1. TOP
  2. 性病
  3. クラミジア・咽頭クラミジア
  4. 男性がクラミジアに感染するとどんな症状が出る? 検査方法や治療の内容とは

男性がクラミジアに感染するとどんな症状が出る? 検査方法や治療の内容とは

クラミジアは日本国内で最も感染者数の多い性病のため、男同士の会話の中で「実は感染してしまった」という話が出る機会もあるかと思います。

しかし、基本的にあまり目立った症状の出ない病気なので、気付かず放置してしまっている人も少なくないのが現実。

もし、ずっと気付かずに何の対処もしないままでいると、将来的に他の性感染症にかかりやすくなる可能性が高くなります。

正しい知識を身に着け、早期発見と予防に努めましょう。

男性がクラミジアに感染した場合の自覚症状

男性の場合は、尿道付近に症状が出る場合が多いです。

排尿の際に痛みを感じたり、なんとなくかゆいなどという症状が続いたりした後、尿道から膿が出てくるようになり、この時点で「おかしいな」と気付くケースがほとんど。

さらに悪化すると、原因菌である「クラミジアトラコマチス」がどんどん体の中に侵入していき、前立腺炎や副睾丸炎などを引き起こします。

潜伏期間は1~3週間程度で、この間はほとんど自覚症状が出ません。

そのため、まさか感染しているとは思わずに性行為を続けてしまうのですが、症状が出にくいだけで原因菌がおとなしくしているわけではなく、逆にものすごい勢いで増殖している最中なので、パートナーの女性にうつる可能性は高いです。

女性がクラミジアを放置すると将来的に不妊になる可能性もあるので、心配がないと思える場合でも男性の責任としてきちんと避妊具を使い、思い当たることがあれば早めに検査を受けるようにしましょう。

クラミジアの検査方法

クラミジアの検査方法には、病院・保健所・郵送検査キットの3つがあります。それぞれのメリット・デメリットを説明するので、最も自分に合うと思われる方法で受けてみてください。

 

<病院での検査>

病院では、性感染症科、泌尿器科などで検査が受けられます。
すでになんらかの症状が出ている場合は保険が使えることもありますが「心配だから一応受けておきたい」という場合は、保険が使える病院でも全額自己負担になります。

検査は、尿を採ってその中にクラミジアトラコマチスがいないかどうかを調べる方法が一般的。かかる費用は、診察代、検査料、薬の処方を全部合わせてだいたい8,000~20,000円ぐらいです。

 

<保健所での検査>

保健所で受ける場合は、病院と違って匿名による検査が可能です。
また、費用も一切かからないので、お金を節約したい場合にも非常に便利な方法と言えるでしょう。
ただし、クラミジアの検査を単体で行う自治体は少なく、エイズ検査との組み合わせで行われる場合が多いです。

検査方法は、血液を採取する「抗体検査」と、尿を採って調べる「抗原検査」が主流で、どちらを選択するかは自治体によって違います。
結果は約1週間~10日ほどで分かりますが、再度保健所に足を運ぶ必要があるので、受ける場所はできるだけ交通の便が良いところが望ましいでしょう。

 

<郵送キットでの検査>

病院や保健所では知り合いに顔を見られるリスクがあるし、わざわざ足を運ばなくてはならないので、こうしたことに抵抗がある場合は郵送で受けられる検査キットが便利です。
他のいくつかの性感染症検査とセットになっているものが多く、かかる費用は約8,000~20,000円ぐらいが相場。

キットの値段は、調べる性感染症の種類や数によって変わってきます。

クラミジア単体なら、3,000〜6,000円ぐらいで販売しているメーカーもあります。

検査方法も簡単で、採尿カップで尿を採り、それを専用の容器に移し替えて送るだけ。

個別のIDを使うなどの方法で匿名検査ができるので、メーカー側に結果が知られる心配はありません。
検査結果は約1週間で分かり、ネット上にログインして確認します。郵送での通知を希望する場合は匿名検査にならないので、覚えておきましょう。

クラミジアの治療方法

クラミジアの感染が明らかになった場合は、抗生物質を使った治療を進めていきます。

主に使われるのは「ジスロマック」や「クラリシッド」「ビブラマイシン」などで、特にたった1度の服用で90%が治療できるジスロマックはよく選ばれています。

その他の薬は1週間程度飲み続けますが、注意したいのが、指示された量をきちんと最後まで飲み切ること。

抗生物質によって症状が抑えられても、それで体内のクラミジアトラコマチスが死滅したわけではないので、必ず医師の指示に従うようにしましょう。

また、再検査を受けて治ったかどうかを調べることも大切です。

男性は女性よりも症状が出やすい!

幸い(?)にして、男性は女性に比べるとクラミジアの自覚症状が出やすい傾向があります。

排尿の時、なんだかいつもと違うな? と感じることがあれば、念のため検査を受けてみましょう。

恥ずかしい場合は郵送の検査キットもあるので、とにかく1日も早く明らかにすることが大切です。

万が一感染が確認された場合は、パートナーである女性も一緒に治療するようにしましょう。

 

不安な時は、クラミジアの検査をしましょう

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消しましょう。

 

遠方の方でも検査キットで簡単に検査ができます。

 

\ SNSでシェアしよう! /

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅毒5倍に急増!初期症状や検査・治療方法、感染経路を詳しく解説

  • HIV(エイズ)の初期症状|発熱・咳・発疹・微熱、その時期と期間は……。

  • 潜伏期間はどれくらい?実は、発症しても症状がでないクラミジアは危険。だから、妊婦健診でも検査が必須に!

  • 性器ヘルペスって何?症状や痛み、感染経路は?

関連記事

  • クラミジアの検査方法(男女)病院・保健所・市販検査キットで検査する

  • クラミジアの潜伏期間は?潜伏期間の感染や検査は?

  • クラミジアの症状は?男性と女性の症状の違い、初期症状は?

  • 咽頭クラミジアの薬を徹底解説!市販品や通販は?副作用はある?

  • クラミジアの治療期間は?自然治癒や風邪薬で治ることは?

  • クラミジアがのどに感染するとどうなる?具体的な症状や検査の仕方とは