1. TOP
  2. 性病
  3. トリコモナス
  4. 性器に原虫が寄生!?膣トリコモナス症の症状や原因、潜伏期間と治療薬は?検査は何科?

性器に原虫が寄生!?膣トリコモナス症の症状や原因、潜伏期間と治療薬は?検査は何科?

おりものがにおう、外陰部や膣がかゆい。こんな症状の出る膣トリコモナス症は、膣炎が起こる性感染症の一つです。
性行為による感染が主ですが、性行為以外からも感染することをご存知でしょうか?
今回は膣トリコモナス症についてご説明します。

 

膣トリコモナス症とはどんな病気?

膣トリコモナス症を起こす原因は、トリコモナス原虫です。
肉眼では見分けることのできない原虫が性器内に入り込むことによって炎症を起こします。
主に性行為によって感染しますが、タオルなどでも感染の可能性があるので、性行為の経験のない女性子供でも感染することがあるのです。

 

膣トリコモナス症はどのようにしてうつる?

主に性行為によって感染して、女性の場合は膣トリコモナス原虫が子宮頸管に寄生します。
男性の場合は、尿道への感染であれば排尿によって洗い流されることもあります。
感染源が原虫のため、性行為以外でもタオル下着便器浴槽などを介して感染する可能性があります。
感染者の年齢層が他の性感染症とは違って幅広いのが特徴的です。

 

どのような症状が現れるの?

トリコモナスの症状:男性の場合

尿道からうみがでる
排尿時に軽い痛みがある
尿道への感染だけであれば、排尿によって洗い流されることもあるので、ほとんど症状が出ません。
ですがトリコモナスは前立腺精のうに寄生することが多いので、尿道炎前立腺炎を起こすこともあります。

トリコモナスの症状:女性の場合

おりものの異常(泡状、においが強い、量が増える)
外陰部や膣の強い痒みと痛み
だけでなく子宮頸管(子宮の入口の管)、膀胱尿道へも感染します。
しかし感染していても症状が現れない場合が20~50%あるといわれており、トリコモナス症を放置してしまうと、炎症が卵管まで進み不妊症早産流産を招く可能性もあります。
性行為などによって感染してから、約10日程度の潜伏期間を経て症状が現れます。

また、トリコモナス膣炎は自然治癒しません。
薬での治療が必要になります。
臭いがするおりものがおかしい膣が痒い・痛いなどの症状が出た場合、早めに病院に行きましょう。

 

膣トリコモナス症の担当科は?

4
トリコモナス膣炎の担当科は、産婦人科性病科泌尿器科です。
女性の場合は、おりものを顕微鏡で調べて病原体を見つけることで診断がつきます。
パートナーも感染している可能性が高いのですが、男性の場合は尿にでてこないこともあるため、女性が感染していることがわかった場合は、トリコモナスでは、男性は検査せず、治療をすることが一般的です。

病院では薬物療法が行われ、抗原虫薬を10日間服用します。
女性の場合は、膣錠(膣の中に挿入し、分泌液で溶けると効果をあらわす薬)を使うこともあります。
再検査で膣トリコモナスがなくなったことを確認して治療が終わります。
女性の場合は、次回の月経後にもう一度検査するのが望ましいとされています。パートナーにうつさないために、感染症が治るまでは性行為を控えましょう。

カップルのどちらか一方が性感染症にかかり、性交渉によってもう一方に病気をうつしてしまうことをピンポン感染といいます。
パートナーとともに治療を行わない限り、病気がパートナー間を行ったり来たりしてしまうおそれがあるのです。
性感染症を疑ったら、パートナーと一緒に検査治療を受けることが大切です。

 

まとめ

膣トリコモナス症は、原虫が寄生することによって発症する性感染症の一つです。
性行為の他にタオルなどを介して感染することもあります。
男性の場合は症状が現れにくいのですが、女性はおりものの異常外陰部膣の痒み痛みが症状となって現れます。

ピンポン感染を防ぐためにも、治療はパートナーと一緒に受けてくださいね。

 

不安な時は、トリコモナスの検査をしましょう

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消しましょう。

 

遠方の方でも検査キットで簡単に検査ができます。

 

参照リンク
メルクマニュアル医学百科 家庭版|トリコモナス症
公益社団法人東京都医師会|感染症豆知識 膣トリコモナス症
愛知県薬剤師会|膣錠・膣坐薬の使い方

\ SNSでシェアしよう! /

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅毒5倍に急増!初期症状や検査・治療方法、感染経路を詳しく解説

  • HIV(エイズ)の初期症状|発熱・咳・発疹・微熱、その時期と期間は……。

  • 潜伏期間はどれくらい?実は、発症しても症状がでないクラミジアは危険。だから、妊婦健診でも検査が必須に!

  • 性器ヘルペスって何?症状や痛み、感染経路は?

関連記事

  • おりものが黄色いのはどうして?クラミジア?

  • トリコモナス膣炎とは?原因・症状・治療法は?