1. TOP
  2. 症状
  3. おりものが臭う・変
  4. 淋病の治療方法をズバッと解説!感染経路や症状原因を突き詰め治療

淋病の治療方法をズバッと解説!感染経路や症状原因を突き詰め治療

淋病の感染経路について

淋病は淋菌と呼ばれる病原菌が
尿道に侵入して感染する病気です。

 

 

淋病患者の数はとても多い! アメリカでは年間に35万以上の新しい淋病患者がいる とのことですが、実際はその倍以上の方が 淋病になっているとも言われています!

 

たった一度の性行為でも感染し、
感染率は3割ととても高いことも注意しないといけません。

 

淋病は1度の性行為で 感染する確率30%!

 

風俗産業が広がり、男性にとっては
性病にかかってしまう機会も増えています。

 

性器ヘルペス,男性の場合,風俗,感染しやすい

 

淋病は感染との性行為、
オーラルセックスやディープキスなどが原因です。

 

また口と性器が接触する以外にも ディープキスで感染する場合も!普通のキスであれば うつる可能性は低く、菌がうつるには 舌同士が接触しない限り安心 と言われていますよ!

 

症状は一人ひとり異なりますが、
まったく無症状で気がつかない人も多いのです。

 

淋病に感染した男性の症状

女性の場合の症状

 

しかし女性の場合、 生理前におりものの色が 変わる事などがあるので 感染に気づかない事が多い!

 

特に女性の場合はおりものの臭いや
色などが変化する症状がありますが、
ホルモンバランスのためだと誤解してしまう場合もあるようです。

 

早期発見すれば淋病は治療も楽にできます。

 

いつもと違う違和感を感じたなら 放っておかないで しっかり病院で検査してもらいましょう!

 

淋病の治療方法について

淋病の治療方法ですが、
一般的には抗生物質を服用して治療をします。

 

淋病治療で使われる薬は
オゼックス、クレースビットなどがありますが、
なかには抗生物質に耐性がある淋菌もある為、
時間をかけて確実に治療することが必要なのです。

 

淋菌は内服薬に 耐性があるので あまり効果がない

 

一般的には2週間前後で
治療が可能な病気ですが、発見が遅くなった場合や
淋菌の質によって通常の抗生物質だけでは
すぐに治らない場合もあります。

 

一度の治療では完全に治らない その為、何度かの通院が必要です!

 

その場合は抗生物質の点滴や
筋肉注射を使って治療する方法があります。

 

淋病,治療法,抗生物質の点滴

 

健康保険は医療機関によっても異なりますが
検診目的の場合は全額自己負担になりますのでご注意くださいね。

 

性病,健康保険

 

淋病は治療後の再検査が大切

淋病は同時に
咽頭淋病に感染している場合もあり、
感染している場合はどちらとも検査と治療を
同時に受けることが必要になります。

 

ノドに淋菌が感染,咽頭淋病に

 

また淋病は治るまでに時間がかかり、
症状が緩和されても尿道に淋菌が残っている場合もあります。

 

治っても確認の意味で必ず再検査を受けましょう。
陰性の結果ができるまで必ず治療を継続してくださいね。

 

一度の治療では完全に治らない その為、何度かの通院が必要です!

 

そして淋病は自分だけでなく、
知らないうちにパートナーにうつしている
可能性もあります。

 

自分が治療をして治っても
また感染してしまうケースもありますので、
性行為を行うパートナーも必ず一緒に検査を受けるようにしましょう。

 

検査と治療は必ずパートナーと 一緒に行いましょう!自分だけ治しても、 パートナーが感染したままだと うつってしまい再度 感染してしまいます!

 

症状がわかりづらい為、
他の性病が発覚して淋病がわかるケースもありますよ。

 

症状がほとんどないから 感染に気づけない!

 

淋病の注意点はなに?

淋病は自覚症状がないため、
体に深刻なダメージを受けてから
気が付く人も少なくありません。

 

女性の場合は最悪不妊症になってしまう
こともありますし、子宮外妊娠をする
リスクも高くなってしまいます。

 

淋病悪化,症状,女性

淋病悪化,症状,男性

 

また妊娠中に淋病にかかってしまうと
早産や破水するおそれもあるため、
早めに対処することがとても重要なのです。

 

早産・流産の可能性が! 他にも出産時に赤ちゃんがに感染… 赤ちゃんが感染した場合、重篤な感染症を 起こしてしまいます!

 

そして淋病で注意したい点は、
病原菌に感染すると粘膜の機能が
衰えてしまうため、クラミジアやHIVなどの性病にも
感染しやすくなってしまう恐れがあります。

 

1つの性病に感染すると他の性病にも感染しやすい

 

淋病を予防するためには

不特定対数の相手と性行為を行わない、
必ず避妊具を使用すること。

 

性病に感染する主な原因

 

 

そして風俗に行った場合は
その後の体調異変に注意しましょう。

 

少しでも感染の可能性がある方は すぐに病院へ! 悪化してからでは遅いです!

 

不安な時は、淋病の検査をしましょう

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消しましょう。

 

遠方の方でも検査キットで簡単に検査ができます。

 

\ SNSでシェアしよう! /

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅毒5倍に急増!初期症状や検査・治療方法、感染経路を詳しく解説

  • HIV(エイズ)の初期症状|発熱・咳・発疹・微熱、その時期と期間は……。

  • 潜伏期間はどれくらい?実は、発症しても症状がでないクラミジアは危険。だから、妊婦健診でも検査が必須に!

  • 性器ヘルペスって何?症状や痛み、感染経路は?

関連記事

  • クラミジアの自覚症状は?男性女性の違い癒着や不妊の原因など

  • 咽頭淋病の治療方法を解説!感染経路や症状原因を突き詰め治療

  • 潜伏期間はどれくらい?実は、発症しても症状がでないクラミジアは危険。だから、妊婦健診でも検査が必須に!

  • 1分で分る!淋病の症状と原因・感染経路。病院・保健所などでの検査方法

  • HIVの検査はいつからどこで? 病院・保健所・検査キットの一長一短

  • 感染率は50%!実は女性は男性の5倍クラミジアに感染している!