Warning: reset() expects parameter 1 to be array, boolean given in /home/aozoracl/seibyou.jp/public_html/wp-content/themes/xeory_extension/lib/functions/head.php on line 136

性病科のドクターが答えます

行列のできる性病相談所行列のできる性病相談所
Pocket

7e23b792d5af9bd8ccfc6c09658884be_waifu2x_photo_noise1_scale_tta_1-2

カンジダは薬を正しく使えば完治させられる病気です。
ですが性交渉だけでなく、疲労や陰部の蒸れなど、日常の身近なことが原因で発症してしまいます。
カンジダは体力を回復したり、陰部を清潔にしたりすることで自然と治る場合もありますが、症状が長引く場合は他の病気の可能性もあるので、早めに病院へ行くようにしましょう。
カンジダ感染で出る主な症状と、治療に使われる薬の種類について説明します。

 

カンジダ感染による主な症状

カンジダに感染すると、主に次のような症状が現れます。病院では外陰部や陰茎の周辺を綿棒でこすり取り、それを顕微鏡で確認したり、培養したりして確定診断をするので、自覚症状のある方は検査を受けてみましょう。

<女性の場合>
女性がカンジダを発症すると、外陰部の激しいかゆみやジンジンとする痛み、カッテージチーズや酒粕のような見た目のおりものが出ます。

<男性の場合>
男性の場合は、亀頭や陰茎の周囲に白いカスや発疹が出たり、軽い痛みやかゆみを感じたりします。

病院で処方される薬の種類と使い方

病院では、膣の中に挿入してカンジダ菌を殺す膣剤や、殺菌効果のある塗り薬が処方されます。

<膣剤の特徴と上手な使い方>
膣剤は錠剤やカプセルの形に作られている薬で、膣の中で溶けて長く留まり、カンジダ菌をじわじわと殺菌していきます。
市販の薬の場合は1日1個を6日間続ける必要がありますが、病院の場合は膣内を洗浄した後、1週間程度効果の持続する薬を入れてもらえるので手間がかかりません。

市販薬を自分で入れる場合は、やり方にちょっとしたコツが必要。
浅い位置だと薬の効果が十分に発揮できないので、床に両ひざをついて前かがみになり、深呼吸をしてリラックスしながらぐっと奥まで深く挿入してください。
この時、爪が伸びていると膣内を傷つける恐れがあるので、気を付けてください。また、膣剤を入れる前と入れた後は、石鹸でよく手を洗いましょう。

<塗り薬の上手な使い方>
塗り薬を使う時は、まず、手を石鹸でよく洗い、陰部はお湯でさっと洗い流しましょう。
濡れたままだと余計にカンジダ菌が増殖しやすくなるので、乾いたタオルで拭き、よく乾燥させてください。

薬を塗るのは、表面の部分だけ。
早く治したいからと膣内にまで塗ってしまう人もいますが、カンジダに使われる塗り薬は粘膜への使用を想定して作られていないので、外から見えている部分だけに塗りましょう。1日1~2回の塗布で、症状の改善をはかります。

薬局や通販で購入できる市販のカンジダ治療薬

薬局や通販でも膣剤や塗り薬は買えますが、病院で処方してもらう場合と違い、こちらは再発してしまった人のみが対象となります。
そのため、過去に1度は病院でカンジダの検査や治療を受けていることが絶対条件であり、購入の際はチェックシートにてその旨を薬剤師に伝える必要があるので注意してください。ちなみに、次のような市販薬が有名です。

<フェミニーナ膣カンジダ錠/(株)小林製薬>
膣内に錠剤を入れ「オキシコナゾール硝酸塩」の働きでカンジダ菌を殺す薬。スリムタイプなので、慣れていない人でも挿入しやすいです。軟膏タイプのかゆみ止めである「フェミニーナ軟膏S」と併用することも可能。

<メディトリート/(株)大正製薬>
座薬のような形状で、挿入しやすい膣剤。「ミコナゾール硝酸塩」という医療用と同じ成分が配合されています。この薬にもやはりかゆみ止めの「メディトリートクリーム」があり、膣剤との併用が可能です。

