1. TOP
  2. 性病
  3. クラミジア・咽頭クラミジア
  4. クラミジアがのどに感染するとどうなる?具体的な症状や検査の仕方とは

クラミジアがのどに感染するとどうなる?具体的な症状や検査の仕方とは

クラミジアは性行為によって移る病気ですが、オーラルセックスをする機会があればのどにも感染します。
この状態を「咽頭クラミジア」と呼びますが、喉の腫れや痛み、発熱が主な自覚症状なので風邪との区別がつきにくいのが難点。

また、咽頭クラミジアは9割の方が症状がでないと言われています。
思い当たる行為があれば、耳鼻咽科や性感染症科、婦人科、泌尿器科などで診察を受けるようにしましょう。

咽頭クラミジアの検査方法

病院で検査を行う場合は、生理食塩水でうがいをしたり、喉の粘液を採取し、この中にクラミジアトラコマチスと呼ばれる原因菌がいないかどうかを調べます。
結果は数日間ほどで判明し、かかる費用は8,000円ほどです。

病院での検査に抵抗がある場合は、郵送で受けられる検査キットを使う方法もあります。
生理食塩水を使ってうがいをし、吐き出した液を郵送で送るだけなので、喉を触られることが苦手な人にも評判が高いようです。

かかる費用は約6,000~15,000円ほど。

複数の性感染症を同時に検査できるタイプが多く、その内容によって価格が違ってきます。

咽頭クラミジアの治療方法

検査によって感染が明らかになると、抗生物質の服用による治療が始まります。
性器クラミジアに比べると症状が長引きやすいため、治療には根気が必要。
もちろん、治るまでの間はオーラルセックスを控えるようにしてください。

よく使われるのは、マクロライド系の「ジスロマック」、テトラサイクリン系の「ビブラマイシン」など。
中でもジスロマックはたった1度の服用で効果が7日間持続するため、選ばれる機会が増えています。
薬の処方にかかる費用は、だいたい5,000円から15,000円ぐらいです。

抗生物質はよく効くので、何日も飲み続ける必要がある薬の場合は、途中で勝手に服用をやめてしまう人がいます。
確かに、いつも決まった時間に薬を飲むのは面倒ですが、症状が表に出なくなってもまだ体の中に菌は残っているので、必ず処方された分を飲み切るようにしましょう。

また、内服終了後、3〜4週間以上に経過してから再検査を受け、クラミジアトラコマチスがいなくなったかどうかを確認することも大切です。

咽頭クラミジアにかかりやすい人とは

最もリスクが高いのは、オーラルセックスをする機会の多い職業に就いている女性です。
また、一般の男女でも、不特定多数のパートナーと関係を持ったり、性行為のたびにオーラルセックスをしたりする習慣のある人は感染しやすくなるでしょう。

ちなみに、咽頭クラミジアは男性から女性に移るケースが多いと言われています。

よく「オーラルセックスをする際に、ラップやコンドームを使っていれば大丈夫」と言う人がいますが、クラミジアは非常に感染力の高い性感染症のため、これらの方法でも100%防げるわけではありません。

まずは、本当に信頼できる相手とのみ関係を持つことが大切で、行為の仕方についても2人でよく話し合うようにしましょう。万が一どちらかに感染が見つかった場合は、パートナーも一緒に治療を受けるようにしてください。

1週間以上続く喉の違和感はクラミジアを疑いましょう

咽頭クラミジアは風邪と非常によく似た症状なので、多くの人が内科で診察を受けたり、市販の風邪薬を飲んで治そうとしたりします。

しかし、たまたま病院で処方された薬がクラミジアの治療にも使われる種類のものだったとしても、風邪の時にように2,3日飲んだだけでは完治しません。

抗生物質によって症状が抑えられただけでまだ原因菌は体内に潜んでいるので、喉の違和感が1週間以上続く時は咽頭クラミジアを疑い、早めに検査を受けるようにしましょう。

 

不安な時は、クラミジアの検査をしましょう

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消しましょう。

 

遠方の方でも検査キットで簡単に検査ができます。

 

\ SNSでシェアしよう! /

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅毒5倍に急増!初期症状や検査・治療方法、感染経路を詳しく解説

  • HIV(エイズ)の初期症状|発熱・咳・発疹・微熱、その時期と期間は……。

  • 潜伏期間はどれくらい?実は、発症しても症状がでないクラミジアは危険。だから、妊婦健診でも検査が必須に!

  • 性器ヘルペスって何?症状や痛み、感染経路は?

関連記事

  • クラミジアの治療期間は?自然治癒や風邪薬で治ることは?

  • クラミジアの症状は?男性と女性の症状の違い、初期症状は?

  • クラミジアの治療にかかる費用や期間は?病院でもらえる薬や市販薬の特徴とは

  • 男性のクラミジアの症状は?膿?かゆみ?痛みは?

  • クラミジアの検査方法(男女)病院・保健所・市販検査キットで検査する

  • クラミジアの感染率、感染の確率は◯◯%!感染者が増加中する理由は…