1. TOP
  2. 性病
  3. クラミジア・咽頭クラミジア
  4. クラミジア感染の確率や原因とは?風呂やキスでうつる?

クラミジア感染の確率や原因とは?風呂やキスでうつる?

性感染症と聞くと、まず頭に思い浮かぶのがエイズやクラミジア、梅毒など。

中でもクラミジアは非常にうつりやすい性感染症で、避妊具なしの性行為でうつる確率はなんと30%から50%。日本国内での感染者数は100万人以上とも言われています。

ですから、性行為をする機会のある人なら、誰でも感染する可能性があるということ。
予防のためにも、クラミジアに関する正しい知識を覚えておきましょう。

クラミジアは風呂や軽いキスではうつらない

クラミジアは、性行為による感染率は高いものの、風呂や軽いキス程度ではうつりません。

ですから、温泉やプールなどの施設を避ける必要はありませんし、フレンチキス程度ならそれほど怖がらなくても良いでしょう。

ただ、ディープキスとなると少々事情が違ってきます。

特に、相手が咽頭クラミジアに感染しており、潜伏期で菌が大増殖している時などは非常に危険。
「キスで性病はうつらない」という認識は間違いなので、くれぐれも注意してください。

クラミジアがうつりやすい行為とは

クラミジアは、セックス、オーラルセックス、アナルセックスなど、あらゆる性行為によって感染します。

10~20代の感染者数が特に多いのは、30代以降の人に比べてこのような行為に対する好奇心が強いことも関係しているのでしょう。

クラミジアを防ぐ上で最も大切なのは、不特定多数の相手と関係を持たないことと、信頼できるパートナーを選ぶことです。

男性の場合は風俗で感染することも多いので、そうした機会を減らすのも感染予防には重要でしょう。

クラミジアの潜伏期間はどれぐらい?

男女とも、クラミジアに感染してから自覚症状が現れるまでには約1~3週間程度の潜伏期間があります。

この間に感染に気付けというのは土台無理な話で、しかもウイルスが増殖を始めている時期なので、知らずにうしてしまう確率がぐんと跳ね上がるのです。

潜伏期間が過ぎると、主に次のような自覚症状が現れ始めますが、ほとんど何も出ないことも少なくありません。

特に女性はその傾向が強いので、少しでも不安に感じることがあれば念のため検査を受けておいたほうが良いでしょう。

クラミジアの自覚症状

<男性>

男性の場合は、尿道の辺りに排尿痛やかゆみ、漠然とした違和感を覚えるケースが多いです。もう少し進むと尿道口から膿が出るようになるので、気付いたらすぐに病院へ行きましょう。

さらに放置すると、前立腺炎や副睾丸炎を発症することもあります。
ちなみに、前立腺炎は前立腺が腫れて、残尿感、頻尿、排尿痛などが起きるもので、副睾丸炎は精巣上体が腫れ、痛みや発熱が起きるものです。

 

<女性>

女性の場合は、おりものの増加や不正出血、下腹部の痛みなどが起きますが、これらの症状は女性の体にはよくありがちなものなのでまさかクラミジアとは思わず、気付かないままとなってしまうケースが多いです。
また、何の症状も出ない女性もたくさんいます。

しかし、症状が軽いから放置しても問題ないというわけではなく、原因菌である「クラミジアトラコマチス」が体内の奥へ侵入し、将来的に不妊を引き起こす可能性があるので要注意
。少しでもおかしいと感じたら、やはり検査を受けておいたほうが安心でしょう。

クラミジアはうりやすい性感染症!

クラミジアはぱっと見て感染していることが分かる病気ではなく、感染者本人ですらなかなか自覚できない厄介な性感染症です。

ですから、予防のためにはできるだけの安全策を講じることが必要。

性行為の際には必ず避妊具を使い、不用意なオーラルセックスやディープキスは避けましょう。

何より、信頼できる相手とだけ関係を持つことが大切です!

 

不安な時は、クラミジアの検査をしましょう

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消しましょう。

 

遠方の方でも検査キットで簡単に検査ができます。

\ SNSでシェアしよう! /

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅毒5倍に急増!初期症状や検査・治療方法、感染経路を詳しく解説

  • HIV(エイズ)の初期症状|発熱・咳・発疹・微熱、その時期と期間は……。

  • 潜伏期間はどれくらい?実は、発症しても症状がでないクラミジアは危険。だから、妊婦健診でも検査が必須に!

  • 性器ヘルペスって何?症状や痛み、感染経路は?

関連記事

  • クラミジアの潜伏期間は男性と女性で違う?検査の方法とは

  • クラミジアの感染経路は?検査・症状・原因・治療方法は?

  • 尿道炎の可能性のある20代男性の患者様

  • 潜伏期間はどれくらい?実は、発症しても症状がでないクラミジアは危険。だから、妊婦健診でも検査が必須に!

  • 相手(彼女)がクラミジアに感染していて、自分にも症状が出だしたという患者様

  • クラミジアの治療にかかる費用や期間は?病院でもらえる薬や市販薬の特徴とは