま
発症しない方もいます。

 慢性化する欧米型ウイルスには要注意 

成人して発症するB型肝炎(急性)は
性交渉の場合が多く、
ほとんどが慢性化することは
ないといわれていました。

しかし最近慢性化しやすい
欧米型のB型肝炎が急増しています。

従来のB型肝炎の慢性化は
1%程度といわれていましたが、 欧米型は10%とかなり多くなっています。

日本人の間で欧米型ウイルスが定着して
感染がかなり広がっていますが、
とくに都市部で発症する頻度が高く新宿
横浜では50%を超える地域が
報告されています。

慢性化したB型肝炎は
症状が自覚しにくいため、
肝硬変肝臓ガン
症状の進む方もいらっしゃいます。

B型肝炎の潜伏期間『男女共通』

B型肝炎は潜伏期間を経て
発症する可能性があります。

潜伏期間は男性女性共通で
通常3週間から2ヶ月といわれていますが、
個人差ウイルスの量でも変わってくるため、
最短30日、最長で180日ぐらいになります。

潜伏期間中でも感染力は非常に高いため、
男性女性ともに注意が必要です。

潜伏期間中は検査しても陰性の場合が多く、
正確な結果がでにくい可能性があります。

男性女性共通で
抗原検査が性交渉の2ヶ月後で、
PCR検査は性交渉の34日後となっています。

B型肝炎の対処法・治療方法『男女共通』

B型肝炎(急性)の治療は、
一般的に抗ウイルス療法は必要ありません。

食欲低下など栄養補給として点滴をしますが、
無治療で経過観察になります。

劇症の場合は命にかかわるため
以下が必要です。

  • 抗ウイルス療法
  • 血液を浄化する血しょうの交換
  • 血液透析など

抗ウイルス療法としては、
下記の2つがあります。

  • インターフェロンの治療
  • 核酸アナログ製剤を用いた治療

B型肝炎(慢性)は抗ウイルス剤を用いても、
現在の治療薬では
完全排除することができません。

C型肝炎(しーがたかんえん)

危険度(5段階):★★★★★

C型肝炎とは、
ウィルス(HCV)による急性の肝障害です。

このC型肝炎ウィルスが血を介して
肝臓に至り、そこで急激に増殖します。

その後リンパ球などの免疫細胞が
肝臓に炎症、つまり肝炎を
起こしてしまいます。

C型肝炎ウィルスは変異しやすく、
免疫システムをすり抜けて
ウィルスが慢性化します。

そうなると20〜30年後に肝硬変
肝臓がんになる確率が高くなりますので
注意が必要です。

しかしC型肝炎そのものは
重症化することはあまりありません。

自分では感染したと気づきにくい病気で
症状が分かりにくいという特徴があります。

C型肝炎の主な感染経路

C型肝炎は感染している人の
血液を介して感染します。

たとえば覚醒剤など麻薬の回し打ちや、
消毒が十分になされていない針を介して
感染する恐れがあります。

またピアスなど不衛生な針を
使うことによっても感染します。

現在では少なくなっているものの
感染している人の血液による輸血や
臓器移植によっても感染する可能性があります。

空気によって感染することはありません。
血に触れることが原因となりますので、
そのような状況を避けることが必要です。

母子の間、また生理中の性行為なども
あまり多くはありませんが
感染の危険性があります。

C型肝炎の概要・症状『男女共通』

C型肝炎は症状が出にくく、
進行しているのが分かりにくいのが特徴です。

主な症状は以下の通りです。

  • 体のだるさ
  • 疲れやすく倦怠感がある
  • 食欲がなくなる
  • 嘔吐

比較的症状が軽いため、
ただの疲れだと勘違いしやすく、
自分で気づきにくいこともあり
健康診断の時に見つかることが多いです。

C型肝炎は慢性化しやすい病気ですが、
急性の肝炎でも自覚症状が現れるケースは低く、
20〜30パーセントだと言われています。

肝硬変肝臓がんに至っても
自分では気づかないこともありますので、
定期的に血液検査することが必要でしょう。

 性行為での感染率は低いが生理中の性行為には注意 

性行為中にC型肝炎ウィルスが
移る確率は低いですが、
生理中には注意が必要です。

また体のどこかに出血のある傷があるなども
気をつけないといけません。

男性も女性もこの点で
お互いに気をつけましょう。

コンドームに破損などある場合には
当然感染の確率が高くなります。

性行為中に破れてしまう場合もありますので、
血を介して移る病気だという認識をもち、
生理中の性行為はできるだけ
控えるようにしましょう。

そのようにすることで
予防につなげることができますし、
お互いの体を大切にすることが
できるでしょう。

C型肝炎の潜伏期間『男女共通』

C型肝炎の潜伏期間は
人によって異なりますが、
男性も女性も
2週間から半年後に発症します。

症状が現れても気づきにくく、
発症後には70〜80パーセントの人が慢性化し、
そのうちの60〜70パーセントの人が
肝臓に関わる慢性疾患に苦しんでいます。

更に、その20パーセントが肝硬変に移行し、
5パーセントが肝硬変や
肝臓がんになって死亡しています。

肝臓がんの患者の60パーセントは、
C型肝炎が原因になっています。

一度かかってしまうと長期にわたって
付き合っていかないといけない病気なので、
予防することや早期に発見することが大切です。

C型肝炎の対処法・治療方法『男女共通』

C型肝炎には様々なタイプの型があり、
治療のアプローチの仕方も異なってきます。

そのため病気に対処する前に
それぞれの患者にあった仕方で
どのように治療していくか、
医師の診断検査が必要です。

C型肝炎を治療するためには
インターフェロンリバビリンを併用する
抗ウィルス剤が用いられます。

しかし患者がどのタイプに属するかによって、
抗ウィルス剤の効き目も異なってきます。

また薬の投与を受けるからといって
完治する患者は男性も女性も
多くはありません。

今後科学技術がさらに進歩することによって
C型肝炎の治療により効果的な抗ウィルス剤が
開発されるかもしれません。

赤痢アメーバ症(せきりあめーばしょう)

出典:国立感染症研究所ホームページ

危険度(5段階):★★★★

赤痢アメーバ症とは、
赤痢アメーバという原虫が
感染して起こる病気です。

世界でみると、
約5,000万人の感染者がおり、
死亡者数は毎年4~7万人とも言われています。

どちらかと言えば発展途上の不衛生な地域に
患者が多い病気で、
日本で赤痢アメーバ症が発生する事が
稀と言われていました。

しかし近年は男性同性愛者の増加に伴い、
赤痢アメーバ症の患者も増加傾向にあります。

男性女性ともに
大腸炎肝膿瘍などの症状が現れるのですが、
糞便には触らないリミングなどの性行為を
避けるなどが予防になります。

赤痢アメーバ症の主な感染経路

赤痢アメーバ症の感染経路は、
赤痢アメーバという原虫が
人の糞便中に排出され、
それに汚染された飲食物などが口に入ること

肛門を使った性行為が挙げられます。

日本は衛生状態が良いため、
食べ物からうつる事はあまりなく、
ほとんどが男性の同性愛者間で
感染しています。

男性の同性愛者に患者数が多いのは、
肛門で舐めるリミングという行為や
アナルセックスが行われるからです。

赤痢アメーバ症は肛門からというのが
基本的な感染経路で最もリスクが高く、
風俗店などで行われるアナルへの
サービスには注意が必要です。

赤痢アメーバ症の概要・症状『男女共通』

赤痢アメーバ症は感染者の10%前後の人に
症状が出ると言われています。

男性女性ともに同じような症状なのですが、
具体的には赤痢アメーバ性大腸炎
赤痢アメーバ性肝膿瘍になります。

赤痢アメーバ性大腸炎とは下痢や、
見た目がイチゴゼリーのような粘血便
何度も便意をもよおす
排便時の下腹部痛などが現れます。

また赤痢アメーバ性肝膿瘍とは
肝臓の一部に炎症が起こり、
その組織内に膿が溜まる病気です。

38℃以上の発熱や上腹部痛、寝汗、
吐き気、嘔吐、体重減少などが出てきます。

 男性は風俗店で受けるサービスに注意 

赤痢アメーバ症で最も危ない行為は、
アナルを舐めるリミングです。

この行為は男性同士、
男女間のセックスで行われます。

女性が客のアナルを舐めるというサービスは
風俗店でよく行われているため、
風俗で働く女性はリスクが高いと言えます。

もちろん男性が風俗嬢のアナルを舐める事も
同様にリスクがあります。

赤痢アメーバ症に感染している男性客に
リミングのサービスを行った風俗嬢と
キスをするのも危険性を伴います。

また風俗では、赤痢アメーバ症だけではなく、
梅毒HIVなど他の性病との
複合感染も少なくありません。

赤痢アメーバ症の潜伏期間『男女共通』

赤痢アメーバ症の潜伏期間ですが、
これには個人差があります。

食物、またはリミングなどの性行為によって
赤痢アメーバが体内に入り込んでから、
早い人なら数日、遅い人なら4か月、
平均すると2~4週間後に
症状が出てくる人が多いです。

ただし全員がハッキリと
わかる症状が出る訳ではなく、
感染しても何も症状が出ない人もいます。

一方で、病巣が体中に広がって
死に至る人もいる怖い病気でもあります。

症状が出ない人の場合も、
腸の中に赤痢アメーバが住み着いて、
その人の出す便が感染源となる
可能性もあります。

赤痢アメーバ症の対処法・治療方法『男女共通』

赤痢アメーバ症は、糞便検査大腸内視鏡
血液検査などによって診断されます。

治療は二トロイミダゾール系製剤の
メトロニダゾールを服用して
治療するのが一般的です。

服用期間は7~10日間です。

治療後に2~3ヶ月以上様子を見て、
症状の再発が無く、また
糞便中に原虫が見つからなければ
完治している事になります。

症状が出て治療しなければ、
稀に死に至ることもあります。

ただ、すぐに治療を開始すれば、
日本での死亡率は1%以下と
滅多に死亡する人はいません。

 <逆引きショートカット> 

⇒ 性病の種類と特徴
⇒ 性病の検査のメリット/デメリット
⇒ 性病のセルフチェック方法
⇒ 性病検査の比較表

 赤痢アメーバ症の予防方法 

赤痢アメーバ症は
まだ予防ワクチンなどがありません。

日本ではまだ患者数が少ないですが、
誰でもなりうる病気なので、
日ごろから予防方法を
頭に入れておく事が大切です。

赤痢アメーバ症の具体的な予防方法としては、
まず糞便に接触する事は避ける
海外に行った場合は食べ物や水に注意する

そしてセックスの際には
肛門への直接的な接触を
控えることが感染リスクを下げます。

コンドームを工夫して使うようにし、
リミングアナルセックス
よく行うカップルは、
パートナーも一緒に検査を受けることが
予防へとつながります。

細菌性腟症(さいきんせいちつしょう)

危険度(5段階):★★★

細菌性腟症とは、
外陰部子宮をつなぐ膣内
細菌が増殖して炎症を起こす病気です。

外から侵入してきた菌が原因で
起こる性感染症とは違い、
普段から膣内に生息している
常在菌が原因で起こり、
別名「非特異性膣炎」とも呼ばれています。

細菌性腟症を発症すると、
おりものに異臭があるといった症状が現れ、
交際している男性から性感染症の疑いを
かけられる事があります。

細菌性腟症は知らない間に
自然治癒する事もありますが、
腫れかゆみ痛みなどの自覚症状が
現れにくいため、
治療しなければ長く症状が続き、
何度も再発してしまうケースもあります。

細菌性腟症の主な感染経路

細菌性腟症は男性とのセックスなどで
感染する病気ではありません。

通常は膣の中は乳酸菌によって
強い酸性に保たれているのですが、
疲労体力の低下膣洗浄のし過ぎ
乳酸菌による自浄作用が弱まり、
様々な菌が膣の中で繁殖する事で
細菌性膣炎になります。

