1. TOP
  2. 性病
  3. クラミジア・咽頭クラミジア
  4. クラミジアの潜伏期間は男性と女性で違う?検査の方法とは

クラミジアの潜伏期間は男性と女性で違う?検査の方法とは

現在の日本で、最もその感染者数が多いと言われている「クラミジア」。
ほとんど自覚症状がないことから知らぬ間に進行してしまうケースが少なくないので、いかに早期発見できるかが重要となってきます。

そして、注意したいのが、潜伏期間に感染が広がりやすいということ。
自分が相手にうつすだけでなく、菌をもらってしまう可能性もあるので、性行為の仕方やパートナー選びには十分に気を付けましょう。

クラミジアの潜伏期間に男女の違いはない

クラミジアに関しては、男性も女性も潜伏期間は約1~3週間です
人によってはもっと長い場合もありますが、だいたいこのぐらいの期間を経てなんらかの自覚症状が現れ始めることが多いでしょう。

潜伏期間に自分がクラミジアに感染していると気付くのは難しいので、この間も無防備な性行為を繰り返す人がいるわけですが、この時期は体内で「クラミジアトラコマチス」という菌が増殖を続けています。

そのため、目立った症状こそないものの、感染力はかなり強力。
約30~50%の人にうつるので、一見なんの病気も持っていなさそうな相手でも、安易に関係を持たないようにしましょう。

クラミジアの検査方法

クラミジアは性行為をする機会のある人なら誰にでもうつる可能性があるので、少しでも不安な時は早めに検査を受けることが大切です。
もし、気付かずに放置していた場合は将来的に不妊や母子感染を引き起こすことがあるので、特に女性は気を付けてください。

<病院での検査>

病院で検査を行う場合は、性病科、泌尿器科、婦人科や産婦人科などで調べてもらうことができます(内科や皮膚科で受け付けているところもあります)。
男性は採尿、女性は膣分泌物の採取によってクラミジアの遺伝子を見つける「抗原検査」や、血液を採取して血中の抗体を調べる「抗体検査」があります。

<保健所での検査>

保健所では、匿名・無料でクラミジアの検査を受けることができますが、単体ではなく、HIV(エイズ)との同時検査として行っている場合が多いです。
性行為をする機会のある人にとってはHIVも決して無縁の病気ではないので、この機会に一度検査を受けてみるのも良いのではないでしょうか。

<郵送で受けられる検査キット>

対面で検査を受ける病院や保健所では、プライバシーが守られにくいという問題があります。
保健所では名前や住所を名乗る必要こそありませんが、職員や同じように検査を受けた人に顔を見られるので、万が一知り合いがいれば非常に気まずい思いをすることになるでしょう。

この点が気になる人や、忙しくて病院や保健所に行く時間がとれない人に向けて、郵送で検査が受けられるキットが販売されています。
商品を発送するために名前や住所、電話番号を伝える必要はありますが、検査自体は個別のIDでできるし、結果もネット上でこっそり確認することが可能なので、プライバシーがしっかり守られます。

男性は尿とうがい液、女性は膣分泌液とうがい液によって調べるのが一般的ですが、検査方法は非常に簡単なので初めてでも大丈夫です。
ただし、生理中に採取した膣分泌液では正確な結果が得られない可能性があるので、女性は生理時を避けて受けるようにしましょう。

クラミジアは潜伏期間にも注意!

クラミジアの潜伏期間や、感染の有無を知るための検査方法について説明しましたが、いかがでしたか?

何の症状も出ていないからといって他人にうつらないわけではないので、性行為をする場合は「もしかして……」という意識を常に持ち続けることが大切。
少しでも気になることがあれば、早めに検査を受けるようにしてください。

 

不安な時は、クラミジアの検査をしましょう

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消しましょう。

 

遠方の方でも検査キットで簡単に検査ができます。

\ SNSでシェアしよう! /

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅毒5倍に急増!初期症状や検査・治療方法、感染経路を詳しく解説

  • HIV(エイズ)の初期症状|発熱・咳・発疹・微熱、その時期と期間は……。

  • 潜伏期間はどれくらい?実は、発症しても症状がでないクラミジアは危険。だから、妊婦健診でも検査が必須に!

  • 性器ヘルペスって何?症状や痛み、感染経路は?

関連記事

  • 1分で分る!喉頭クラミジアの感染経路と症状。病院での検査と治療方法

  • 相手(彼女)がクラミジアに感染していて、自分にも症状が出だしたという患者様

  • 感染率は50%!実は女性は男性の5倍クラミジアに感染している!

  • おりものが黄色いのはどうして?クラミジア?

  • クラミジアの検査方法(男女)病院・保健所・市販検査キットで検査する

  • 潜伏期間はどれくらい?実は、発症しても症状がでないクラミジアは危険。だから、妊婦健診でも検査が必須に!