1. TOP
  2. 性病
  3. カンジダ
  4. カンジダ感染の原因や症状、検査方法や治療法

カンジダ感染の原因や症状、検査方法や治療法

kan2

カンジダは、女性の5人に1人が経験すると言われているポピュラーな病気です。
カンジダ膣炎の症状はかゆみが強く、カッテージチーズや酒粕のようなぼろぼろとしたおりものが出るのが特徴で、疲れやストレスによって体の免疫力が低下している時には再発しやすいとも言われています。
カンジダは男性にもうつるので、性交渉を持つ相手がいる場合は注意が必要。カンジダに感染する主な原因や症状、検査方法、治療法、市販薬について詳しく説明するので、ぜひ参考にしてください。

 

カンジダに感染しまう主な原因

カンジダは、もともと膣内に存在する常在菌。普段は乳酸菌によって膣内が弱酸性に保たれているため、この真菌が繁殖して悪さをすることはありませんが、なんらかの原因で膣内の常在菌のバランスが崩れたり、体の免疫力が低下したりすると、増殖して皮膚や粘膜にカンジダに感染してしまうのです。
次のようなことがカンジダ発症の原因になりやすいので、十分に注意してください。

<薬の影響>
抗生物質を長期間使用すると、カンジダ菌と競合している他の菌が死んでしまうなどの理由で、バランスが崩れてしまいます。これにより、カンジダ菌の増殖に歯止めが効かなくなるのです。

また、花粉症や喘息などの治療に使うステロイドホルモンの影響も見逃せません。ステロイドホルモンには免疫機能を抑える作用があるので、常用しているとやはりカンジダを発症しやすくなります。

<不規則な生活>
睡眠不足や栄養バランスの悪い食事、運動不足の状態が続くと、体が本来の働きを維持できなくなって疲労やストレスがたまったり、風邪をひいたりして、免疫力が低下してしまいます。

夜はできるだけゆっくり休み、肉や魚、野菜、豆類、海藻類、果物などをバランスよく取り入れた食事をとりましょう。運動をする習慣をつけることも大切です。

<ホルモンバランスの変化>
女性は生理や妊娠によってホルモンバランスが大きく変化します。普段は弱酸性に保たれている膣内ですが、ホルモンバランスの変化によってプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増えると酸性に傾き、その環境を好むカンジダ菌が増殖を始めるのです。

そのため、体の調子がいつもと変わりやすい時期は特に注意が必要。妊娠中も薬で治療することはできるので、早めに医師に相談しましょう。

<通気性の悪い下着>
通気性の悪い下着を使っていると陰部周辺が湿気で蒸れてしまい、カンジダ菌が繁殖しやすくなります。ガードルのような締めつけの激しい下着にも要注意! また、生理中は常に陰部周辺が湿った状態になるので、ナプキンをこまめに変え、清潔を保つことが大切です。お風呂で洗った後も、きちんと乾かしてから下着を身に付けるようにしましょう。

<男性がカンジダに感染してしまう原因とは?>
カンジダは、男性には非常に稀な感染症。なぜなら、男性の性器は常に露出しているため、カンジダ菌が好む湿った環境になりにくいからです。
しかし、重度の包茎で皮がかぶりっぱなしの人は、その中で菌が増殖して、カンジダを発症することがあります。包茎手術で余分な皮を除去するとかかりにくくなるので、不都合がある場合は手術も検討してみましょう。

また、カンジダは性行為によっても5~10%ほどの確率で感染しますが、この場合も包茎じゃない人がきちんと性器を洗って十分に乾かしていれば、発症する可能性は低いと言われています。

カンジダに感染すると出るいろいろな症状

<カンジダ性間擦疹>
鼠径部、陰嚢、肛門の周囲、わきの下、首などのこすれやすい部分に現れるもの。紅斑や、皮膚から剥がれた角質を含む小膿疱、これが破れることによるびらんができるのが特徴です。原因は、汗などで不潔にしていること、寝たきり、ステロイドによる免疫力の低下などです。

<乳児皮膚カンジダ症>
乳児の陰部やお尻、わきの下、首などのこすれやすい部分に現れる症状。長時間おむつを替えていなかったり、汗をかいているのを放置していたりすると、その部分が蒸れて紅斑や小膿疱ができます。ステロイドの使用によって免疫力が低下することも原因の一つとなります。

<カンジダ性指間びらん症>
主に水仕事をすることが原因で、指と指の間に紅斑や鱗屑(皮膚からはがれそうになっている角質)、びらんなどの症状が現れるものです。
また、水仕事が原因となるものでは、爪が白く濁ったり、その周りが赤く腫れたりする「カンジダ性爪囲爪炎(そういそうえん)」という疾患もあります。

<口腔カンジダ症>
口の中に存在するカンジダ菌の増殖によって発症するもの。免疫力の低下や薬の影響によるものの他、口の中の義歯の清掃が不十分だったり、唾液の分泌量が減ったりすることも原因となります。
口の中に、ぬぐうと取れる白い苔状のものができたり、粘膜が赤くなったりしていたら、一応この病気を疑ってみましょう。

<性器カンジダ症>
外陰部の強いかゆみや、ヒリヒリとした痛み、そして、カッテージチーズや酒粕のようなおりものが出るのが特徴の疾患です。男性の場合は、性器の周辺にかゆみやただれ、発疹、軽い痛みなどが出ますが、女性に比べると目立った症状ではありません。

カンジダは何科?検査方法は?