細菌性腟症の原因となる細菌は
男性から感染する事は少なく、
また細菌性膣炎の女性から
男性に感染する事も少ないです。

膣に元々存在する常在菌が、
膣のバランスが崩れた事で増殖して起こる症状なので、
女性なら誰もが起こりうる可能性はあります。

細菌性腟症の概要・症状『女性の場合』

細菌性腟症は女性だけの病気です。

実は罹った半数以上の女性は無症状で
自覚症状がないため、
細菌性腟症とは気づかない人もいます。

もし症状が出る場合、最も代表的なものが
おりものの変化です。

灰色っぽいおりもの
水っぽいおりものになったり、
魚が腐ったような生臭いおりものが特徴的です

特にセックスの後に臭いが
強くなる事が多いので、
パートナーの男性から
指摘される事もあります。

腟内の炎症が強い場合は、
排尿時に痛みが生じたり
尿道周辺に違和感を感じることがあります。

また腟の入り口付近で
痒みが出る場合もあります。

 無症状でも流産や早産の原因に 

多くの女性が細菌性腟症を罹っていると
気づいていないため、何も治療する事なく
過ごしてしまう人も多いです。

ただ細菌性腟症を放置したまま妊娠すると、
絨毛膜羊膜炎を起こしてしまう事があります。

これは細菌性膣炎の原因になる
菌が子宮内へ侵入し、
赤ちゃんを守っている胎盤羊水などに炎症を
起こしてしまう病気です。

そうなると、
お腹が張ったり破水を引き起こし、
結果的に早産や流産を招く
危険性もあるのです。

妊婦さんの30%が
細菌性膣症を発症しているという
報告もありますが、
妊娠20週までに治療すれば
早産のリスクを減らせると言われています。

細菌性腟症の潜伏期間『女性の場合』

クラミジアトリコモナスなど、
いわゆる性感染症には
潜伏期間というものがあります。

ただ細菌性腟症の場合は、
外から侵入してきた菌ではなく、
膣内に生息している常在菌が原因なので、
潜伏期間は不明です。

細菌性腟症は疲れストレス
溜まっている時に
発症する事が多いのですが、
特に顕著なのが妊娠中です。

妊娠することで
ホルモンバランスが変化したり
睡眠不足や疲れが溜まって
免疫が低下する事が原因です。

さらに妊娠中は、
膣内を酸性に保つ自浄作用が弱まるため、
外からの雑菌が侵入しやすい状態になるので
きちんと予防する事が大切です。

細菌性腟症の対処法・治療方法『女性の場合』

おりものの様子が違う
悪臭が漂うなどの違和感を感じた場合は、
すぐに産婦人科を受診する事が大切です。

病院の検査では、膣内のおりものを採取し、
細菌を確認する顕微鏡検査や
膣内細菌を培養して原因菌を調べます。

治療では、まず増えた細菌を洗い流して
症状を抑える膣洗浄が行われます。

膣錠を1週間から10日ほど投与します。

もし膣に痒みなどがある場合には、
軟膏クリームを使う事もあります。

細菌性腟症はきちんと治療を受ければ
1週間以内に完治出来ます。

しかし、中途半端に薬の投与を
止めてしまうと再発の危険性が高まります。

 <逆引きショートカット> 

⇒ 性病の種類と特徴
⇒ 性病の検査のメリット/デメリット
⇒ 性病のセルフチェック方法
⇒ 性病検査の比較表

伝染性単核球症((でんせんせいたんかくきゅうしょう・キス病)

危険度(5段階):★★★

伝染性単核球症は
ウイルス感染によって発症する病気です。

EBウイルス
(エプスタイン・バール・ウイルス)
サイトメガロウイルス
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)などが
原因となります。

EBウイルスはヘルペスウイルスの一種で、
一度感染すると体内に一生潜伏し、
伝染性単核球症以外の病気を
起こす場合もあります。

EBウイルスは思春期以前に感染すると、
ほとんど症状が現れないことが多く、
現れても大部分は自然に
治ってしまうと言われています。

大人になってから初めて感染したとき、
重い症状を引き起こす可能性があります。

伝染性単核球症(キス病)の主な感染経路

EBウイルスは
感染者の唾液の中に生息しているため、
伝染性単核球症は唾液を通して
伝染するのが一般的です。

唾液の交換を伴うディープキスで
感染することが多いことから、
アメリカではキス病とも呼ばれています。

また飲み物を回し飲みしたり
食べ物を口移しで与えたり
同じスプーンを使ったりすることで
伝染性単核球症になる場合もあります。

基本的に感染者の唾液に触れなければ
伝染することはありませんが、
EBウイルス以外のウイルスが
原因となっている伝染性単核球症は、
まれに輸血などから
感染するケースが見られます。

伝染性単核球症(キス病)の概要・症状『男女共通』

伝染性単核球症の症状は男性も女性も同じで、
まず喉の痛みリンパ節の腫れ
頭痛倦怠感食欲不振などが現れます。

また湿疹鼻づまりなどが
見られることもあります。

さらに38℃以上の発熱が続き、
症状がひどくなると肝臓脾臓が肥大して、
肝機能が低下したり
脾臓が破裂したりすることもあります。

多くの場合は1~2週間で
自然に症状が引いていきますが、
長引く場合には注意してください。

またウイルスが体内に残っているため、
症状が一度は収まっても、
体力が低下したとき
再発する可能性があります。

 20代の日本人は90%以上が抗体を持っている 

日本人の70%程度は、2~3歳までに
伝染性単核球症に感染すると言われています。

これは離乳食などで、
口移しに食べ物を与える機会が
多いためと考えられます。

これに対してアメリカでは、
幼児期に感染する人は
20%程度とされており、
キス病の名前の由来になっています。

男性と女性とを問わず、
20代の日本人の90%以上は
抗体を持っているため、
ウイルスが体内に入ってきても
重い症状は現れないのが普通です。

抗体を持っていない場合でも、
実際に伝染性単核球症を発病するのは
50%程度と言われています。

伝染性単核球症(キス病)の潜伏期間『男女共通』

伝染性単核球症の潜伏期間は
30~40日とされており、
他の性病よりも長いのが特徴です。

そのため男性も女性も、原因となる行為が
特定しにくいかもしれません。

主な症状も風邪扁桃炎に似ていて、
自分では性病とは分からないうちに、
相手に伝染させてしまうケースが
少なくありません。

症状が出ていない状態では
検査しても診断できませんが、
重い体調不良が続く場合は
医療機関を受診する必要があります。

伝染性単核球症は
肝炎や悪性リンパ腫と区別するため、
EBウイルスの検出血清診断などで
診断を行ないます。

伝染性単核球症(キス病)の対処法・治療方法『男女共通』

伝染性単核球症の
原因となるEBウイルスには
有効な治療薬がないため、
男性も女性も安静対症療法
基本的な治療法になります。

特に腹部には圧力や衝撃を与えないよう
注意する必要があります。

重症の場合はステロイド剤を投与したり
血漿交換療法で
治療したりすることもあります。

EBウイルス以外が原因であれば、
抗ウイルス薬で治療できる可能性があります。

安静にしていれば、伝染性単核球症は数週間で
自然治癒するとされています。

伝染性単核球症(キス病)の予防方法

伝染性単核球症は性病の一種とはいえ、
唾液が原因なので男性も女性も
コンドームでは予防できません。

どうしても予防したい場合は、
キスを含めて唾液に触れないようにする
必要があります。

しかし日本人の9割以上が
抗体を持っているので、
それほど予防に気を遣う必要は
ないとも考えられます。

幼児の場合は口移しで食べ物を与えない等の
予防策も考えられますが、
伝染性単核球症は幼いうちに
かかったほうが重症化せずに済みます。

予防のためパートナーに検査を求めることは、
ほとんど無意味とも言えるでしょう。

サイトメガロウイルス感染症

危険度(5段階):★★★

サイトメガロウイルス感染症とは
サイトメガロウイルスと呼ばれる
ヘルペスウイルス科、
ベータヘルペスウイルス亜科に
属するウイルスが原因となる感染症です。

ウイルスと聞くと
怖い印象を抱きがちですが、
実はこのウイルスは
世界中にみられるウイルスで、
ごくありふれたウイルスのため
危険性はとても低いと言えます。

また、男性女性関係なく
かかることがあるとされており、
実は日本人の成人の60〜80%が体内に
このウイルスを保持していると
言われています。

ただ、注意点があり
妊娠中の方が感染した場合、
胎児に重篤な症状がでる可能性が
極めて高い感染症です。

サイトメガロウイルス感染症の主な感染経路

サイトメガロウイルス感染症の
主な感染経路は接触感染です。

尿や唾液以外にも
ありとあらゆる体液を介するウイルスです。

粘液、精液に含まれるためパートナーとの
キスやセックスによって
知らない間にウイルスが
体内に入っていることもあります。

また、母乳や子宮頸管、
膣分泌液にも含まれるため
妊娠中の女性が
サイトメガロウイルス感染症になった場合、
お腹の中にいる胎児も
その影響を受けてしまいます。

サイトメガロウイルス感染症の概要・症状『男女共通』

サイトメガロウイルス感染症の主な症状は、
特にありません。

実はサイトメガロウイルス感染症は
健康的な人が感染した場合は 自覚症状が出ることがまずありません。

そのため、男性も女性もほとんどの人が
知らない間に感染していることが多く
自覚している方がほとんどいないのです。

免疫力が落ちている高齢の方や
小さなお子さんの場合は、まれに熱が出たり
体調不良になることもあります。

しかしそれは一時的なものであり
重篤な症状になったりすることは
全くありません。

そのため、
大人はサイトメガロウイルス感染症を
恐れる必要はないと言えます。

 再感染はしないが再発はする 

サイトメガロウイルス感染症は
一度経験すると体内に
ウイルスを保持することになります。

通常、自覚症状はないですし、
特別悪さをすることはなく
息を潜めていることがほとんどです。

しかし、体力が落ちてきたり、
体調を崩したり、免疫力が弱ったときなどは
サイトメガロウイルスが再活性化して
サイトメガロウイルス感染症が
再発することがあります。

サイトメガロウイルス感染症の潜伏期間『男女共通』

サイトメガロウイルスは
潜伏期間がとても長いという特徴があります。

その潜伏期間はだいたい20日から
60日と言われています。

ただ先ほども述べた通り体が健康な場合は、
サイトメガロウイルスの動きを免疫力で
抑え続けることができますので
ウイルスが潜伏している間に
体が抗体を作ることができます。

そのため、
これだけ長い潜伏期間があったとしても、
ほとんどの場合は感染に
気づくことがないですし
症状がでることもなく、
自然と治っていきます。

また、仮に症状があり病院に行っても
検査が行われることはほとんどありません。

サイトメガロウイルス感染症の対処法・治療方法『男女共通』

病院で検査が行われることは
ほとんどないと言いましたが、乳幼児や
妊娠中の方の場合は違います。

先ほども述べたように
サイトメガロウイルス感染症は母子感染が
1番危険だとされています。

そのため、
対象となる方には治療が行われます。

サイトメガロウイルス感染症の主な治療法は
投薬による治療です。

治療に用いられる薬には以下の
抗ウイルス薬、抗サイトメガロウイルス
があります。

  • ガンシクロビル
  • フォスカーネット
  • シドフォビル
  • アシクロビル
  • バラシクロビル

サイトメガロウイルス感染症の
疑いがある妊娠中の女性
そのパートナーとなる男性
必ず治療するようにしましょう。

成人T細胞白血病(せいじんてぃーさいぼうはっけつびょう)

出典:国立感染症研究所ホームページ

危険度(5段階):★★★★★

成人T細胞白血病は、
ヒトT細胞白血病ウィルス1型に感染した人が
成人になってから発症する白血病です。

成人になってから
ヒトT細胞白血病ウィルスに感染しても、
ほとんど白血病になることはありません。

この成人T細胞白血病は
免疫機能に問題をおこし、
T細胞に感染してガン化すると
様々な病気にもかかりやすくなります。

成人T細胞白血病になっても
発症しない人をキャリアといって、
全国で約100万人以上もいます。

とくに沖縄、鹿児島、宮崎、長崎など
西日本にキャリアが多い特徴があります。

しかし発症率はわずか1~5%ほどです。

成人T細胞白血病の主な感染経路

成人T細胞白血病の感染経路は
主に4つのケースがあります。

  • 出産時に母親から新生児にうつるケース
  • 日本で多い、授乳時に母乳によってうつるケース
    (現在では妊婦検診で成人T細胞白血病の抗体検査をおこなうことで、予防効果がでています)
  • 輸血、臓器移植、注射によってうつるケース
    (日本ではスクリーニング検査が導入されているため輸血による感染はありません)
  • 性交渉(ほとんどが男性から女性への感染です)

