1. TOP
  2. 症状
  3. のどの痛み・腫れ
  4. 咽頭淋病の症状から検査・感染経路、治療方法までを徹底解説!

咽頭淋病の症状から検査・感染経路、治療方法までを徹底解説!

咽頭淋病はどうするとうつるの?

性病は感染者の性器に触れることで
うつるものだと考えている方は
決して少なくありません。

 

淋病の感染経路は性行為だけではない

 

しかし淋病は性器に感染するだけでなく
病原因の淋菌は咽頭にも感染してしまいます。

 

ノドに淋菌が感染,咽頭淋病に

 

咽頭淋病の感染経路で一番多いのが
感染者とのオーラルセックス。

 

通常のセックスではないから安心、
と誤解してしまう人ほど感染リスクが高いですよ。

 

 

 

風俗に行かれる男性は特に注意しましょう。

 

少しでも感染の可能性がある方は すぐに病院へ! 悪化してからでは遅いです!

 

また口と性器が接触する以外にも
ディープキスで感染する場合もあります。

 

普通のキスであればうつる可能性は低く、
菌がうつるには舌同士が接触しない限り
安心だといわれています。

 

また口と性器が接触する以外にも ディープキスで感染する場合も!普通のキスであれば うつる可能性は低く、菌がうつるには 舌同士が接触しない限り安心 と言われていますよ!

咽頭淋病の症状はなに?

咽頭淋病の症状は
ほとんどが自覚症状がない為、
気が付かないで感染が広がってしまうという問題があります。

 

症状がほとんどないから 感染に気づけない!

 

性器の淋病だけを治療して 咽頭淋病はそのまま… 結果、感染が拡大!!

 

まれに咽頭淋病の症状として
風邪のような症状がおこったり、
喉に痛みを感じる場合もあります。
咽頭淋病の症状

 

また食事をして飲み込む時の違和感
などがある場合もありますが、
このようなはっきりした症状を感じるのは
稀であるとも言われています。

 

症状がほとんどないから 感染に気づけない!

 

病原因の淋菌は粘膜を介して感染するため
感染者とはオーラルセックスなどの行為が
うつる経路になっています。

 

感染者と同じ食器を使っても唾液量が少ない為、
感染する確率は少ないともいわれています。

 

しかし自分で自覚しづらいということが
病気の拡大、そして治療の遅れとして
問題になっているのです。

 

咽頭淋病に感染している人は性器にも感染 している可能性が高いので性器も検査すべき! 逆に性器淋病に感染している方は ノドの検査も行いましょう!

 

検査はどこでできる?

咽頭淋病は性病の一つですが、
検査をするためには
耳鼻咽喉科に行かないといけません。

 

喉の奥の粘膜を採取して
菌を検出する方法やうがい薬を使用する方法など、
医療機関によっても異なります。

 

咽頭淋病の検査方法

 

しかし咽頭淋病の検査は特殊な為、
すべての耳鼻咽喉科で検査を行っていませんので、
診察する前に必ず問い合わせをしておきましょう。

 

また性病を専門に
取り扱うクリニックもありますので、
性病科がある病院にいってもよいでしょう。

 

性病専門や性病科がある 病院もありますよ!

 

咽頭淋病の感染者は
確認されてない数も大変多い為、
気になる時はすぐに検査をしてくださいね。
少しでも感染の可能性がある方は すぐに病院へ! 悪化してからでは遅いです!

 

喉と性器は同時に治療すること

 

性器の淋病になっている患者さんは
同時に咽頭淋病になっている可能性が
とても高いといわれています。

 

性器に淋菌があった人の内 約30%の人が咽頭淋病に感染している,男性 性器に淋菌があった人の内 約70%の人が咽頭淋病に感染している,女性

 

性器の淋病を治療しても、
咽頭淋病が同時に治るとは限りません。

 

それぞれが別の治療方法になりますので、
念の為に咽頭と性器は同時に検査をして
治療することがオススメです。

 

治療には抗生物質を使用しますが
全身の淋菌に対して有効なものもありますが、
なかにはどちらかにしか効き目がない薬もあります。

 

検査の結果、陽性だった場合は 治療として抗生剤の点滴を行います! 淋菌は内服薬に 耐性があるので あまり効果がない

 

また咽頭淋病は性器の淋病よりも
治療に時間がかかる為、
どちらも完全に治るまでは
必ず治療を続けましょう。

 

一度の治療では完全に治らない その為、何度かの通院が必要です!

 

また同時に自分のパートナーにも
検査してもらうことも重要ですよ。

 

検査と治療は必ずパートナーと 一緒に行いましょう!自分だけ治しても、 パートナーが感染したままだと うつってしまい再度 感染してしまいます!

 

不安な時は、淋病の検査をしましょう

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消しましょう。

 

遠方の方でも検査キットで簡単に検査ができます。

 

\ SNSでシェアしよう! /

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅毒5倍に急増!初期症状や検査・治療方法、感染経路を詳しく解説

  • HIV(エイズ)の初期症状|発熱・咳・発疹・微熱、その時期と期間は……。

  • 潜伏期間はどれくらい?実は、発症しても症状がでないクラミジアは危険。だから、妊婦健診でも検査が必須に!

  • 性器ヘルペスって何?症状や痛み、感染経路は?

関連記事

  • 1分で分る!淋病の症状と原因・感染経路。病院・保健所などでの検査方法

  • 避妊せずに中出し…アフターピルで避妊に成功できる?失敗する確率は?

  • HIVの検査はいつからどこで? 病院・保健所・検査キットの一長一短

  • 淋病の症状と原因。感染経路・確率から治療方法までを解説!

  • 尿道炎の可能性のある20代男性の患者様

  • よく分かる!淋病の症状(男性の場合)感染経路、原因・初期症状など