カンジダは性感染症に分類される病気なので、初めての感染でも病院に行きたくないという人が多いのですが、薬を使えば比較的簡単に治る病気なので、できるだけ早めに診察を受けるようにしましょう。

受付で名前を呼ばれたり、カルテに記録が残ったりすることに抵抗がある場合は、自費で検査が受けられる「あおぞらクリニック」のような病院を探すのも一つの方法です。あおぞらクリニックでは患者さんを名前ではなく受付番号で呼び、診療も女性なら女性スタッフ、男性なら男性スタッフが行うので、恥ずかしい思いをすることなく検査や治療が受けられます。http://www.aozoracl.com/

カンジダは薬を正しく使うことで治る病気!

性感染症の中でも、カンジダは比較的治りやすい病気です。
膣剤や塗り薬を使えばかゆみやおりものなどの不快な症状が治まるので、おかしいと思ったら早めに診察を受けるようにしましょう。ただし、再発も多い病気なので、規則正しい生活を送ったり、体を清潔に保ったりする努力が大切。抵抗力に強い体を作り、発症を防ぎましょう。

 

不安な時は、検査をしましょう

 

自宅で簡単に匿名で検査ができます。

 

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消。

 

Pocket

Pocket

komari

カンジダとは真菌(カビ)の増殖によって、陰部にかゆみや痛み、いつもとは違うおりものが出てくる病気。
再発しやすいものの、症状が軽ければ自然と治ることもあるし、そうでなくても薬を使って治療をすれば完治させることのできる性感染症ですが、治るまでにどれぐらいの日数が必要なのでしょうか? 再発の可能性についても詳しく説明するので、ぜひ参考にしてください。

 

カンジダが完治するまでの期間や日数

カンジダが完治までにかかる日数は平均で1~2週間ぐらいです。ただし、カンジダの症状が出てからきちんと対処した場合。
膣剤や抗真菌薬を使用してから再度診察を行い、そこで問題がなければ治療は終了となります。

しかし、症状が出てからも放置していたり、正しい方法で治療を行わなかったりすると、悪化して長引いたり、慢性化してしまったりすることも。早期発見・早期治療が重要なので、少しでもおかしいと思ったら早めの受診をオススメします。

カンジダは再発してしまうこともある?

カンジダは再発率の高い病気であり、完治したと思っても症状が出やすくなります。
体内にもともと存在する常在菌なので、再発を防ぐためには生活習慣を変える工夫も大切。
睡眠不足や栄養バランスの悪い食事、運動不足などが習慣になってしまっている場合は、それを改める努力をしましょう。

そして、体を清潔に保つように心がけてください。
といっても、デリケートな陰部を刺激の強い石鹸でゴシゴシこすると、カンジダ菌と戦ってくれる必要な菌まで洗い流してしまうことになるので、1日1回、お湯でキレイに洗う程度で十分です。
また、おりものシートやナプキンを使う場合はできるだけこまめに交換し、陰部の汚れや蒸れを防ぎましょう。陰毛が濃い人は、皮膚を傷つけないように処理をすることで、蒸れにくく、汚れも溜まりにくくなりますよ。

カンジダを治療中の再発はなぜ起きる?

きちんと病院を受診して薬も処方されているのにカンジダが再発してしまう場合は、薬の使い方が正しいかどうかを見直してみましょう。
薬を使っていったん症状が治まったように見えても、必要な量を最後まで使い切らないとカンジダ菌を退治することはできません。必ず医師の指示に従い、決められた用法・用量で使用してください。

また、治療中に性行為をしてしまった場合も、カンジダが再発しやすくなります
性行為は症状の悪化やパートナーへの感染にもつながるので、カンジダが完治するまではできるだけ控えましょう。

そして、規則正しい生活を送ることも重要です。
十分な睡眠、栄養バランスのとれた食事、適度な運動で、カンジダ菌に負けない丈夫な体を作ってください。ストレスがたまった時は、趣味に熱中するなどの対策で適度に発散させましょう。

妊娠中はカンジダが再発しやすくなる?