以上のような母乳、血液、精液に含まれる
感染リンパ球と直接接触することで
感染します。

成人T細胞白血病の概要・症状『男女共通』

主な症状は血液中だけでなく
リンパ節で増殖するため、頸部わきの下
足の付け根のリンパ節が腫れてきます。

さらに細胞、ウィルスに対する
免疫力の低下により、
肺炎などをおこしやすくなります。

悪性化したリンパ球が皮膚に広がって、
湿疹などの皮膚症状があらわれます。

全身性では脾臓肝臓
消化管中枢神経にもおよびます。

また成人白血病細胞の影響で
血液中のカルシウム値が高くなり、
高カルシウム血症の喉の渇き
多尿意識障害などの
症状があらわれます。

病型により急性型リンパ腫型
慢性型くすぶり型があり、
それぞれで症状が異なってきます。

 性行為による感染は男性から女性のみ 

成人T細胞白血病は母子以外では
性交渉による場合が多く、
年間3000~4000人ほどいることが
調査によってあきらかになっています。

性交渉では原因になるものが
精子中のウィルスであるため、
男性から女性にうつる以外はほぼありません。

しかし成人T細胞白血病の感染力は
あまり強くないため、
反復継続した性交渉での男性、
女性の間でおこる場合が多くなっています。

女性の場合でも成人してから
発症することはほとんどありませんが、
希に下半身に異常がおこる
脊髄症という歩行困難で
治療しにくい難病になることがあります。

成人T細胞白血病の潜伏期間『男女共通』

成人T細胞白血病の特徴は、
潜伏期間が非常に長いことです。

この期間が30年から70年ほどといわれ、
発症しないで生涯を終える人も
少なくありません。

そのため本人が自覚しないで
出産して母から子供へ伝染していくことで、
高い地域性の偏りがあるところが
成人T細胞白血病の問題です。

性交渉でうつっても
女性側に症状がでることがないため、
潜伏期間の長さは子供に広がる
高いリスクにもなります。

成人T細胞白血病のキャリアは
比較的男性の方が多く、
40代を過ぎて発症するケースがあるため
T細胞白血病に成人という名前が
ついている理由になっています。

成人T細胞白血病の対処法・治療方法『男女共通』

急性型やリンパ腫型などの成人T細胞白血病が
全身の臓器に広がった場合の治療は、
抗がん剤による化学療法になります。

また中枢神経
脊髄に広がった腫瘍細胞の治療には
髄腔内注射などの細い針で
抗がん剤を髄液内に入れていきます。

現在造血幹細胞移植の試みも
多くなっています。

成人T細胞白血病の中でも皮膚科による
皮膚上の病変などの治療には、 以下の方法があります。

  • ステロイド療法
  • レチノイド内服薬
  • 放射線
  • インターフェロン療法

成人T細胞白血病の慢性型、
くすぶり型は経過観察で様子を見ながら
治療をしていきます。

フォアダイス

危険度(5段階):なし

フォアダイス(正しくは『フォアダイス状態』)は、
陰茎の皮膚包皮
ブツブツができる状態ですが、
【性病】ではありません。

例えると、
陰茎にできるホクロのようなものが
フォアダイス状態だと考えると良いでしょう。

しかし、女性に性病を疑われて嫌がられたり
見た目が気持ち悪いので
フォアダイス状態に悩む男性も多いです。

「こんな気持ちの悪い陰茎なのは俺だけだ」

と思っている男性が大半ですが、
フォアダイス状態は
約7割の男性に見られます。

包茎の人に多いと言う特徴があります。

顔のホクロが嫌で
取ってもらう人がいるのと同様に、
数が多い場合目立つ場合は、
フォアダイス状態も
除去治療することが可能です。

一人で悩まずに、
皮膚科へ相談に行きましょう。

フォアダイス状態の主な感染経路

感染経路はありません。

なぜなら、フォアダイス状態は
性感染症でもなければ
性病などの病気でもないからです。

なので、フォアダイス状態の
男性とセックスをしたら
女性は感染するのでは?
という心配は不要です。

フォアダイス状態のブツブツは、
陰茎の皮脂腺が目立つために
ブツブツと見えるだけで、
健康な成人男性の7割に存在する
正常な状態です。

顔にホクロがある人がいるのと同様に、
陰茎にブツブツがある人もいると
考えると良いでしょう。

女性に嫌がられる
女性にセックスを拒まれる
見た目の悪さと言うことで、
フォアダイス状態に悩むケースが多いです。

フォアダイス状態の概要・症状『男女共通』

  1. フォアダイス状態
  2. 真珠様陰茎小丘疹(しんじゅよういんけいしょうきゅうしん)
  3. 包皮腺

フォアダイス状態に加え、
似たものとして上記2点
真珠様陰茎小丘疹
(しんじゅよういんけいしょうきゅうしん)と
包皮腺)があります。

フォアダイス状態は、
陰茎皮膚包皮にできるブツブツです。

主に裏の筋のある側にできることが多いです。
痛みかゆみなどの症状はありません。

真珠様陰茎小丘疹は、
亀頭の首の部分にできるブツブツです。
かゆみ痛みなどの症状はありません。

亀頭の首を取り囲むように列になって、
細かなブツブツが並びます。

包皮腺はタイソン腺とも言われます。
裏筋の左右にブツブツが見られます。

フォアダイス状態でブツブツができていても、
特に痛みかゆみなどの
自覚症状はありません。

 フォアダイス状態はSTD(性病)ではなく生理的な現象 

陰茎にブツブツができているのを見ると、
パートナーの女性に
「性病じゃないの?」と疑われたり
性交を拒まれると言うケースが多いのですが、
フォアダイス状態は性感染症ではありません。

見た目が尖圭コンジローマ
という性病の初期に似ているため、
鑑別診断は必要なこともありますが、
正常な男性によく見られる生理的な現象です。

しかし見た目が気持ち悪いということで、
痛みかゆみなどの症状はなくても、
男性本人も悩んでいるケースが大半です。

除去することもできますので、
一人で悩まないでまずは皮膚科で
相談することが大切です。

話をするだけでも気持ちが楽になるでしょう。

フォアダイス状態の潜伏期間『男女共通』

潜伏期間などはありません。なぜなら、
フォアダイス状態は
性感染症ではないからです。

何度も言うように、健康な男性の約7割が
このように陰茎にブツブツがあります。

陰茎の皮脂腺が目立っているだけです。

顔にホクロがある人がいるのと同じように、
陰茎にブツブツがあるだけです。

フォアダイス状態真珠様陰茎小丘疹
包皮腺(タイソン腺)の3つとも、
性感染症ではなく
生理的な現象で病気ではありません。

しかし、尖圭コンジローマの初期と
外見が似ていますので、急に陰茎にブツブツが
できた場合は鑑別診断が必要な事もあります。

フォアダイス状態の対処法・治療方法『男女共通』

先述の通り、フォアダイス状態は
性病でも病気でもないので、医学的には
特に治療の必要はありません。

しかし、顔にホクロの数が多かったり、
目立つ場所にホクロがある場合は、
取ってもらう人がいるように、
フォアダイス状態も
数が多かったり目立つ場合
悩みが深くてつらい場合は、美容上の観点から
取り除くことも可能です。

電気焼灼法炭酸ガスレーザーで
取り除く方法があります。

ブツブツの周囲に麻酔をして、
電気メス炭酸ガスレーザーで削り取ります。

治療時間は、5~10分くらいです。

治療後は擦り傷を負った時のように
カサブタができ、治療後1週間から2週間で
かさぶたが取れて奇麗な陰茎に
なることが多いですが、
特に瘢痕として傷跡が目出つ場合もあります。

血精液症(けっせいえきしょう)

危険度(5段階):★★★★

血精液症とは精液の中に
血が混ざっている症状のことです。

精液の中に血液が混じる原因には
さまざまな要因があげられます。

尿道の内部出入り口が通常の状態よりも
狭まった状態になっている場合に、
血精液症が発症する場合もあります。

血精液症はその他に
先天性の出血性疾患が原因で
起こることもあります。

こうしたものは
それぞれ身体の内的な要因によって
起こるものですが、
それ以外にも身体の外的な要因によって
発症することもあります。

血精液症の主な感染経路

血精液症は前立腺
尿道などの生殖器に何らかの異常が
生じることによって起こる病気です。

そこから血が混入することによって、
精液に血液が混じるのが典型的な場合です。

このような生殖器に
炎症などが起こる症状の原因として
考えられるのは、何らかの性病に
感染した場合です。

女性との肉体的接触によって
感染することが多いのが
一般的な感染経路であり、
避妊具を使用しないことによって
感染のリスクは高まります。

血精液症の概要・症状『男性の場合』

精液の中に血液が含まれる血精液症には
いくつかの形態が見られます。

精液全体が赤みがかっている症例が
この症状の典型的な一つの状態です。

含まれている血の量が多いほど、
赤みが強くなります。

それ以外に、精液の中の一部分にだけ
赤いものが含まれている
状態になる症状があります。

これらのいずれも精液の中に
血液が含まれていることによって、
引き起こされるものです。

通常の場合にはこうした症例によって
精液に血液が混入しても、
精液に含まれている精子の健康状態には
大きな影響を及ぼさないのが特徴です。

 血精液症の原因の多くは前立腺炎 

血精液症の原因には
さまざまな要因が存在します。

その中でも血精液症を
発症している男性の多くに見られるのが、
前立腺の異常によるものです。

前立腺に炎症が生じている
状態である前立腺炎は
男性の血精液症を引き起こしている
最も典型的なものの
一つと言われています。

前立腺に炎症が発症する
原因と考えられるのは、
細菌が前立腺内に侵入した場合です。

女性との肉体的接触が原因で、
血精液症になるケースも
比較的多く見られています。

したがって、こうした症例も感染が原因で
起こり得るものの一つと言えます。

血精液症の潜伏期間『男性の場合』

前立腺炎が原因で
血精液症が発症する場合には、
実際に血が精液の中に混じる前に、
さまざまな症状が起こることがあります。

そうした状態の中でも
男性自身が自分で自覚できるものとして、
尿道に違和感を覚えるような場合です。

排尿をしているときなどに、
何らかの痛みを感じるような場合には
こうした症状が身体の内部で
進行している場合があります。

細菌が感染してから、
実際に発症するまでの期間は
人によって異なります

感染してからおよそ数日間から
長くて10日間が一般的な潜伏期間です。

血精液症の対処法・治療方法『男性の場合』

血精液症の治療を行なう場合には、
どのような原因によって
血精液症が発症したのかを
特定することがまず必要になります。

そのために必要なことは
専門の医師に相談することです。

症状の原因が特定することで
治療の方法も変わっていきます。

最も一般的なものである前立腺炎が原因で
発症している場合には、
前立腺炎を治療していくことで、
血精液症も同時に治っていきます。

前立腺炎の治療には
患部の細菌を死滅させるための抗生物質が使用されます。

抗生物質を用いて行なう治療は
短い場合には2週〜1ヶ月程度の
期間で終了します。

亀頭包皮炎(きとうほうひえん)

危険度(5段階):★★

亀頭包皮炎は、男性特有の病気で
亀頭および包皮が炎症を起こしている
状態のことを指します。

 亀頭包皮炎になる理由 

雑菌真菌などが感染して
炎症を引き起こすことで発生します。

また亀頭包皮炎になる場所、
つまり亀頭と包皮が
傷ついた状態を放置したり、
また過度に洗いすぎるなどしても
炎症を引き起こすケースがあります。

症状としては亀頭や包皮が赤くなり
斑点やただれが現れて、
かゆみや痛みが生じます。

いずれにしても亀頭包皮炎は
陰茎に何らかのダメージが
与えられることで弱まり、
常在菌として元々存在する雑菌真菌
悪さをすることで発生します。

亀頭包皮炎の主な感染経路

亀頭包皮炎の原因は
雑菌または真菌によって発生しますが、
雑菌に関しては
皮膚に存在しているものであり、
この点においては男性であれば
誰でも亀頭包皮炎になるリスクが
あるといえます。

一方で真菌としては
カンジダがもっとも知られており、
カンジダが原因の場合には
カンジダ性亀頭包皮炎と呼ばれます。

カンジダの感染経路としては
保菌者との濃厚な接触が考えられます。

特に膣カンジダを患っている
女性器に挿入することで
感染する可能性があります。

ただカンジダは乾燥に弱いため
亀頭を露出した状態であれば
感染しても繁殖せず、
治療が不要なことも多いと考えられています。

亀頭包皮炎の概要・症状『男性の場合』

亀頭包皮炎は男性特有のものですが、
雑菌真菌が炎症を
引き起こすというものです。

症状としては、かゆみ痛みがあるほか
炎症を引き起こしている部分が赤くなります。

また炎症がひどい場合は、
炎症部は滲出液と呼ばれる血漿成分からなる
液体が分泌されて湿気を帯びた状態になり、
これが治りを悪くします。

症状の程度は炎症具合によって左右され、
ひどい場合には、かゆみや痛みを
感じることになり、悪化すると
化膿する可能性もあります。

一方で軽度の場合には
気にしなければわからない程度で済みます。

雑菌性のものは治療をしなくても
治る可能性がありますが、
真菌では抗真菌剤を使って
カンジダの繁殖を防ぐ必要があります。

 包茎の人がなりやすく、女性からの感染が原因になることも 

感染に関してはカンジダの場合には
女性との性行為によって
感染する場合があります。

特にカンジダは膣内
口内に棲息しているケースがあり、
コンドームなどの予防を行わず、包茎であれば
感染して繁殖するリスクが高くなります。

亀頭包皮炎の潜伏期間『男性の場合』

雑菌由来の亀頭包皮炎は、
傷付くことでいつでも
発生する可能性があります。

一度、繁殖をはじめると
炎症を引き起こすことになります。

予防としては清潔にしておくことです。

ちなみに、症状が現れた時点でも
清潔に保つことが悪化させないポイントです。

カンジダは感染すると
潜伏期間を経て発症します。
潜伏期間は2日から1週間です。

ウイルスとは異なり、
必ず発症するわけではなく、
常在細菌同様にわずかに残って、
身体の抵抗力が落ちた際に
再発するといったケースがあります。

このため亀頭包皮炎にならないためには
亀頭包皮部分を傷つけないようにし、
清潔に保つことが重要です。

亀頭包皮炎の対処法・治療方法『男性の場合』

男性が亀頭包皮炎の症状に気づいた場合の
対処法治療法としては、
傷口を清潔にすることです。

ただ傷口といっても目には見えないものです。
患部としてはジュクジュクしている部分が
炎症を起こしている場所といえます。

雑菌が由来であれば清潔にすることで
薬による治療をしなくても治りますが、
真菌性は時間が掛かります。

治療法としては雑菌性では
抗生物質系の塗り薬を使い、
カンジダ真菌の場合には
抗真菌系の塗り薬を使います。

 亀頭包皮炎の予防方法 

亀頭包皮炎になる場所を清潔にするように
男性が気を使っておくことが
主な予防方法です。

特に包茎の場合には
亀頭包皮炎になりやすいので、
お風呂などの際には亀頭を露出させて
軽く洗うことが予防になります。

ただ、しつこく洗って
逆に傷を付けてしまった場合には、
亀頭包皮炎の元になるので注意が必要です。

そして、基本的に性行為を行う場合には
コンドームを装着を心がけてください。

女性の膣内にカンジダ真菌が
存在している可能性が高く、
またオーラルセックスでも
感染する可能性があります。

また、自分自身で
リスクを感じている場合には、
性行為を避けるようにしましょう。

外陰炎(がいいんえん)