カンジダの検査は、病変部を綿棒でこすり、それを顕微鏡で確認したり、培養にかけたりして行います(男性では亀頭周辺、女性では外陰部や膣のあたり)。
菌さえ存在していればいつでも検査が可能なので、気になる症状が出てきた場合は、できるだけ早めに病院へ行きましょう。
カンジダの検査は婦人科か産婦人科、性病科で検査を受けられます。

<カンジダの検査を受けたことを、人に知られたくない時は?>
病院で保険を使った検査を受けると、支払う料金は安く済むものの、受付で名前を呼ばれたり、カルテに記録が残ってしまったりするというデメリットがあります。こうしたことが気になる場合は「あおぞらクリニック」のような、自費で検査が受けられる病院を探すと良いでしょう。

また、郵送で受けられる検査キットを利用するのも一つの方法です。膣の分泌物や亀頭の擦過物を付属のキットで採取し、メーカー側へ返送するだけという手軽さなので初めてでも難しくないし、匿名で検査が受けられるのでプライバシーもしっかり守られます。

また、自宅で受け取りたくない場合は、郵便局留めや運送会社留めにすることもできるので、同居の家族に知られたくない時でも安心です。
検査結果は、パソコンや携帯電話から匿名で確認しましょう。書面で結果を受け取りたい場合は、住所や氏名を開示する必要がある場合もあるので注意してくださいね。

カンジダの有効な治療方法

<一般的な注意>
カンジダを治すには、患部を清潔にして通気性の良い下着を身に付け(ストッキングやタイツも避ける)、刺激の強い石鹸を使ったり、性行為をしたりしないことが大切です。
お風呂では、できればお湯で洗い流すだけにしておくのがベスト。トイレで拭く際は、腸からの感染を避けるため、前から後ろへ手を動かすようにしましょう。
また、パートナーがいる場合は必ず自分が感染していることを相手にも告げ、検査や治療を受けてもらうようにしてください。

かゆみが強い時はついかきたくなってしまいますが、かくことの刺激で症状がひどくなったり、感染が広がってしまったりする可能性があるのでぐっと我慢。できるだけ締め付けない下着や服装を心がけて通気性を良くし、睡眠を十分にとると、少しは楽になりますよ。

<薬を使った治療法(治療期間:約1~2週間)>

▼膣剤による治療
膣内にカンジダ菌を殺菌する作用のある錠剤を挿入する方法です。

▼抗真菌剤による治療
クリーム状の抗真菌薬を患部に塗る方法です。

▼内服薬による治療
真菌に効果のある錠剤やカプセルを服用する方法です。

▼カンジダの薬を使っている間の注意事項
・薬を挿入したり、塗ったりした後は、石鹸でよく手を洗う
・薬の成分が洗い流されてしまうことを防ぐため、ビデの使用を避ける
・パートナーへの感染や、刺激による症状の悪化を防ぐため、性交渉を避ける
・余計な刺激を避けるため、殺精子剤は使わない
・生理中は血液とともに薬が流れ出る可能性があるので使わない
・薬の効果をきちんと出すため、膣内のできるだけ深いところへ挿入する。うまくできない場合は、病院で医師に入れてもらうなどの対処をする
・指定された日数が経過しても症状が良くならない場合は、早めに病院で診察を受ける

ドラッグストアや通販で買えるカンジダの治療薬

<フェミニーナ 膣カンジダ錠/(株)小林製薬>
膣カンジダを再発してしまった時のための薬です。有効成分「オキシコナゾール(カンジダ菌を殺菌する効果がある)」を配合した錠剤を膣の中に挿入すると、すばやく崩れて広がり、膣内に留まってかゆみやおりものといった症状をしっかり治してくれます。
※1日1回、1錠ずつを6日間使用してください。

<メディトリート/(株)大正製薬>
カンジダが再発してしまった人を対象に作られた薬で、膣坐剤と外陰用クリームの2種類があり、症状に応じて使い分けることができます。

膣坐剤は先端が丸く尖った細長い形状なので挿入しやすく、膣内に入ると体温で溶けて有効成分「ミコナゾール硝酸塩(真菌の増殖を抑える効果がある)」が広がります。
※1日1回、1錠ずつを6日間使用してください。