妊娠中はホルモンバランスの変化によって、カンジダ菌が増殖しやすくなります。
特に、つわりが始まったり、ストレスがたまりやすかったりする妊娠初期は要注意。体の抵抗力が落ちるのを防ぐため、できるだけ安静を保つようにしましょう。

ちなみに、妊娠中にカンジダを発症した場合も膣剤や抗真菌薬による治療は可能なので、早めに医師に相談してください。
もし、カンジダを完治させないまま出産を迎えてしまうと、赤ちゃんが産道を通る時に感染して鵞口瘡(がこうそう。口の中に白い苔のようなものができた状態)を発症する可能性があります。

カンジダは正しく対処し完治させる!

再発しやすいカンジダ。また、常在菌が原因のカンジダは、性行為をしなくても発症してしまうから厄介です。
不規則な生活やストレスによって再発しやすくなるので、日頃から規則正しい生活を心がけましょう。
治療のための薬は、医師の指示や説明書に従って正しく使うことが大切。
自己判断でやめてしまうとちゃんとした効果が得られないので、必ず最後まで使い切るようにしてください。薬がなくなったら、再度診察を受けることも忘れずに!

 

不安な時は、検査をしましょう

 

自宅で簡単に匿名で検査ができます。

 

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消。

 

Pocket

Pocket

常在菌の増殖が原因で発症するカンジダは、決して治らない病気ではありません。
ただ、症状が出ているのに放置すると慢性化する可能性があるので、早めに検査を受けて適切な治療を始めることが大切です。

ここでは、病院で受けられる治療の内容や、完治するまでの期間再発してしまった場合の対処法などについて説明します。ぜひ、参考にしてください。

 

カンジダの検査方法と完治までの流れ

<検査>
女性の場合は膣内の分泌物男性の場合は陰茎の部分を綿棒でこすり取り、それを顕微鏡で確認したり培養にかけたりしてカンジダ感染の有無を調べます。

<治療方法の説明>
検査の結果、カンジダに感染していることが確認されたら、具体的な治療方法についての説明を受けます。
女性の場合は、膣内を洗浄した後でカンジダ菌を殺す膣剤を入れるのが一般的。
男性の場合は、クリームタイプの抗真菌剤を患部に塗る方法がとられます。

<治療開始と再検査>
1週間~10日間ほど治療を続け、もう一度診察をしてカンジダ菌が確認されなければ治療は終了となります。

カンジダが再発した場合の対処法

カンジダ菌は常に体の中に存在しているので、いつまた増殖してかゆみおりものなどの症状が出てくるのか分かりません。
特に、一度カンジダを発症したことのある人はまた再発しやすくなるので、十分に気を付けてください。

カンジダを再発した場合は、市販の治療薬を使うこともできます。
これは2回目以降の感染が対象となる薬で、初めての感染時は購入することができないので注意してください。
購入時はあらかじめ用意されたチェックシートに記入し、それを薬剤師さんに提出して判断をしてもらいます。

通販で薬を購入する場合も、まずチェックシートを埋めてから購入ページへ進むようになっているので、事実を正直に記入するようにしましょう。

市販薬を使うメリットとデメリット

市販薬を使うことのメリットは、病院へ行く手間がかからないことや、プライバシーを守りやすくなること
ただし、膣剤をうまく入れられなくて思うような効果が得られなかったり勝手な判断で使用をやめてしまったりして、結局悪化して病院へ駆け込むケースも少なくありません。
また、本当は他の病気が原因だった場合、そのことに気付くのが遅れて症状を悪化させてしまう可能性もあります。

カンジダは決して怖い病気ではありませんが、慢性化するとそれだけ症状が出やすくなります。
きちんと治らないままでいると性行為の時に痛みを感じたり出産の際に赤ちゃんにうつって鵞口瘡(がこうそう。口の中に白い苔のようなものができること)を発症したりするので、その都度確実に治していくことが大切。

もし、プライバシーが気になって病院へ行くのに抵抗があるなら、自費で検査が受けられる「あおぞらクリニック」のような病院を探すと良いでしょう。
保険での検査では、受付で名前を呼ばれたりカルテに記録が残ったりするというデメリットがありますが、自費での検査ならそのような心配がなく、安心して受けられます。
http://www.aozoracl.com/

便利な郵送のカンジダ検査キット

本来であれば、病院で問診を受けながら検査をしたほうが良いのですが、どうしても抵抗があったり時間がとれなかったりする場合は、郵送の検査キットを使う方法もあります。
インターネットでキットを購入し、簡単な方法で菌を採取して送り返すだけだから、とっても手軽。個別のIDを利用することで、匿名での検査が可能です。

カンジダかな?と思ったらすぐ病院へ!