危険度(5段階):★★

女性のデリケートゾーンの悩みで多い
症状の一つが外陰炎です。

外陰炎とは、女性の外陰部とその周辺に
炎症が起きてしまうことを指します。

外陰部と言われてもピンとこないという人には
デリケートゾーンと例えると
わかるかもしれません。

このデリケートゾーンと呼ばれる部分には、
以下の7つが含まれています。

  • 恥丘(ちきゅう)
  • 陰核
  • 大陰唇(だいいんしん)
  • 小陰唇
  • 大前庭(だいぜんてい)腺
  • 膣前庭
  • 会陰(えいん)

膣内の常在菌が異常繁殖することにより、
外陰部の皮膚が炎症を起こしてしまうことで
外陰炎に発展してしまうのです。

外陰炎の主な感染経路

外陰炎の原因は様々です。

たとえば、男性との性交渉を行う際に
刺激が強すぎることによって外陰部が
傷ついてしまうこともあるでしょう。

また男性の指などに付着した大腸菌
ブドウ球菌連鎖球菌などの
細菌によって感染を起こし、
外陰炎を発症してしまうことも
珍しくありません。

男性との性交渉以外で言えば、
長時間タンポンを入れたままに
してしまった時
不衛生な状況が続いてしまう時なども
外陰炎になりやすいでしょう。

逆に外陰部を洗いすぎることによって
発症してしまうことも珍しくありません。
洗い過ぎず清潔に保つことが大切です。

外陰炎の概要・症状『女性の場合』

外陰炎の症状には、
外陰部の腫れかゆみ
おりものの変化があります。

かゆみがあるのはとても辛く、
かいてしまうと悪化してしまうことも
多いようです。

ただ清潔にすることを
意識し過ぎて洗い過ぎてしまうと、
炎症が悪化してしまうことがあるので
注意が必要です。

また、男性との性交渉時に痛みがあることも
珍しくありませんので、症状が出ている時には
男性との性交渉は控えましょう。

外陰炎が慢性的に起こるようになると、
かゆみが治まらなくなったり
皮膚が変色したり
厚みを増したりします

症状が出た時には
適切な治療を受けてください。

 たいていは腟炎と合併して起こる 

外陰炎になっている時は
たいてい膣炎と合併して
起こっていることが多いです。

女性の膣内は
デーデルライン桿菌(かんきん)という
乳酸菌の一種により
酸性状態に保たれています。

しかし、抵抗力免疫力が落ちていると
デーデルライン桿菌
(かんきん)の作用が弱まり、
膣内の常在菌が増殖し、
悪さを起こしてしまいます。

たとえば、カンジダ膣炎トリコモナス膣炎
細菌性膣炎などが挙げられます。

通常時には問題のない常在菌でも
体調不良の時などには活動が
活発化してしまいます。

これらの膣炎にはかゆみが伴ったり、
おりものの異常があったりと
自覚症状が出やすいので、
気になる場合にはすぐに
受診するようにしてください。

外陰炎の潜伏期間『女性の場合』

外陰炎の潜伏期間というよりも、
膣炎の潜伏期間は様々であり、
例えばトリコモナス膣炎の場合で考えると
潜伏期間は約5日~1か月と言われています。

感染からこの期間を経て発症し、
外陰炎膣炎を起こしてしまうのです。

外陰部の腫れや痛み、かゆみなどが現れ、
排尿時や男性との性交渉時に
痛みを感じることもあります。

また、常在菌によって起こる外陰炎は
いつ感染したのかが
よくわからないことも多いので、
気付いた時には症状が
出ていることも少なくありません。

軽度の外陰炎の場合は
2~3日で症状が落ち着きますが、
長い期間続く場合には注意が必要です。

外陰炎の対処法・治療方法『女性の場合』

外陰炎の治療法としては、
抗生物質の内服・患部への
軟膏クリームの塗布が一般的です。

膣炎の場合、感染した細菌
原因菌によって使用する
治療薬は異なりますので、
まずはおりもの検査を行い判断します。

膣炎と同時に
外陰炎を発症している場合には
膣炎に対しても効果のある
治療薬(膣錠など)を処方します。

また、外陰炎の状態によっては、
次回月経後に再検査を行う場合もあります。

症状が落ち着いてきたからといって
自己判断で服用を
中止しないようにしましょう。

途中でやめてしまうと、
最後まで治療ができずに
再発をしてしまう恐れもありますので
医師の指示を守るようにしてください。

 外陰炎の予防方法 

外陰炎の予防方法としては、
外陰部を清潔に保つこと
規則正しい生活を送ることです。

女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと
症状が出やすくなるので注意が必要です。

また、男性との性交渉をする際には
外陰部膣内が傷つかないようにすること

その他、性病感染予防としてコンドームの着用は
必ずすることが予防に繋がります。

女性の外陰部は
とてもデリケートな場所ですので、
デリケートゾーン専用ソープなどを使用し
洗うのも予防になります。

通気性の良いショーツを着用することも
予防の一つです。

性行為を止めずに性病を防ぐ方法

 

性病の種類や症状などを解説してきましたが、
性感染症を予防するためのセオリーは

「不特定多数とのセックスや
性交渉を控えること」

ということは
ご理解いただけたのではないでしょうか。

しかし「セックスをするな」
というわけにはいきませんよね。

そこで「性交渉を行いながらも
性病感染の可能性を低くする方法」には、
どういったものがあるのか?
主な方法をまとめました。

性病感染から身を守る基本的な知識ですが、 ぜひバカにせず
「私の場合はバッチリかな?」と、
一度、目を通してみてください。

意外な見落としがあるかもしれません。

本当に大丈夫?コンドームの正しい使用方法

性病の予防法として最も効果的且つ
一般的なものがコンドームの装着です。

しかし、この王道のコンドームも
正しく使わなければ十分な効果が
得られません。

わかっているようで、できていない
「コンドーム使用の8ステップ」
をご紹介します。

これをマスターするだけでも
性病予防力は格段に上がります。

 ステップ① コンドームを袋から取り出す 

 

コンドームは外袋から出して使用します。

手に付着している細菌がうつらないように、
袋を開ける前にはしっかりと手を洗ってください。

また、開けるときはコンドームに
傷がつかないようにしましょう。

 ステップ② コンドームの表裏を確認する 

装着の前には
コンドームの裏表を確認してください。

亀頭部分の突起が出ているのが表です。

部屋が暗い状態でコンドームを開封すると
裏表を間違いがちなので注意してください。

 ステップ③ ペニスの皮をしっかり下げる 

亀頭にコンドームをのせたら、
まずペニスの皮をしっかりと下げて
亀頭を露出させてください。

亀頭に皮がかぶっている状態で
コンドームを装着すると、
隙間ができてしまいます。

 ステップ④ コンドームをゆっくりおろす 

最後に両手を使い、
ゆっくりとコンドームを
巻き下ろしてください。

根本まで下ろしたら
皮とコンドームを一緒にあげ、
再度巻き下ろすことで、
皮とコンドームの密着度を高めます。

 ステップ⑤ 射精後の処理と注意点 

射精後はペニスが萎縮し、
すき間ができてしまう可能性があります。

精液が外に漏れてしまうと、
性病感染や妊娠の可能性がありますので、
射精後は速やかにコンドームが付いた
ペニスを抜き取りましょう。

 ステップ⑥ 射精前後にも精子は出ている 

「射精の瞬間だけコンドームをすればいい」と
考えている方もいるようですが、
これは正しい使い方ではありません。

射精前後にも微量の精子が放出されています。
妊娠を防ぐためにも、
性病感染を予防するためにも、
挿入時は常にコンドームを使用しましょう。

 ステップ⑦ コンドームの破損・着脱の注意点 

サイズの合わないコンドームの使用は
破損の原因となります。

また、射精後は膣内での破損を防ぐため、
ゆっくりと抜き出しましょう。

コンドームを外した後は、
精液の漏れを防ぐため
ティッシュなどに包んで捨ててください。

 ステップ⑧ コンドーム使用する上での注意点 

コンドームは使い捨てです。

一度使用したコンドームは
2回以上使用せず、常に新しいものを
使用するようにしてください。

また、使用期限の過ぎたコンドームの使用は
破損などのトラブルの原因と
なりますので注意しましょう。

「性行為を行う前」にできる性病予防法とは

他にも、こうした以下の工夫で
感染の確率はさらに下がります。

  • セックスの前に
    排尿・排便を済ませシャワーを浴びる
  • 相手の性器をしっかりと目視し
    イボや赤みがかかりなどの
    異常がないことを確認する
  • タオル歯ブラシなどを共用しない

血液からの感染も考えられますので、
カミソリの共用や、出血している
状態でのセックスも危険です。

また、体調不良時、酩酊時、女性の生理時
原因菌への抵抗力が落ちているため、
セックスをするのは望ましくありません。

 性病から大切な身体を守る方法 

何より重要なのは、
お互い性病に感染していないことを
お互いに確かめあうことです。

セックスの頻度が多い自覚がある方や、
性風俗店を頻繁に利用する方は、
定期的に検査を受け、ご自身の
感染状態を確認することも効果的です。

想像してみてください。

あなたも性病になって
酷い思いをしながら対処するよりも、
未然に性病を防げた方が良いですよね?

実際、性病は油断すると危ないです。

正しい知識を持てば自ずとアンテナが立ち
あなたのパートナーはもちろん。
あなた自身のからだを守ってくれます。

その上でも定期的な性病検診は
有用だと言えます。

頻繁に行くことは面倒かもしれませんが、
性病の感染原因に関わることが多い方は
特に定期検診をおすすめします。

性病に感染した場合は、必ず正しい治療を

ただ、どんなに予防策を講じたところで、
性交渉を行う限り100%完全に
性病を防げるわけではありません。

性病と思われる症状が現れたら、
ただちに然るべき治療を行うことが大切です。

まずは適切な検査を受け、
性病の感染状態を確認しましょう。

症状が出たら、相手も高確率で性病感染

どちらかが性病に感染している場合、
性交渉のパートナーも
高確率で性病に感染しています。

『必ずパートナーにも検査を受けるように
呼び掛けてください。』

自覚症状がないため自己判断で
感染の可能性を否定してしまう方がいますが、
非常に危険です。

 性病による合併症も。治療はパートナーと一緒に実施することが大切 

性病によっては潜伏期間が長い場合や、
強い症状が現れない場合がありますが、
それでも感染していることには
変わりありません。

重篤な合併症を
発症してしまうかもしれません。

性病の治療は二人で協力し合い、
完治に向けて進めていくという
意識を持ちましょう。

それぞれの理解が性病の治療には不可欠です。

妊娠への影響は?不妊症の原因にも

性病に感染した体は、
通常よりも「HIV」に感染してしまう
可能性が高いといわれています。

また、男性の場合は精巣に、
女性の場合は卵巣に異常をきたし、
不妊症になってしまうとも
言われているのです。

出産時の女性が性病に感染している場合は、
生まれてくる赤ちゃんも同様に
感染してしまう、というケースが
報告されています。

性病を放置するとどうなる?

病院で治療を受ける恥ずかしさや、
自覚症状がないこと、弱いことを理由に
性病を放置してしまうケースがあります。

しかし、その決断は賢明とはいえません。

治療を先延ばしにしていると、
深刻な事態が待ち受けていることが
あるのです。

 性病は放置して治るものではない 

そもそも
「性病は放置して
完治するものではありません」

『然るべき治療薬を服用し、
症状を収束させなければ完治しない』のです。

自然治癒での治療を目指し
「完治した」と自己判断したところで、
再度パートナーとの性交渉で
互いに感染させあってしまう
「ピンポン感染」のケースが多発しています。

一度性病に感染したら
再発することのないように、
パートナーと協力して完治させましょう。

性病の疑いがあればまず検査

少しでも性病の疑いがあるなら、
すぐに検査しましょう。ただ…

  • 性病検査ってどんな方法があるんだろう?
  • 検査のメリット、デメリットは?
  • 誰にもバレずに検査する方法はないの?