クリームは外陰部のみに症状がある時はもちろん、膣坐剤との併用も可能な薬。配合されている有効成分は膣坐剤と同じです。1日2~3回を目安に使用し、外陰部のかゆみが治まったらいつでも中止することができます。

市販のカンジダ治療薬を使用する際の注意点

市販のカンジダ治療薬を使えるのは「過去に病院できちんと医師の診察を受けたことのある人」のみとなっているので、初めてカンジダを発症した場合は購入できません。他の病気の可能性や合併症を発見する意味でも、必ず病院で医師の診察を受け、薬を処方してもらうようにしましょう。

市販薬を購入する時は、チェックシートの提出が必要となります。製品のHPからもダウンロードできるので、全項目に記入して薬剤師に見てもらってください。通販で購入する場合も、まずチェックシートを埋めてから購入ボタンへ進む仕組みになっています。

カンジダは自然治癒することがあるって本当?

ネットで「カンジダ 自然治癒」と検索をかけてみると、症状が軽いうちなら、特に治療を始めなくてもそのうち自然に治ってしまうとの情報が多く載せられています。これって、本当なのでしょうか?

結論から申し上げますと、性器カンジダ症は自然治癒する場合があります。もともと自分の体の中に持っている菌が原因なので、規則正しい生活で免疫力を高めたり、蒸れない工夫をしたりすることで、治ってしまうケースも多いのです。

ただし、持病があって薬を飲んでいる場合や、通気性の悪い下着を使っている場合など、カンジダが喜ぶ環境が整っていれば症状はなかなか良くなりません。また、カンジダと症状の似ている、何か別の感染症にかかっている場合もあるので、おかしいと思ったら早めに病院で相談しましょう。
ちなみに、カンジダと症状が似ている病気には、主に次のようなものがあります。

<膣トリコモナス症>
主に性行為によってうつる感染症で、自覚症状としては、男性では尿道からの分泌液や排尿痛、女性では外陰部のかゆみや悪臭を伴う黄緑色の泡状のおりもの、排尿痛などがあります。

<子宮頚管炎>
クラミジアや淋菌などの細菌が原因で発症するもので、主に性行為によってうつります。どろっとした粘性のおりものが出るのが特徴。尿道炎や子宮内膜炎など、周辺にも炎症が及んでいる場合は、おりものに加えて発熱や腰痛、下腹部痛を伴うこともあります。

<性器ヘルペス>
主に性行為によってうつるもので、男性の場合は亀頭や陰茎体部を中心として、おしり、太もも、直腸粘膜、肛門の周囲などに水ぶくれができます。ごく初期のうちはヒリヒリとした痛みを感じる程度。

女性の場合は、外陰部や膣の入り口、おしりを中心として、膀胱や子宮頚管などに水ぶくれができます。初めての感染時は悪化しがちで、排尿のたびに強い痛みを感じたり、熱が出たりすることも少なくありません。

清潔を心がけ規則正しい生活を

カンジダと聞くと「性感染症」というイメージを思い浮かべる人も多いですが、どちらかというと普段の生活習慣や体調の変化が主な原因となって発症する病気なので、予防のためには常に体を清潔にし、規則正しい生活を送ることが大切です。
症状が軽ければ自然と治ってしまうこともありますが、自己判断せず、まずは病院で検査を。
プライバシーが気になる時は、自費での検査が受けられる病院や郵送の検査キットを使うという方法もあります。

 

不安な時は、カンジダの検査をしましょう

東京近郊にお住まいの方は、性病専門クリニックで不安と悩みを一気に解消しましょう。

 

遠方の方でも検査キットで簡単に検査ができます。

 

\ SNSでシェアしよう! /

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

性病の検査キットと性病の郵送検査|匿名で自宅でできる性病検査「あおぞら研究所」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

あおぞらクリニック 理事長 内田千秋

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅毒5倍に急増!初期症状や検査・治療方法、感染経路を詳しく解説

  • HIV(エイズ)の初期症状|発熱・咳・発疹・微熱、その時期と期間は……。

  • 潜伏期間はどれくらい?実は、発症しても症状がでないクラミジアは危険。だから、妊婦健診でも検査が必須に!

  • 性器ヘルペスって何?症状や痛み、感染経路は?

関連記事

  • カンジダ感染で出る主な症状と、治療に使う薬の種類とは?

  • おりものが黄色いのはどうして?クラミジア?

  • カンジダ治療中に生理が!生理中・前後の上手な対処法

  • 腟カンジダ、女性の症状。おりものや臭い、かゆみや痛みは?

  • カンジダの薬を徹底解説! 市販薬や塗り薬は? 男性用もある?

  • カンジダの症状は何日で治る?病院でのカンジダ治療