カンジダは比較的治りやすい病気ですが、かゆみが治まることで治療をやめてしまったり病院へ行かなかったりする人が多く、慢性化してしまうケースが少なくありません。
そうなると、ちょっと疲れがたまっただけで発症してしまったり出産のときに赤ちゃんにうつってしまったりする可能性があるので、感染したかな? と思ったら、その都度きちんと対処していきましょう。

 

不安な時は、検査をしましょう

 

自宅で簡単に匿名で検査ができます。

 

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消。

 

Pocket

Pocket

bridal

近頃、結婚を控えたカップルが「ブライダルチェック」を受けるケースが増えています。

ただお付き合いするだけならまだしも、結婚となるといろいろややこしい問題が出てくるので、籍を入れる前にお互いの体をチェックし、不安材料を取り除いておこうというのですね。

ブライダルチェックが必要な5つの具体的な理由や、上手な受け方について説明するので、ぜひ参考にしてください。

 

■理由1:妊娠が可能な体かどうかを調べるため

kensa

子供を持たない選択をした場合はともかく、いずれ子供を持ちたいと思っている場合には、妊娠できる体かどうかはとても気になるところです。

万が一、入籍してしまってから不妊体質であることが判明すると、それが原因で夫婦仲が悪くなったり、離婚に至ったりすることもあるので、そうした悲劇を避けるためにも結婚前に明らかにしておくのが望ましいでしょう。

一昔前までは、こうした検査は女性のみが受けるケースが大半でしたが、近頃では男性側に原因がある不妊も指摘されており、カップルで一緒に検査することが多いです。

非常に勇気が必要な検査ではありますが、自分の体について正しく知るためにもぜひ受けておきましょう。

もし不妊と診断されても、早い段階で治療を始めれば子供が授かるケースはたくさんあります。

できれば、30歳頃までに受けるのがベスト

男性も女性も、年齢を重ねるごとにだんだん生殖機能が衰えていきます。

特に35歳を過ぎると自然妊娠はもちろん、不妊治療による妊娠も難しくなるので、万が一、治療をしなくてはならない可能性も考慮して、遅くとも30歳頃までに検査を受けておくと良いでしょう。