などなど、検査したいけどよくわからなくて…
という方もいらっしゃるでしょう。

次の項目では性病検査について
詳しく解説します。

性病検査のメリット/デメリット

まず、以下に性病の検査方法や、
検査を実施している施設について
ご紹介します。

性病の検査方法は大きく3つに分類されます。

  • ① 病院
  • ② 保健所
  • ③ 検査キット

性病の検査は病院、
保健所で実施されています。

また、専用の検査キットを入手して
自分自身で行う方法もあります。

それぞれのメリット・デメリットについて
詳しくご説明しましょう。

①病院

性病の検査を行う場所として
最も一般的な機関が病院です。

あなたの頭の中でも
おそらく一番最初に浮かぶのが この病院だと思います。

 病院検査のメリット 

メリットとしては、検査の結果、
感染が確認されれば、
そのまま治療に移ることが可能です。

医療の専門家が対応するため
検査できる病気の種類も豊富で
血液検査や尿検査など
複数の検査ができ安心です。

また治療という面でいうと
病院のみ治療行為が可能です。

 病院検査のデメリット 

基本的に検査結果は
大体1週間前後掛かることが多いため、
ある程度、時間の余裕が必要になります。

また検査費用(大体自費だと1万円程度)
とは別に、初診料、診察費用が掛かります。

※自覚症状が無い場合は
自費診療(保険対象外)のケースが
一般的です。

人によっては1番の不安・不満となるのが
プライバシーに関することです。

病院は性質上そうした配慮が乏しいので、
恥ずかしさのあまりに性病検査に
行くことを我慢してしまい
悪化を招くというケースもあります。

②保健所

全国の自治体ごとにある保健所でも
性病の検査を実施しています。

性病検査のできる全国の保健所や病院、
医療機関まで簡単に検索できます。

HIV検査マップ(厚生労働省)はこちらをクリック

 保健所のメリット 

原則として、保健所の性病検査は無料です。 そのため掛かる費用を
安く済ませることができます。

またプライバシーに関しては本名を名乗らず
「匿名」で、他の人と対面することが
ないように配慮されているため、
人の目を気にしている方でも
利用しやすいといえるでしょう。

また土日に診療しているケースもあるため、
近くの保険所がこうした場合は、
比較的検査に出向きやすい
ということもあります。

検査結果は概ね1週間程度ですが
中には即日検査で結果を
出してくれるところもあります。

 保健所のデメリット 

原則として、社会的な影響力が大きい
「HIV」「淋菌」「クラミジア」などが
検査対象です。

また、検査日や定員が
限定されている場合が多い点にも、
留意しなければなりません。

③検査キット

近年は検査キットをネットで購入して、
自分自身で性病の感染状態を調べる検査方法も
一般的となってきています。

多くの場合、血液や粘膜を
サンプルとして採取し、検査の実施機関に
郵送すると、後日、検査結果が通知される
というセルフ式の検査方法です。

 検査キットのメリット 

症状が軽微で性病かどうか微妙で
「わざわざ検査に行くのはちょっと…」
という方に人気の方法です。

プライバシーの点では最も匿名性が高く、
また病院や保健所などと違い自宅で
自分のタイミングで検査ができることが
メリットです。

 検査キットのデメリット 

プライバシーと出向かなくて良いという
利便性と引き換えに、
専門家による診察が無いため
検査の確実性が若干欠ける
という点があります。

また検査キットによっては
病院や保健所よりも割高の費用(1万円〜)が
掛かる場合がほとんどです。

検査結果は
大体3日〜6日程度でわかりますが、
購入するところから考えると
早くても1週間程度掛かります。

※検査キットについては
このブログの後半
性病のセルフチェックができる検査キット
更に詳しく解説しています。

病院の「何科」で検査できるのか

病院で性病の検査を受けることができる科は、
男女それぞれ下記を利用するのが一般的です。

  • 女性→婦人科、性病科
  • 男性→泌尿器科、性病科

症状や年齢によっては皮膚科、
小児科での検査が必要になる場合もあります。

一般的な性病検査の内容は?

性病検査では
どのような内容の検査が行われるのでしょうか。

一般的な性病検査の内容は以下の5つです。

  • ①血液検査
  • ②尿検査
  • ③おりもの検査
  • ④のどの検査
  • ⑤皮膚を擦る検査
 ①血液検査 

多くの性病に感染すると、
血液に変化が現れます。

そのため血液検査は性病の検査の中でも
スタンダードな方法です。

採取した血液の成分から、
性病の感染状態を調べます。

血液検査からは以下のような
性病の感染を調べることができます。

  • HIV
  • 梅毒
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • 性器ヘルペス
  • クラミジア感染症(当院では血液検査ではなく
    尿(女性は膣)、のどの検査で行っています)
 ②尿検査 

男性の性病は、
尿の成分から調べることができます。

そのため男性の性病検査では
尿検査も頻繁に行われます。

尿検査では以下のような
性病の感染を調べることができます。

  • クラミジア感染症
  • 淋菌感染症
  • マイコプラズマ感染症
  • ウレアプラズマ感染症
  • カンジダ感染症
  • トリコモナス感染症
  • 一般細菌感染症
 ③おりもの検査 

女性の性病検査では、
おりものから性病の感染を
調べることもあります。

綿棒のような器具で膣内の粘膜をこすり、
おりものを採取する方法が一般的です。

おりものの検査では以下のような
性病の感染を調べることができます。

  • クラミジア感染症
  • 淋菌感染症
  • マイコプラズマ感染症
  • ウレアプラズマ感染症
  • 性器カンジダ症
  • 膣トリコモナス症
  • 一般細菌感染症
 ④のどの検査 

感染経路によってのどに感染することもあり、
そうした場合に行われるのが
うがいによる、のどの検査です。

のどの検査では以下のような
性病の感染を調べることができます。

  • クラミジア感染症
  • 淋菌感染症
  • マイコプラズマ感染症
  • ウレアプラズマ感染症
 ⑤皮膚の検査 

 

陰部の皮膚に感染することもあり、
皮膚を擦ることで検査を行います。

皮膚の検査では以下のような
性病の感染を調べることができます。

  • 性器カンジダ症
  • 一般細菌感染症
  • 性器ヘルペス感染症

性病検査における健康保険

多くの方が性病検査において
ネックに感じていることに
「検査費用がいくらになるんだろう?」
という不安があります。

ここでは
「性病検査にまつわる費用」を中心に
「検査費用を可能な限り安くする方法」
「健康保険の適用の可否」についても
ご説明します。

 性病検査にかかる費用 

性病検査の費用は検査を受ける期間、
検査項目によって増減します。

最も検査費用を抑えることができるのは、
保険所での検査です。

原則として保健所での
性病検査は無料となります。

続いて安いのは
検査キットを使用しての検査です。
最低3,000円程度で一つの検査キットを
入手することができます。

一般の病院での検査は、検査費用の他、
初診料や診察料が発生することが多いです。

 検査を安く済ませる方法 

病院での検査は
費用面ではやや高くなりますが、
専門家の診察が受けられるため安心です。

保険所での検査は無料ですが、
検査日や定員が限定されているため、
お仕事をしている方にとっては
難しいかもしれません。

検査キットでの検査は便利ですが、
専門医の診察は受けることができません。

安く済ませるのであれば
保健所が最も安く抑えることができます。
ただ、料金だけに固執してしまい、
先延ばしになってしまうようなことは
避けて欲しいと思います。

 健康保険は適用できる? 

病院で検査を受けた場合、
状況に応じて健康保険の
適用可否が変わります。

自覚症状が現れている場合は
検査費用が3割負担となりますが、
症状が確認できていない状態での検査は
保険適用となりません。

また、検査キットでの検査は
保険の対象外です。

性病検査の結果通知までの期間

 

検査後の結果が
どれくらいで通知されてくるのか、という
点についても知っておきたいところです。

検査後の結果通知までの通知期間と、
検査の最適なタイミングについて
ご紹介します。

性病検査の結果が出るまでの期間

病院での検査では、最短で即日、
最長でも1週間程度で
結果を知ることができます。

多くの場合は3日程度で
わかることが多いです。

保険所は「HIV」の検査を
積極的に行っていますので、
「HIV」の検査結果であれば
即日通知している場合も多いです。

それ以外の性病の検査では、
通知に1~2週間程度要します。

検査キットは、
購入から到着までが3日程度、
結果の通知までは
返送から3日程度かかりますので、
合計で1週間程度を見越しておいたほうが
いいでしょう。

 感染後、すぐ検査をしても良い? 

感染が心配だからといって
性交渉をしてすぐに検査を行っても、
正確な検査結果を得られない場合があります。

感染後、正しい検査結果が
得られるまでの期間を、
代表的な性病について以下にまとめました。

  • クラミジア、淋菌、マイコプラズマ、
    ウレアプラズマ感染症
    (尿道、咽頭とも):2~3日
  • HIV:2週間〜1ヶ月
  • 梅毒:1ヶ月
  • B型肝炎:5週
  • C型肝炎:24日
  • 性器ヘルペス:2〜10日

血液検査での性病診断

血液検査は性病検査の
代表的な方法の一つです。

では、一般的な
「①健康診断の血液検査」
「②献血」を行えば
『性病の感染状態』を
知ることができるのでしょうか。

性病の検査として
『これら2つの血液検査は利用できるのか?』
という問題についてお伝えします。

健康診断の血液検査

結論から申し上げますと、
健康診断の血液検査では
性病の様々な感染状態を
知ることはできません。
(梅毒や肝炎は行うこともあります。)

健康診断の血液検査は、
あくまで健康状態を調べるためのものであり、
性病全般の感染については通常は検査しません。

そのため、健康診断で異常なしと
判断されたからといって、
性病に感染していないと
安心することはできないのです。

 献血 

献血で採取した血液は怪我や病気
血液を求めている患者さんに使用されるため、
入念な検査が行われます。

当然性病に対しても
感染のチェックが行われますが、
その検査結果が献血をした人に
通知されることは通常はありません。

献血を「無料で受けられる性病検査」として
利用する人が増加するのを防ぐためです。

そのため献血を
性病検査代わりに利用することは
できませんので覚えておきましょう。

性病のセルフチェックができる検査キット

個人で性病の感染状態を確認できる
性病検査キットは非常に便利です。

検査キットについて、
基礎的な知識を以下にまとめました。

検査キットとは

性病の検査では通常、病院の性病科といった
医療機関や保健所を利用することになります。

しかし、一般的な診療施設は、
基本的に限られた時間や
曜日しか検査を行っておらず、
すべての人が性病検査を受けるのが
難しいのも事実です。

そのため本人は
「ひょっとしたら…」
という症状を自覚していながらも、
性病を放置してしまう
原因ともなっていました。

そこで、中々診療期間を使えない
といった人のために開発されたのが、
個人が性病の感染状態を
セルフチェックすることができる
『性病検査キット』です。

送られてくる器具を使用し
血液や粘膜などのサンプル
検査機関に送れば、数日で検査結果が
通知されています。

検査キットであれば自分のタイミングで
検査を行うことができるので、
病院や保険所に行く時間がない人にとっては
非常に便利な存在です。

また、人と対面することなく
検査ができるので、プライバシーを
気にする人でも安心して
利用することができます。

検査キットを使用する流れ

検査キットの購入〜結果通知までは、
大きく分けて6ステップです。

流れは以下の通りです。

 ステップ①:購入 

インターネットで
検査キットを購入することができます。

支払いは、
クレジットカード、代金引換が一般的です。

 ステップ②:到着 

自宅以外に、
近隣のコンビニでの受け取りも可能です。

多くの場合は性病の検査キットとは
わからないように梱包されています。

 ステップ③:サンプル採取 

 

同梱されている説明書に従い、
器具を使用してサンプルを採取します。

 ステップ④:発送 

指定されている検査機関へと
採取したサンプルを発送します。

検査機関は国の認可を通過した、
信頼に値する施設です。

 ステップ⑤:検査 

 

検査機関に到着したサンプルを基に
検査が行われます。

 ステップ⑥:検査結果通知 

検査結果は、
インターネットで確認できる
ケースが多いですが、
書面で返送されるものもあります。

検査キットを使用するメリットを再確認

検査キットには、
具体的に以下のようなメリットがあります。

  • 匿名性が高い
  • 病院や保健所に行く手間がない
  • 家族にバレない
  • 病院よりも安い

順番にお話していきます。

 匿名性が高い 

性病の検査となるとプライバシーの観点から
億劫(おっくう)になってしまう方も
少なくないのではないでしょうか。

そういった方も人との対面が必要ない
検査キットであれば、
安心して性病検査を行うことができます。

コンビニ代引きや、
コンビニ受け取りを指定すれば、
匿名性の高い検査も可能です。

 病院や保健所に行く手間がない 

いざ性病の検査となっても、
近くに検査を行ってくれる
機関があるとは限りません。

お仕事をしている方にとっては、
検査にとられる時間を捻出することも
ネックとなるでしょう。

検査キットを利用すれば、
キットの到着後いつでも好きなタイミングで
検査することができます。

 家族にバレない 

送られてくる検査キットは、
性病の検査キットとはわからないように
梱包されています。

ご家族に性病検査をしようとしている事実を
知られたくない方も心配はいりません。
コンビニ受け取りを指定すれば、
さらに安心でしょう。

 病院よりも安い 

多くの場合、検査キットの購入は
病院での性病検査よりも費用がかかりません。

保健所に行く時間はないが、
安く検査したい…という方におすすめです。

検査キットで調べられる性病は?

