1. TOP
  2. 性病
  3. 性器ヘルペス
  4. 性器ヘルペスの痛み…症状や感染経路、再発しやすい原因と治療期間を解説!

性器ヘルペスの痛み…症状や感染経路、再発しやすい原因と治療期間を解説!

性器ヘルペスの痛みの症状について

性器ヘルペスの症状の特徴の一つに水ぶくれがあります。

性器ヘルペスの症状

性器部分にできる水ぶくれは
小さなものからはじまり、
悪化すると潰れて潰瘍になってしまいます。

961df03bb4bcb64564a692487c65c56232-1024x555 水ぶくれが潰れたら 潰れた後にタダレたようになる

排尿時に水ぶくれの小さな傷にしみて痛みを伴う為、
男女ともに性器ヘルペスの症状として
痛みはとても辛い症状の一つです。

また患部の皮膚表面の発疹により
ヒリヒリする不快な痛みなど、
とてもデリケートな部位な為、
体の他の部分よりも痛みを感じやすい
という特徴があります。

性器ヘルペスの症状

ひどい場合は歩行が困難になる方もいる為、
初期症状がでた時はすぐに医療機関で
診察を受けることをオススメしたいですね。

性器ヘルペスの検査はパートナーも一緒に受けないといけない

性器ヘルペスは人事ではありません。
性行為を行う人すべてが注意したい病気なのです。

女性が注意したい点

性器ヘルペスは男女関係なくウイルスに感染します。

女性の方が感染者が多いとも言われていますが、
症状に気が付かない方もいるため
悪化してしまう場合もあるのです。

性器ヘルペス,男性より女性の方が感染者が多い,女性の方が感染しやすい 性器ヘルペス,女性の場合症状が出にくい,気づきにくい

女性の場合は妊娠中にヘルペスに感染すると、
出産のときに赤ちゃんがヘルペスに
感染してしまう可能性もあり、
その場合は重篤な感染症を起こす可能性もあります。

出産時に赤ちゃんがに感染の可能性が! 赤ちゃんが感染した場合、 重篤な感染症を起こしてしまいます!

新生児がヘルペスに感染して
死に至るケースもありますので、
この場合は帝王切開を行い出産をする方法が
選ばれています。

新生児がヘルペスに感染して 死に至るケースもあります… この場合は帝王切開で出産をする形になります!

過去にヘルペスに感染した経験がある女性や、
再発をしやすい方は特に出産時にも
注意が必要になりますので、
必ず医師と相談をしてくださいね。

ヘルペスに感染した事がある女性、 再発をしやすい方は、 出産時にも注意が必要になります! 必ず医師と相談をしてくださいね。

 

再発を繰り返す場合の治療 

性器ヘルペスに感染すると
再発する確率が8割以上とても高く、
感染経験者は特に注意をしながら
生活をしないといけません。

d71b96deb979ea4efa585e32b84fcf2d

ca084fa214da67e72eeaa3a198a7f6fa31

再発を年に6回以上繰り返してしまう方は、
抗ウイルス剤を服用して再発をしないように
治療を受けることができます。

再発を予防する治療もあります! 性器ヘルペスを 何度も繰り返してしまう方は、 医療機関で一度相談してみましょう!

この場合は症状があってもなくても
薬の服用が必要になります。

性器ヘルペスの治療には症状に合わせた薬が処方されるので服用して治療していく

性器ヘルペスはいつまでも放置してしまうと、
性器周辺だけでなくおしり部分にも
ウイルスが拡大してさらに体に負担となります。

性器ヘルペスを放っておくと肛門付近や子宮頚管にまで悪化し広がっていく

治療方法は内服薬や外用薬を使用して
10日間ほどで症状が改善できますので、
少しでも早く発見して感染を自覚することが必要ですね。

961df03bb4bcb64564a692487c65c56242

 

性器ヘルペスの予防策

性器ヘルペスを完全に予防する方法はありません。

性器ヘルペスは完全に予防できない病気です!

コンドームを使用しても
感染者のウイルスを完全に防ぐことができません。

961df03bb4bcb64564a692487c65c56236

しかしコンドームを
つけない場合とつけた場合では
予防率も大きく異なりますので、
不特定多数の相手と性行為を行う方は
特に必ずコンドームを使用しましょう。

性器ヘルペスにならない為には,不特定多数の相手と性行為をしない,避妊具を使用する

また特定のパートナーがいる場合は
お互いに性器ヘルペスに関する知識を身につけ、
定期的な性病検査を受けるなど、
積極的に性病予防を行いましょう。

性病は恥ずかしいことという意識をなくし少しでも以上がある場合はすぐに医療機関で診察してもらいましょう。

また疲労がたまっている時などは
再発もしやすい為、日頃から健康状態に敏感になり
食生活や生活習慣にも注意をしたいですね。

まずは予防をする意識を高めてくださいね。

 

感染後は体調管理をしっかり行い再発防止に向けて生活面でもいろいろと注意しなければいけませんね。

不安な時は、ヘルペスの検査をしましょう

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消しましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅毒5倍に急増!初期症状や検査・治療方法、感染経路を詳しく解説

  • HIV(エイズ)の初期症状|発熱・咳・発疹・微熱、その時期と期間は……。

  • 潜伏期間はどれくらい?実は、発症しても症状がでないクラミジアは危険。だから、妊婦健診でも検査が必須に!

  • 性器ヘルペスって何?症状や痛み、感染経路は?

関連記事

  • 腟カンジダ、女性の症状。おりものや臭い、かゆみや痛みは?

  • 性器ヘルペス(女性)症状まとめ 検査方法・市販薬、再発や自然治癒など

  • トリコモナス膣炎とは?原因・症状・治療法は?

  • 性器ヘルペスの検査方法で病院・保健所、検査キットのメリット・デメリットは?

  • 性器ヘルペス(男性)症状まとめ 検査方法・市販薬、再発や自然治癒など

  • 性器ヘルペスは完治できる?再発の原因と市販の治療薬、感染経路など