不妊治療には何年もかかることが珍しくなく、費用もかなり高額なので、できるだけ若いほうが有利です。

また、万が一性感染症が見つかった場合も、ある程度の治療期間が必要となってきます。

できれば結婚前までに完治させておいたほうが良いので、そういった意味でも早めに検査を受けておきましょう。

■理由2:性病に感染していないかどうかを調べるため

seibyou

性病には、自覚症状が少なく、感染していることが分からないものも少なくありません。

そのため、どちらかが感染していても気づかずに性行為を重ね、結局パートナーに移してしまうケースが後を絶たないのです。

性病は放置すれば自然に治るわけではなく、ほとんどの場合、静かに進行していきます。

そして、子宮や精巣などにダメージを与えて子供ができにくい体にしてしまったり、数々の病気の引き金になったりするのです。

これでは、幸せな結婚生活を営むどころではありませんよね。結婚後に発覚すれば、パートナーの浮気を疑い、深刻な事態に発展することだって考えられます。

お互いに安心して結婚準備を進めるためにも、ブライダルチェックによって性病の有無を明らかにしておくのは非常に意味のあることです。

万が一感染が発覚した場合は、勇気を出してパートナーに打ち明け、一緒に治療を受けるようにしましょう。

■理由3:がんの可能性を探るため

rw00098

子宮がんや前立腺がんなどの病気はほとんど自覚症状がなく、かなり進行してから気付くことが少なくありません。

しかし、早期に発見して治療すれば完治することも多いので、結婚をきっかけに一度検査を受けておくと良いでしょう。

がんの恐ろしいところは、ある程度進行してしまうと治りにくく、再発の危険性が高いところです。

国の補助があるとはいえ、治療のための費用も高額になりますし、なにより最愛のパートナーが苦しんでいる様子をそばで見ているのはとても辛いこと。

できれば、ブライダルチェックだけで済ませるのではなく、毎年夫婦で受けておきたい検査の一つです。

■理由4:身内を安心させるため

5727_01_b

結婚は夫婦2人だけの問題でなく、両家の親やきょうだい、親戚も絡んでくる一大事です。

そのため、どのような相手と婚姻関係を結ぶのかは厳しくチェックされることが多く、身内の反対に遭って結婚を断念するケースは決して少なくありません。

反対の理由はいろいろですが、子供を作ることのできる体かどうかは最大の関心事になる場合もあります。

特に、長男に大きな期待を寄せている家庭や、後継ぎを作る必要がある家柄や家業の場合はプレッシャーも相当なものでしょう。

もちろん、健康体だからといって結婚後すぐに妊娠できるとは限りませんが、とりあえずブライダルチェックで今の状態を明らかにし、安心してもらうことは非常に大切です。

気持ちよく祝福してもらうためにも、できるだけ受けるようにしましょう。

■理由5:赤ちゃんへの性病感染を防ぐため

aka

性病に感染していることに気付かないまま妊娠・出産をすると、赤ちゃんにもうつってしまう可能性があります。

きちんと妊婦検診を受けていれば初期の検査で分かりますが、治療を始めたとしても100%感染を防ぐことは難しいので、まず健康な体に戻してから妊娠を考えることが大切なのです。

特に最近は梅毒に感染する女性が増えており、胎盤を通じて胎児に感染する可能性が指摘されています。

流産や早産を引き起こしたり、肝臓や神経系の病気、発育不良などのリスクを負って生まれてきたりするので、大切な赤ちゃんに大きな負担をかけることに。くれぐれも注意してください。

■ブライダルチェックの受け方と内容

photo_00917

ブライダルチェックは、婦人科や産婦人科、性感染症科、泌尿器科などで受けられます。

必ず事前の予約が必要ですが、検査自体は1日で終わり、結果は後日改めて聞きに行くケースが多いです。検査内容は、主に次の通りです。

問診

これまでに性感染症にかかった経験や性交渉の有無、月経の様子、妊娠や出産の経験、流産や中絶の経験、アレルギーの有無、本人や家族の病気の既往歴などについて質問されます。

中には答えにくいものもあると思いますが、大切なことなのでできるだけ正直に答えるようにしましょう。

血液検査

エイズ、梅毒、肝炎ウイルスなどの性感染症の他、貧血、トキソプラズマ、風疹などの有無を調べます。

また、万が一今までそうとされてきた血液型が間違っていると、出産の際に大量出血した場合の輸血で問題が生じるので、念のため、血液型も併せて調べることがあります。

妊娠できるかどうかが不安な時は、卵巣内の卵子の数を調べる「AMH検査」を受けておくと良いでしょう。

女性の卵子は年齢とともにだんだん減っていきますが、現在の卵子の数を測定することで、ある程度妊娠の可能性を探ることができます。

ただし、この検査で分かるのはあくまでも卵子の数であり、卵巣の予備脳です。

卵子の質までは予測できないので、この検査の結果が良くないからといって必ずしも妊娠しにくい体質であるとは限りません。

尿検査

糖尿病や膀胱炎、たんぱく尿の有無を調べます。

内診

外陰部や膣内の炎症やおりもの、子宮や卵巣の状態の確認をします。おりものからは、クラミジア、膣カンジダ症、トリコモナス膣炎、淋病の有無が、綿棒で子宮頚部をこすり取る細胞診からは子宮頸がんの有無が分かります。