現在はさまざまな
検査キットが開発されており、
多くの性病を検査することができます。

女性は特に性病に感染しやすいため、
検査キットを使用して定期的に
検査をしておくといいでしょう。

検査キットでチェックできる性病の種類、
女性の検査キットの使用等について
お話しします。

 検査キットで調べられる性病の種類 

現在流通している性病検査キットでは、
以下のような性病の
感染状況を調べることができます。

  • クラミジア感染症
  • 淋菌感染症
  • マイコプラズマ感染症
  • ウレアプラズマ感染症
  • 膣トリコモナス症
  • 性器カンジダ症
  • 細菌性膣症
  • HPV(ヒトパピローマウィルス)
  • HIV
  • 梅毒
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用の性病検査キットと早めの検査の必要性

男性と女性を比較すると、
女性の方が性病に
かかりやすい傾向があります。

性病の原因菌が生息しやすい膣が
粘膜に覆われているため
洗浄しにくいのがその原因です。

目視することができず
感染に気付きづらいという問題もあります。

さらに女性の場合、性病を放置しておくと
妊娠に悪影響を及ぼす可能性もあるため、
検査キットを利用して
定期的に検査を行うのが安全です。

 結婚前にパートナーとチェックできるブライダルセットも 

検査キットの中には、
カップルが結婚前に利用できる
「ブライダルセット」も存在します。

二人の感染状況を
一度に調べることができる他、
値段も単体のものよりお得です。

感染状況を確認しておきたいカップルは、
こちらを利用するといいでしょう。

検査キットの比較ポイント

インターネットでは
多くの検査キットが販売されています。

中には、正しい検査結果を得られない
粗悪なキットも流通していますので、
購入の際は注意が必要です。

検査キットを選ぶ際のポイントを
以下にまとめましたので、
購入の際は参考にしてください。

信頼できる検査キットとは

検査キットの多くは、
届いた装置を使用して採取したサンプルを
検査機関へと発送するタイプです。

しかし、中にはサンプルの採取から検査までを
購入者が行うタイプのものが存在します。

こうしたタイプのキットは発送の手間なく
検査結果がわかることから
便利なように思えますが、
検査のやり方によって
結果が変わってしまうことがあるため
あまりおすすめできません。

正しい検査結果を期待するなら、
検査機関へとサンプルを
発送するタイプのものを選ぶといいでしょう。

 自分の症状に合わせて選ぶ必要性について 

ひとつの検査キットで
調べることができるのは、
原則として一つの性病の感染状況だけです。

「クラミジア感染症」の検査キットでは、
「淋菌感染症」の感染状況は
わからないということです。

そのため、
検査キットは自分の症状に合わせて
選ぶ必要があります。

もし複数の性病の感染状況を調べたい場合は、
複数の検査キットを購入しましょう。

性病検査の比較表

性病の症状、性病の種類、対策・予防法、
そして検査方法についても解説してきました。

きっと、ここまでお読みいただいたあなたは、
性病(性感染症・STD)のことについて
今までより少し詳しくなったはずです。

そして、1番大事なことは
「性病になる前の心がけ」
つまり『予防』なんだ
ということも
お気づきになられたと思います。

しかし、実際のところは
「自分の身に起こらない限り中々動けない…」
というのも心情だと思います。

私たちが願うのは、
万が一『症状』が現れた場合はもちろん、
症状がまだ無くても
『身に覚えがあり不安』という場合は、
大切な自分の身体を守るためにも
『必ず検査をして欲しい』ということです。

最後に性病検査の特徴について、

  • 検査容易性
  • 検査費用
  • 検査内容

上記、3つの軸で比較表にしてまとめました。

性病検査の後押しになれば嬉しいです。

=======【検査容易性】=======

■検査タイミング
病院◯(予約&受診待ち時間次第) 
保健所△(日時限定) 
検査キット◎(常時、到着まで1〜3日)

■土日祝の検査 
病院◯
保健所△(稀に受付していることも有)
検査キット◎(関係なし)

■検査スピード
病院◎(即日〜1週間)
保健所△(約1週間) 
検査キット◯(2日〜1週間)

■検査確認方法
病院 Web確認、電話確認、再診
保健所 再診
検査キット Web確認

=======【検査費用】=======

■掛かる費用
病院△  
保健所◎  
検査キット◯

=======【検査内容】=======

■専門性
病院◎
保健所◯
検査キット×

■検査項目
病院◎(無制限)
保健所◯(3種類※HIVセット受診になることも有) 
検査キット△(最大12項目)

■匿名性
病院◯ 
保健所◯ 
検査キット◎

■検査結果後の治療
病院◎(治療可) 
保健所×(治療不可) 
検査キット×(治療不可)

「どうしようかまだ迷うな…」とまだご不安な方へ

性病について少しは理解できた。

でも同時に
「私の場合はどうなんだろう」と
まだご不安でしたら、
当院あおぞらクリニックまでご連絡ください。

実際に診療をご希望の方には、
匿名で性病の専門医が即日検査いたします。

⇒ あおぞらクリニックで診察を受ける

また当院にて
性病検査キットのご用意もございますので
お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

⇒ まずは検査キットで自宅で検査してみる

以上、『性病』とは一体何か?
性感染症の全25種についての詳細を、
すべて解説させていただきました。

少しでも性病の正しい知識が
伝わりましたら幸いです。

★お願い★

この記事がもしお役に立てましたら、
ぜひ「いいね!」や「ツイート」
「はてなブックマーク」等
応援していただけると嬉しいです。

より多くの方に正しい知識を
届けられるようこれからも
情報提供してまいります。

Pocket

Pocket

 

高リスク型HPVとは

HPVとは、ヒト乳頭腫ウイルス(human papilloma virus)の略で、現在までに100種類が確認されています。そのうち性器周辺に感染するウイルスは、40種類あるといわれています。

HPVは、性的接触などで皮膚粘膜の小さな傷から侵入して細胞に感染します。性行為の経験がある約80%の女性が50歳までに一度は感染するといわれる程、ありふれたウイルスです。

2008年に、子宮頸がん陰茎がんと関連があるということが判明して以降、HPVは高リスク型低リスク型の2種類に分類されるようになりました。高リスク型のHPVには、有名な16型18型の他に、13種類程あるといわれています。

ただし、高リスク型HPVに感染したからといって必ずしもがんになるわけではありません。ほとんどの場合は一過性の感染であり、免疫力により自然に消失します。高リスク型HPVに10年以上の長期間、持続的に感染した場合は、子宮頸がん陰茎がんなどに進行する可能性が高まりますが、それでも必ずがんになるというわけではありません。

 

高リスク型HPVになったらどうなる

出典:国立感染症研究所ホームページ

高リスク型低リスク型いずれのHPVに感染したとしても、ほとんどは一過性の感染で、免疫力により自然に排除されるといわれています。ただし、高リスク型HPVに感染した場合、子宮頸がん陰茎がんの原因にはなります。

女性の性器は男性に比べて閉鎖的で入り組んだ構造であることから、感染者が女性の場合は約10%がウイルスを排除できず、感染が長期化するといわれています。

統計的には、子宮頸がんの90~95%の患者に高リスク型HPVの感染が認められており、高リスク型HPVに感染してがん化する確率は、女性は男性の175倍ともいわれています。HPVの感染子宮頸がんが心配な女性の方には、定期的な検査をおすすめします。

 

高リスク型HPVの感染経路

高リスク型HPVの感染は、主に性交渉中に粘膜に生じた小さな傷からウイルスが侵入することにより起こります。性行為の経験がある約80%の女性が50歳までに一度は感染するといわれる程、ありふれたウイルスです。そのため、過去に一度でも性交渉の経験がある人であれば誰でも感染の可能性があります。

一般に性感染症の予防にはコンドームが推奨されていますが、HPVは男性の陰茎陰嚢肛門周囲、女性の外陰部肛門周囲など広い範囲に存在しているので、コンドームだけで予防することは不可能です。

 

 高リスク型HPVの潜伏期間

低リスク型のHPVに感染した場合、尖圭コンジローマなどイボ(乳頭状腫瘍)の症状が現れますが、高リスク型のHPVに感染しても特に目立った自覚症状はありません。

また、低リスク型の潜伏期間は3週間から8ヵ月くらいといわれていますが、高リスク型、つまり子宮頸がん陰茎がんを引き起こすHPVの潜伏期間は、現在のところはっきりとわかっていません。

ただし、10年くらいの潜伏期間を経て子宮頚部の細胞ががん化するケースもあります。潜伏期間の間でも少しずつ細胞が変化するため、子宮頸がん検診を受ければある程度の診断が可能です。パートナーが変わった時や、不特定多数と性行為している人物と接触した場合など、とにかく不安があれば積極的に検査を受けてください。

 

高リスク型HPVの検査方法

高リスク型HPVに感染した場合、そのほとんどは無症状で経過するため、皮膚症状では感染の有無を判断することはできません。そのため、組織を採取しての病理学的検査や、ブラシ棒で患部を拭って診断する核酸検出法を用います。

この検査は、感染の機会から3日以上経過してから検査を受けることをお勧めします。

病理学的診断は、採取した細胞が異形成細胞に変化していないかを調べます。ただし、異形成細胞が見つかったとしても必ずがん細胞に変化するわけではありません。定期的に検査をおこない、がん化していないか経過観察する必要があります。

ブラシ棒を使用しての核酸検出法の精度には、男女によって差があるといわれています。女性の性器は閉鎖空間なので、ブラシ棒で膣内全体を拭うことができますが、男性の性器は外部に露出しているため、周辺を含む皮膚全てをブラシ棒で拭うことは困難です。そのため、検査結果が陰性だったとしても、絶対に感染していないと断定することはできません。検査の結果に関わらず、不特定多数の方と性的接触がある方や、パートナーが変わった時には、診察検査を受けることが必要です。

 

HPVの検査費用

 

HPVに感染しているかどうかを知る方法について、男女別にお話しします。

【男性の場合】

以下の2つの方法があります。

自由診療の病院で検査する

HPVの検査は保険診療の病院でも受けることができますが、保険診療の場合は症状がないと検査を受けることができません。検査を希望する場合は、自由診療をおこなっている病院の性感染症内科泌尿器科皮膚科などを受診してください。事前に検査をおこなっているかどうか、電話などで確認してからの方がよいでしょう。費用は病院により異なりますが、目安としては8,000円~10,000円程度かかるようです。

郵送の検査キットで調べる

病院に足を運ぶことが難しい場合、郵送の検査キットが便利です。郵送検査会社により差はありますが、検査費用は6,000~8,000円程度です。

なお、あおぞら研究所では7,000円(税別)で検査を受けることが可能です。あおぞら研究所のHPVの検査は、病院でおこなうものと全く同じ方法です。キットの使い方も簡単なので、はじめての方も安心してご注文ください。

 

 

【女性の場合】

高リスク型HPVに感染することは、すなわち子宮頸がんのリスクが高くなるということです。

子宮頸がん検診を希望される方は、お住まいの地域加入している健康組合受診する病院施設によって検査方法費用が異なるので、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

高リスク型HPVに感染しているかどうかの検査は男性同様に以下の2つの方法があります。

自由診療の病院で検査する

HPVの検査は保険診療の病院でも受けることができますが、保険診療の場合は症状がないと検査を受けることができません。検査を希望する場合は、自由診療をおこなっている病院の性感染症内科泌尿器科皮膚科などを受診してください。事前に検査をおこなっているかどうか、電話などで確認してからの方がよいでしょう。費用は病院により異なりますが、目安としては8,000円~10,000円程度かかるようです。

郵送の検査キットで調べる

病院に足を運ぶことが難しい場合、郵送の検査キットが便利です。郵送検査会社により差はありますが、検査費用は6,000~8,000円程度です。

なお、あおぞら研究所では7,000円(税別)で検査を受けることが可能です。あおぞら研究所のHPVの検査は、病院でおこなうものと全く同じ方法です。キットの使い方も簡単なので、はじめての方も安心してご注文ください。

 

 

子宮頸がん検査を受ける方法は以下の4つになります

 

自治体での公的な子宮がん検診(住民健診)を受ける

自治体でおこなわれている公的な子宮がん検診(住民健診)を受診する場合、費用は無料~2,000円程度です。20歳以上の方が対象で、自治体によって年に一度、もしくは二年に一度受診が可能です。受付時期は自治体により異なるので、事前に確認しておく必要があります。

職場の健康診断で子宮頸がん検診を受ける

職場の健康診断で子宮頸がん検診を受ける場合、費用は無料~2,000円程度です。この費用は、会社側から補助の有無加入している健康保険の種類によって異なりますので、受診前に確認するようにしましょう。

個人の意思で子宮頸がん健診を受ける

個人の意思で自発的に一般の婦人科や性感染症内科を訪れ、自費によって子宮頸がん検診を受ける場合、その費用は、3,500円~10,000円程度といわれています。しかし、これはあくまで基本的な検査の費用なので、精密検査などが必要な場合は13,000円~15,000程度かかることもあります。

郵送の検査キットで調べる

病院に足を運ぶことが難しい場合、郵送の検査キットが便利です。郵送検査会社により差はありますが、費用は6,000~8,000円程度です。

病理組織診断を行うことができる検査会社はごく一部のため、検査会社を探す必要性があります。

 

高リスク型HPVの症状

陰茎がんの場合

通常、陰茎がんになっても痛みなどはほとんどありません。がんは最初、陰茎の皮膚から発生しますが、進行すると海綿体尿道にも広がり、排尿が困難になることがあります。がんが大きくなると組織の欠損(潰瘍)がみられます。

それから、がんは崩れて出血することがあります。陰茎がんは脚の付根(鼠径部)のリンパ節に転移しやすく、進行すると固くなり手で触れるようになります。これがさらに大きくなるとリンパの流れが悪くなって、下肢がむくむことがあります。医師の診察を受けるのが遅れ、がんの早期発見の機会を逃すことが多いので、自覚症状があったらすぐに診察を受けることが大切です。