超音波検査

膣内にプローブと呼ばれる器具を挿入し、画像でその様子を映し出しながら検査をします。

子宮や卵巣の正確な状態、卵巣腫瘍、子宮筋腫、子宮内膜症の有無などが分かります。

■男性だけが受ける検査内容とは

dansei

男性の場合も、検査内容は問診・採血・尿検査などのほか、精液の検査が追加されます。

3~5日程度の禁欲期間を設け、病院で採精して、精子の数や運動量、頭部の形態などをチェックし「どのぐらい女性を妊娠させられる可能性があるかどうか」を調べるのです。

この採精が苦痛でブライダルチェックを避けたがる男性も多いのですが、こればかりは実際に精液を採って検査するしかありません。

少しでも不安を取り除いておくためにも、できるだけ受けるようにしましょう。

■郵送検査キットを使ったブライダルチェック

1200-650send

病院に行く時間がなかったり、どうしても恥ずかしかったりする場合は、郵送で受けられる検査キットを利用する方法もあります。

血液検査、尿検査、組織細胞の検査、精液検査などが匿名で受けられるので、プライバシーが守られやすく、利用者は年々増加しています。

ただし、検査結果によって何らかの疾患が判明した場合は、病院できちんと治療を受けることが必要です。

そのままにしておくとどんどん症状が悪化してしまうので、あくまでもチェックのためのツールとして役立てるようにしてください。

■ブライダルチェックにかかる費用はどれぐらい?

topimg_original-1

ブライダルチェックの検査内容にもよりますが、費用の相場はだいたい20,000~70,000円ぐらいです(カップルで一緒に受けるコースの場合は、この2倍の金額になることもあります)。

「この機会にとことん詳しく調べておきたい」という場合は、多少お金がかかっても内容の濃いものを選ぶと良いでしょう。

ちなみに、健康保険は適用されないので、全額実費になります。

郵送で受ける検査キットの場合は、だいたい10~12項目の検査内容で20,000円〜40,000円前後。

キット代には検査費用も含まれ、結果はネット上で確認できるので、最初に支払う料金以上はかかりません。

そのため、コストを抑えたいというカップルにも人気です。

■ブライダルチェックを受ける際の注意点

keikoku

生理時を避ける

生理の時は内診ができないので、ブライダルチェックの予約日は生理期間を避けるようにしましょう。

服装はできるだけロングスカートで

内診を受ける時、ズボンを履いていくとその場で全て脱がなくてはならず、ちょっと恥ずかしい思いをすることになります。

病院側でタオルをかけるなどの配慮はしてもらえますが、ロングスカートを履いていくと待っている間に隠すことができて便利です。

通院しやすい場所にある病院を選ぶ

検査の結果が思わしくない場合は、そのまま治療を始めることになりますが、病院が遠いと通うのが不便です。

近くの病院に変えるとなるとまた一から検査を受ける必要も出てくるので、最初からそのまま通い続けられる病院を選んでおくと良いでしょう。

ブライダルチェックの結果を過信しすぎない

ブライダルチェックによって健康であることが分かると、ほっとして生活が不規則になったり、安易な性行為に走ってしまったりする人がいます。

しかし、ブライダルチェックはあくまでも通過点であり、健康を維持するためには継続的な努力が必要。

また、検査に問題がなくても妊娠できないカップルもいるので、あまり過信しすぎないようにしましょう。

妊娠しやすい状態を保つには、体を冷やさないこと、栄養バランスの良い食事を摂ること、適度な運動をすること、しっかり睡眠時間を確保すること、ストレスをためないことが大切です。

男性の場合は、長時間の自転車の運転や、膝にノートパソコンを置いて仕事をすることなどで股間が温められ、精子を作り出す造精機能に問題が出る可能性もあるので注意してください。

■早めのブライダルチェックでスムーズな結婚準備を!

20121114113320

ブライダルチェックについて、いかがでしたか?

結婚して家庭を持つということは、それまでとは違った様々なしがらみが生まれたり、自分の体について今まで以上に責任を持つ必要が出てきたりするということ。

そのための第一歩として、詳しい検査を受けてみることは非常に有意義なことです。

万が一結果が悪くても、それから適切な治療を始めることで改善されるケースも多いので、まずは検査を受けてみましょう。

 

不安な時は、検査をしましょう

 

自宅で簡単に匿名で検査ができます。

 

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消。

 

Pocket

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加