子宮頸がんの場合

不正出血や性交時の出血は、子宮がんの自覚症状のひとつです。これは、膣部に近い部分にがんができ、そこから出血がみられる場合に起こりやすくなります。しかし、不正出血といっても月経時のようにまとまった量の出血が起きるとは限りません。大量の出血を起こすこともありますが、出血量がとても少なく、不正出血が起きていることに気付かないこともあります。

また、子宮頸がんの代表的な症状としておりものの異常があります。量が多くなったり、色が茶褐色様に変化したり、臭いが強くなったりします。心当たりのある方は、一度検査を受けることをおすすめします。

 

高リスク型HPVに似た症状

【男性の場合】

陰茎がんの場合、部位がカリフラワーのように腫れることがあります。症状が表面に現れるため、実際に目で見ておこなう検査(視診)が最も重要となります。ただし、よく似たものに「梅毒」や「尖圭コンジローマ」などがあるため、診断は慎重におこなう必要があります。確実に陰茎がんと診断するためには、組織の一部を切除して調べることで判断します。

また、転移していないかどうか、レントゲン撮影やMRI検査をおこなうことがあります。特に脚の付根(鼠径部)のリンパ節に転移しやすく、その後の病状に大きく影響するといわれています。

【女性の場合】

子宮頸がんに似た症状を起こす病気はたくさんあります。

おりものの変化があった場合は、性感染症の可能性があります。原因としてクラミジア淋病マイコプラズマウレアプラズマカンジダトリコモナス一般細菌といった菌が考えられます。いずれの菌に感染した場合も症状が似ているので、実際に検査をしてみないと原因の特定は困難です。また、不正出血も伴う場合には、子宮内膜症子宮頚管ポリープ子宮筋腫チョコレート嚢胞などの可能性もあります。どの病気も時間の経過とともに症状が悪化することがあるので、早めの検査治療が必要です。少しでも心当たりがある方は医療機関を受診しましょう。

 

高リスク型HPVの原因

 

HPVとは、ヒト乳頭腫ウイルス(human papilloma virus)の略で、現在までに100種類が確認されています。そのうち性器周辺に感染するウイルスは、40種類あるといわれています。

HPVは、性的接触などで皮膚粘膜の小さな傷から侵入して細胞に感染します。性行為の経験がある約80%の女性が50歳までに一度は感染するといわれる程、ありふれたウイルスです。

2008年に、子宮頸がん陰茎がんと関連があるということが判明して以降、HPVは高リスク型低リスク型の2種類に分類されるようになりました。高リスク型のHPVには、有名な16型18型の他に、13種類程あるといわれています。

ただし、高リスク型HPVに感染したからといって必ずしもがんになるわけではありません。ほとんどの場合は一過性の感染であり、免疫力により自然に消失します。高リスク型HPVに10年以上の長期間、持続的に感染した場合は、子宮頸がん陰茎がんなどに進行する可能性が高まりますが、それでも必ずがんになるというわけではありません。

 

高リスク型HPVの治療方法

現在の医学では、高リスク型HPVの感染に対する治療法はありません。

HPVに感染しても、免疫力によって90%以上の人が自然にウイルスを体外に排除し、感染していない状態へ戻っていきます。

ただし、持続的に感染した場合には、細胞ががんになる手前の状態を引き起こす(異形成)ことがありますが、薬などで治療する方法がないのが現状です。

異形成は、HPVが体外に排除されれば正常な細胞へと戻っていきますが、感染状態が続いていると軽度異形成から中等度異形成高度異形成へと変化し、やがてがん細胞(子宮頸がん陰茎がん)になります。高リスク型HPVに感染しているとわかった時は、定期的に細胞診断などの検査を受ける事が大切です。

 

高リスク型HPVの予防方法

HPVは、皮膚粘膜に感染するウイルスです。一般的に性感染症の予防にはコンドームが推奨されていますが、HPVは男性の陰茎陰嚢肛門周囲、女性の外陰部肛門周囲など広い範囲に存在しているので、コンドームだけで予防することは不可能です。そのため、積極的に検査を受けることが最大の予防策といえます。

高リスク型HPVには予防ワクチンもありますが、平成25年に厚生労働省から『ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な副反応が、子宮頸がん予防ワクチンの接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではない』という勧告がなされています。ただし、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種が中止されたわけではありません。接種を希望する場合は、その有効性とリスクを理解しておく必要があります。

 

不安な時は、検査をしましょう

 

自宅で簡単に匿名で検査ができます。

 

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消。

 

Pocket

Pocket

 ウレアプラズマとは

ウレアプラズマとは、これまでクラミジアでも淋病でもない(非クラミジア性非淋菌性尿道炎または咽頭炎と診断されていたもののうち、原因が判明した菌のひとつです。この菌は性行為が原因となって咽頭(のど)や尿道に感染します。

ウレアプラズマと呼ばれる菌には多くの種類が存在します。そのうち性感染症の原因となる菌は、ウレアプラズマ・パルバムウレアプラズマ・ウレアリチカムです。

性的接触で感染するこのウレアプラズマ・パルバムとウレアプラズマ・ウレアリチカムは、一回の性的接触で30~50%感染すると考えられています。

現在これらの感染症は健康保険適用外のため、ほとんどの保険診療の病院では検査をおこなっていません。

 

マイコプラズマとは

マイコプラズマとは、これまでクラミジアでも淋病でもない(非クラミジア性・非淋菌性)尿道炎または咽頭炎と診断されていたもののうち、原因が判明した菌のひとつです。この菌は性行為が原因となって咽頭(のど)や尿道、膣に感染します。

マイコプラズマと呼ばれる菌には多くの種類が存在します。そのうち性感染症の原因となる菌は、マイコプラズマ・ホミニスとマイコプラズマ・ジェニタリウムです。みなさんがよく耳にするマイコプラズマ肺炎の原因菌はマイコプラズマ・ニューモニエといって異なる菌です。

性的接触で感染するこのマイコプラズマ・ホミニスとマイコプラズマ・ジェニタリウムは、一回の性的接触で30~50%感染すると考えられています。

現在これらの感染症は健康保険適用外のため、ほとんどの保険診療の病院では検査をおこなっていません。

 

ウレアプラズマとマイコプラズマの違い

 

ウレアプラズママイコプラズマはどちらもクラミジアに類似した菌で、症状感染経路感染率などが非常に近いといわれています。ただし、ひとつ大きな違いがあります。それは菌の構造です。

ウレアプラズマは、自分自身を守る機能として細胞の壁を持っていますが、マイコプラズマにはこの細胞壁が存在しません。ウレアプラズマの治療は、菌のタンパク質を作る機能を阻害するような抗生剤を使用します。マイコプラズマの治療は、菌が遺伝子の情報を複製する機能を阻害するような抗生剤を使用します。

たとえ症状や感染経路など類似していることが多くても、菌の特殊性などを考えた治療でなければ適切な治療とはいえません。あおぞらクリニックでは、最新の研究データ日本性感染症学会のガイドラインをもとに、常に患者さまにとって最善の治療をおこなっています。

 

ウレアプラズマの検査方法

咽頭(のど)の検査では、生理食塩水(塩水です)で15秒程うがいをしていただきます。そのうがい液をお預かりして検査機関で詳しく調べます。

また、尿道の検査では尿を、膣の検査ではを綿棒で拭ったものをお預かりして検査します。

検査はいずれも菌の遺伝子の情報を分析するPCR法でおこなうため、とても精度が高いのが特徴です。

感染機会から3日以上経過していれば検査可能ですが、痛みや違和感などの自覚症状がある場合には早めの検査をおすすめします。

 

ウレアプラズマの検査費用

ウレアプラズマに感染しているかどうかを知るには、下記の2つの方法があります。

【自由診療の病院で検査する】

ウレアプラズマは健康保険適用外のため、保険診療では検査を受けることができません。検査を希望する場合は、自由診療をおこなっている病院の性感染症内科・泌尿器科・婦人科などを受診してください。検査をおこなっているか、事前に電話などで確認してからの方がよいでしょう。

病院により、性器の検査だけであったり、ウレアプラズママイコプラズマの両方セットの検査であったり、かかる費用はそれぞれ異なります。目安としては7、000円~17,000円程度かかるようです。

【郵送の検査キットで調べる】

病院に足を運ぶことが難しい場合、郵送の検査キットが便利です。

検査費用は性器ウレアプラズママイコプラズマのセットで12,000~14,000円程度です。郵送検査の取扱者のうち、現在のところあおぞら研究所だけがマイコプラズマを単体で検査可能です。(1項目7,000円税別)

あおぞら研究所のウレアプラズマ検査は、病院でおこなう方法と全く同じなので、とても精度の高いものです。キットの使い方も簡単なので、はじめての方も安心してご注文ください。

 

 

ウレアプラズマの症状

通常、クラミジア淋病に比べて症状は緩やかとされます。症状がある場合は、1週間から5週間後に現れます。

男性は軽い陰部のかゆみや排尿時の痛み、少量の分泌物が出ることもあります。放置すると症状が悪化し、精巣上体炎前立腺炎不妊など別の病気の原因になることがあります。

女性はほとんどの場合無症状のため、感染に気付かないことが多いです。症状がある場合は、おりものの量が少し増える外陰部の軽いかゆみ排尿時の軽い痛みなどです。放置すると症状が悪化し、卵管炎腹膜炎子宮外妊娠不妊症の原因になることがあります。

男女ともに症状の有無に関係なく、性感染症について不安を感じることがあれば、積極的に検査を受けることをおすすめします。

 

クラミジアに似た症状

ウレアプラズマの症状は、クラミジアに感染したときに似ているといわれています。

ウレアプラズマに比べ、淋病は痛みなどの症状が激しいことが特徴ですが、症状が強いので淋病を疑ったけれども、検査結果では淋病に感染しておらず、ウレアプラズマに感染していたというケースもあります。

咽頭(のど)や尿道・膣に感染する病気としてクラミジア淋病マイコプラズマウレアプラズマの4つがありますが、症状の有無や強弱だけで原因菌を特定することは困難です。性感染症を心配する時は、ひとつの項目だけでなく感染率の高い4つの菌についてまとめて検査することが治療への近道となるでしょう。

 

ウレアプラズマの原因

ウレアプラズマ・パルバムウレアプラズマ・ウレアリチカムという菌が、性行為などで粘膜に付着することにより感染します。性行為の内容にもよりますが、感染部位は咽頭(のど)や尿道です。ウレアプラズマの症状は、クラミジア淋病など他の菌に感染した時と比べて症状が弱いとされています。

 

ウレアプラズマの治療方法

ウレアプラズマは、菌の栄養源であるタンパク質を作る機能を邪魔するような抗生剤を使用して治療をおこないます。

治療期間は基本的に抗生剤を1回服用し、身体の中で1週間留まり効果を発揮する抗生剤もしくは、1日2回、1週間の内服する抗生剤で治療します。治療ではウレアプラズマの菌を死滅させますが、炎症は自己修復能力で治すため、しばらく症状が続くことがあるので注意が必要です。

治癒したかどうかの判断は、症状の有無だけでなく、感染した場所から菌の遺伝子(DNA)が完全に消えているかどうかを確認しておこないます。再検査のタイミングは医師の判断によりますが、通常1ヶ月後のことが多いです。

 

ウレアプラズマの感染経路

ウレアプラズマは、感染者の体液粘膜が非感染者の粘膜に接触感染します。キスオーラルセックスであれば咽頭(のど)に感染し、コンドームなしの性行為をおこなえば尿道に感染します。

感染した人の身体から菌が離れると、菌の感染能力は著しく低下します。食器衣類は洗うことで菌が死滅するので、コップの回し飲みや食事のシェアバスタオルの共有では基本的に感染しないといわれています。

 

ウレアプラズマの潜伏期間

ウレアプラズマは通常1週間から5週間の潜伏期間を経て症状が現れるといわれています。ただし、症状のタイミングには個人差があるので、場合によっては感染機会の翌日には咽頭(のど)や尿道に違和感を覚えることもあります。

尿道に感染した場合では50%以上に症状が無く、咽頭(のど)に感染した場合では90%に症状が無かったともいわれています。症状がないことの恐ろしさは、自分自身で感染していることに気づかないことです。

潜伏期間中や無症状で経過している時でも感染能力はあります。大切なパートナーを性感染症から守るために、定期的に検査をして性感染症の可能性を否定することが非常に重要です!

 

ウレアプラズマ単体や、マイコプラズマ単体での郵送検診はここだけでしかできない

ウレアプラズマは、これまで非クラミジア性非淋菌性尿道炎または咽頭炎といわれ、感染の原因が明らかにされていなかったものです。

その原因菌がウレアプラズママイコプラズマであるということがわかったのは近年のことです!そのため、残念ながら検査治療について健康保険が適用されないため、国内において感染が拡大している状態にあります。

また、クラミジア淋病に比べてウレアプラズママイコプラズマは耐性菌に変化したものが多いと予想されています。実際に治療をおこなっても治癒しないことがあり、検査治療を何度も繰り返しているケースも見受けられます。

あおぞら研究所では、ウレアプラズマ単体・マイコプラズマ単体の検査をもちろん、咽頭(のど)・尿道検査を全ておこなえる検査セットをご用意しています。不安な時は検査を受けて性感染症の心配を払拭しましょう!

 

ウレアプラズマやマイコプラズマの豊富なセット検査キットはここだけ

近年、性感染症の原因菌であるウレアプラズママイコプラズマの検査が国内でもおこなえるようになりました。ただし、これらの感染症は健康保険の適用外なので、一部の自由診療クリニック郵送検診で検査することになります。

ウレアプラズママイコプラズマはクラミジアに類似の菌であることから、感染を放置していると、男性は尿道炎前立腺炎精巣上体炎、女性は膣炎卵管炎骨盤内腹膜炎の原因となります。男女共に不妊の原因になったり、HIVなどの重篤な感染症に感染しやすくなったりすることがあります。

あおぞらクリニック・あおぞら研究所では、皆様に安心して検査を受けていただけるように豊富な種類の検査をおこなっています。もしも性感染症の不安があれば、あおぞらクリニック・あおぞら研究所で病気の心配を吹き飛ばしましょう!

 

保険診療は症状が現れないと治療ができない

保険診療の病院と自由診療の病院の違いについて説明したいと思います。

原則として保険診療の病院では、自覚症状がないと検査治療をおこなうことができません。

患者さまの希望により検査をおこなうことができても、保険証が使えないので費用は全額自己負担となります。性感染症の中には無症状で経過することがあるため、検査治療を受けたいと思う気持ちがあっても、不安なだけでは検査を受けることもできないのが現状です。

しかしながら、あおぞらクリニックは自由診療なので、症状が無くても希望により自由に検査治療を受けていただけます!あおぞらクリニックには豊富な経験を持つ医師スタッフがいるので、性感染症の不安を取り除くことができます。どうぞ安心してご来院ください。

 

不安な時は、検査をしましょう

 

自宅で簡単に匿名で検査ができます。

 

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消。

 

Pocket

Pocket

 マイコプラズマとは

マイコプラズマとは、これまでクラミジアでも淋病でもない(非クラミジア性非淋菌性尿道炎または咽頭炎と診断されていたもののうち、原因が判明した菌のひとつです。この菌は性行為が原因となって咽頭(のど)や尿道に感染します。

マイコプラズマと呼ばれる菌には多くの種類が存在します。そのうち性感染症の原因となる菌は、マイコプラズマ・ホミニスマイコプラズマ・ジェニタリウムです。みなさんがよく耳にするマイコプラズマ肺炎の原因菌はマイコプラズマ・ニューモニエといって異なる菌です。

性的接触で感染するこのマイコプラズマ・ホミニスマイコプラズマ・ジェニタリウムは、一回の性的接触で30~50%感染すると考えられています。

現在これらの感染症は健康保険適用外のため、ほとんどの保険診療の病院では検査をおこなっていません。

 

ウレアプラズマとは

ウレアプラズマとは、これまでクラミジアでも淋病でもない(非クラミジア性非淋菌性尿道炎または咽頭炎と診断されていたもののうち、原因が判明した菌のひとつです。この菌は性行為が原因となって咽頭(のど)や尿道に感染します。

ウレアプラズマと呼ばれる菌には多くの種類が存在します。そのうち性感染症の原因となる菌は、ウレアプラズマ・パルバムウレアプラズマ・ウレアリチカムです。

性的接触で感染するこのウレアプラズマ・パルバムウレアプラズマ・ウレアリチカムは、一回の性的接触で30~50%感染すると考えられています。

現在これらの感染症は健康保険適用外のため、ほとんどの保険診療の病院では検査をおこなっていません。

 

マイコプラズマとウレアプラズマの違い

マイコプラズマウレアプラズマはどちらもクラミジアに類似した菌で、症状感染経路感染率などが非常に近いといわれています。ただし、ひとつ大きな違いがあります。それはマイコプラズマが色々な菌の中でも非常にめずらしい構造を持っているということです。

一般的に、菌は自分自身を守る機能として細胞の壁を持っていますが、マイコプラズマにはこの細胞壁が存在しません。そのため、この細胞壁を直接攻撃するような抗生剤では治療をおこなうことができません。したがって、遺伝子の複製を阻止するような抗生剤や、菌の栄養源であるタンパク質を作る機能を邪魔するような抗生剤を使用して治療をおこないます。

たとえ症状感染経路など類似していることが多くても、菌の特殊性などを考えなければ適切な治療とはいえません。あおぞらクリニックでは、最新の研究データ日本性感染症学会のガイドラインをもとに、常に患者さまにとって最善の治療をおこなっています。

 

マイコプラズマの検査方法

咽頭(のど)の検査では、生理食塩水(塩水です)で15秒程うがいをしていただきます。そのうがい液をお預かりして検査機関で詳しく調べます。

また、尿道の検査では尿を、膣の検査では膣を綿棒で拭ったものをお預かりして検査します。

検査はいずれも菌の遺伝子の情報を分析するPCR法でおこなうため、とても精度が高いのが特徴です。

感染機会から3日以上経過していれば検査可能ですが、痛み違和感などの自覚症状がある場合には早めの検査をおすすめします。

 

マイコプラズマの検査費用

マイコプラズマに感染しているかどうかを知るには、下記の2つの方法があります。

【自由診療の病院で検査する】

マイコプラズマは健康保険適用外のため、保険診療では検査を受けることができません。検査を希望する場合は、自由診療をおこなっている病院の性感染症内科泌尿器科婦人科などを受診してください。検査をおこなっているか、事前に電話などで確認してからの方がよいでしょう。

病院により、性器の検査だけであったり、マイコプラズマウレアプラズマ両方セットの検査であったり、かかる費用はそれぞれ異なります。目安としては7、000円~17,000円程度かかるようです。

【郵送の検査キットで調べる】

病院に足を運ぶことが難しい場合、郵送の検査キットが便利です。

検査費用は性器マイコプラズマウレアプラズマのセットで12,000~14,000円程度です。郵送検査の取扱者のうち、現在のところあおぞら研究所だけがマイコプラズマを単体で検査可能です。(1項目7,000円税別)

あおぞら研究所のマイコプラズマ検査は、病院でおこなう方法と全く同じなので、とても精度の高いものです。キットの使い方も簡単なので、はじめての方も安心してご注文ください。

 

 

マイコプラズマの症状

通常、クラミジア淋病に比べて症状は緩やかとされます。症状がある場合は、1週間から5週間後に現れます。

男性は軽い陰部のかゆみや排尿時の痛み、少量の分泌物が出ることもあります。放置すると症状が悪化し、精巣上体炎前立腺炎不妊など別の病気の原因になることがあります。

女性はほとんどの場合無症状のため、感染に気付かないことが多いです。症状がある場合は、おりものの量が少し増える外陰部の軽いかゆみ排尿時の軽い痛みなどです。放置すると症状が悪化し、卵管炎腹膜炎子宮外妊娠不妊症の原因になることがあります。

男女ともに症状の有無に関係なく、性感染症について不安を感じることがあれば、積極的に検査を受けることをおすすめします。

 

クラミジアに似た症状

マイコプラズマの症状は、クラミジアに感染したときに似ているといわれています。

マイコプラズマに比べ、淋病は痛みなどの症状が激しいことが特徴ですが、症状が強いので淋病を疑ったけれども、検査結果では淋病に感染しておらず、マイコプラズマに感染していたというケースもあります。

咽頭(のど)や尿道・膣に感染する病気としてクラミジア淋病マイコプラズマウレアプラズマの4つがありますが、症状の有無や強弱だけで原因菌を特定することは困難です。性感染症を心配する時は、ひとつの項目だけでなく感染率の高い4つの菌についてまとめて検査することが治療への近道となるでしょう。

 

マイコプラズマ肺炎との違い

マイコプラズマ肺炎性感染症のマイコプラズマでは感染する菌の種類が違います。マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマ・ニューモニエという菌に感染している人が咳やくしゃみをすることにより、空気中に飛沫した菌をから吸入することで飛沫感染します。

また、菌に触れた手で食事したり口腔粘膜や鼻粘膜に手が触れたりすることで接触感染します。

性感染症のマイコプラズマ・ホミニスマイコプラズマ・ジェニタリウムは、感染者の感染部位(のど尿道)の体液粘膜上に存在します。直接のどの粘膜尿道の粘膜に付着することで接触感染し、飛沫感染はしません。

 

マイコプラズマの原因

マイコプラズマ・ホミニスマイコプラズマ・ジェニタリウムという菌が、性行為などで粘膜に付着することにより感染します。性行為の内容にもよりますが、感染部位は咽頭(のど)や尿道です。マイコプラズマの症状は、クラミジア淋病など他の菌に感染した時と比べて症状が弱いとされています。

また近年、日本性感染症学会でも特に注目されているのがマイコプラズマ・ジェニタリウムの耐性菌です。複数の抗生剤を使用しても治らないというケースがあるので注意が必要です。

 

マイコプラズマの治療方法

マイコプラズマは他の一般的な菌と違って細胞壁というものがありません。そのため、淋病などの治療で用いるような菌の壁を破壊する抗生剤では治療せず、替わりに菌の遺伝子の複製を阻止するような抗生剤や、菌の栄養源であるタンパク質を作る機能を邪魔するような抗生剤を使用して治療をおこないます。

治療期間は基本的に抗生剤を1日2回、1週間の内服です。治療ではマイコプラズマの菌を死滅させますが、炎症は自己修復能力で治すため、しばらく症状が続くことがあるので注意が必要です。

治癒したかどうかの判断は、症状の有無だけでなく、感染した場所から菌の遺伝子(DNA)が完全に消えているかどうかを確認しておこないます。再検査のタイミングは医師の判断によりますが、通常1ヶ月後のことが多いです。

 

マイコプラズマの感染経路

マイコプラズマは、感染者の体液粘膜が非感染者の粘膜に接触感染します。キスオーラルセックスであれば咽頭(のど)に感染し、コンドームなしの性行為をおこなえば尿道に感染します。

感染した人の身体から菌が離れると、菌の感染能力は著しく低下します。食器衣類は洗うことで菌が死滅するので、コップの回し飲み食事のシェアバスタオルの共有では基本的に感染しないといわれています。

 

マイコプラズマの潜伏期間

マイコプラズマは通常1週間から5週間の潜伏期間を経て症状が現れるといわれています。ただし、症状のタイミングには個人差があるので、場合によっては感染機会の翌日には咽頭(のど)や尿道に違和感を覚えることもあります。

尿道に感染した場合では50%以上に症状が無く、咽頭(のど)に感染した場合では90%に症状が無かったともいわれています。症状がないことの恐ろしさは、自分自身で感染していることに気づかないことです。

潜伏期間中や無症状で経過している時でも感染能力はあります。大切なパートナーを性感染症から守るために、定期的に検査をして性感染症の可能性を否定することが非常に重要です!

 

マイコプラズマ単体や、ウレアプラズマ単体での郵送検診は、ここだけでしかできない

マイコプラズマは、これまで非クラミジア性非淋菌性尿道炎または咽頭炎といわれ、感染の原因が明らかにされていなかったものです。

その原因菌がマイコプラズマウレアプラズマであるということがわかったのは近年のことです!そのため、残念ながら検査治療について健康保険が適用されないため、国内において感染が拡大している状態にあります。

また、クラミジア淋病に比べてマイコプラズマウレアプラズマは耐性菌に変化したものが多いと予想されています。実際に治療をおこなっても治癒しないことがあり、検査治療を何度も繰り返しているケースも見受けられます。

あおぞら研究所では、マイコプラズマ単体・ウレアプラズマ単体の検査をもちろん、咽頭(のど)・尿道検査を全ておこなえる検査セットをご用意しています。不安な時は検査を受けて性感染症の心配を払拭しましょう!

 

マイコプラズマ、ウレアプラズマの豊富なセット検査キットはここだけ

近年、性感染症の原因菌であるマイコプラズマウレアプラズマの検査が国内でもおこなえるようになりました。ただし、これらの感染症は健康保険の適用外なので、一部の自由診療クリニック郵送検診で検査することになります。

マイコプラズマウレアプラズマはクラミジアに類似の菌であることから、感染を放置していると、男性は尿道炎前立腺炎精巣上体炎、女性は膣炎卵管炎骨盤内腹膜炎の原因となります。男女共に不妊の原因になったり、HIVなどの重篤な感染症に感染しやすくなったりすることがあります。

あおぞらクリニック・あおぞら研究所では、皆様に安心して検査を受けていただけるように豊富な種類の検査をおこなっています。もしも性感染症の不安があれば、あおぞらクリニック・あおぞら研究所で病気の心配を吹き飛ばしましょう!

 

保険診療は症状が現れないと治療ができない

保険診療の病院と自由診療の病院の違いについて説明したいと思います。

原則として保険診療の病院では、自覚症状がないと検査治療をおこなうことができません。患者さまの希望により検査をおこなうことができても、保険証が使えないので費用は全額自己負担となります。

性感染症の中には無症状で経過することがあるため、検査治療を受けたいと思う気持ちがあっても、不安なだけでは検査を受けることもできないのが現状です。

しかしながら、あおぞらクリニックは自由診療なので、症状が無くても希望により自由に検査治療を受けていただけます!あおぞらクリニックには豊富な経験を持つ医師スタッフがいるので、性感染症の不安を取り除くことができます。どうぞ安心してご来院ください。

 

不安な時は、検査をしましょう

 

自宅で簡単に匿名で検査ができます。

 

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消。

 

Pocket

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加